タグ:関川温泉 ( 1 ) タグの人気記事

 またまた、元大地主のお屋敷が阿賀野市にあった。五十嵐邸という。この豪邸を活用して、レストランや結婚式場があった。多分所有者が経営している施設である。ここではスワンという地ビールを作っており、ワインやパン、イタリアンも楽しめる。結婚式場にもなったり、ど田舎にしてはシャレた空間となっている。感心するのは、他の地主様の御邸宅は必ずといっていいほど、500円から800円の入場料金を取られるが、ここはレストランで収益が上がるせいか、無料で見学できるのである。好感度が高い。とにかく、新潟は米所で、どの町に行ってもこの手の豪農の館があるのだ。北方文化博物館も、その敷地内に伊藤文吉さんの子孫が今もお住まいなのである。
 

 五十嵐邸の倉と本館
e0195345_1971741.jpg

 
e0195345_18543986.jpg
e0195345_1854978.jpg

 この五十嵐邸は見学だけ、just watchingで失礼して、村杉温泉の公衆露天風呂で一服した。この温泉はラジウム泉である。とにかく新発田の周辺にはいろいろな種類の温泉がある。月岡は緑色の硫黄泉、聖籠町と紫雲寺の風呂は塩泉でしょっぱい。瀬波は塩泉と言われているがすこしも塩辛くないし、澄んだお湯で、心地よい。城山温泉も、関川温泉も同じ感じである。村杉温泉の露天風呂はお気に入りのお風呂。毎週でも行きたくなる。新発田市からは少し遠いが、瓢湖の白鳥を見に行った帰りが好都合である。
 
 聖籠町「ざぶーん」の露天風呂
 
e0195345_18405750.jpg


 五頭村杉温泉「公衆露天風呂」
e0195345_18464753.jpg

 村杉温泉のひなびた町並み
e0195345_18524136.jpg


五頭の山茂登屋の釜飯
e0195345_18585728.jpg

 温泉につかった後はお腹もすいてくる。そこで、釜飯屋、五頭の山茂登に電話して、釜飯を予約する。ここは季節がいいと夕方はお客さんで満員になって、えらく待たされるから電話予約が必要。
温泉から車で5分くらい。新発田方向に国道を走ると右手に看板が出ている。熱々の釜飯は実にうまい。カニ釜飯から五目、鮭など10種類くらいある。値段は1000円前後である。その他、イワナ、アユ。ヤマメの塩焼きなど、おつまみも沢山ある。ここのカキフライもいける。

露天風呂でだるーくなった体をここの座敷で休めながら、釜飯を頂くと至福の一時である。仲間が大勢いればもっと楽しいだろう。一人で行く事が多いが、それも一興である。

[PR]