タグ:菅直人 ( 5 ) タグの人気記事

 菅直人はアメリカとの関係においては、「ともだち作戦」のお陰で、大いにアメリカから恩を売られたことになる。仙台空港は米軍によっていち早く復旧し、自衛隊の大量派遣が可能になった。かつて、大平洋の戦場で、あっという間に、飛行場を整備し、大量の物資を送り込んだアメリカ軍の手法を彷彿とさせる。司令官不在の日本では原発事故に怯え、あれだけ早く空港が復旧し、使えたかどうか疑わしい。思い出してもらいたい。原発事故の記者会見の空しさをである。ニュースは誰かにコントロールされている。この機をとらえてアメリカが動かない訳が無い。

V-22オスプレイ
e0195345_14454245.jpg


 普天間問題においては移転よりも、既に、現状維持の延長となっており、辺野古のV字型滑走路の建設の目処は全く立っていない。飛行機とヘリが合体したような、「V22オスプレー」の配備が決まった。オスプレイは、航続距離が1600km以上。配備を前提とした場合、台北まで1000km強の馬毛島なら、海兵隊の投入拠点としては、距離的には不適ではなくなる。鹿児島県西之表市の一部、無人島である馬毛島に訓練場を移設すること、また、下地島の無人飛行場再利用などの現実的なプランが密かにすすめられているのである。下地島は既に空港も施設も整備され、有事の時にすぐ使えるから今問題になるような整備はしなくともよい。V-22は開発中も配備後も事故が起きたため、危険性を訴えられるが、既に500機が配備計画され、仮に一機落ちても、かつて沖縄戦で10万人の住民を殺した米軍に取っては何ということもない。今も、アフガニスタンでは誤爆で多くの人が死んでいる時代だ。海兵隊員が墜落死することなど日常茶飯事なのだ。それが軍隊がいるということだ。何千人もの若者を無謀な特攻で沖縄に突入させた日本に文句を言う資格があるのだろうか。北沢大臣は、13日にも県庁を訪ねて仲井真知事に、「辺野古新基地建設はV字型の二本の滑走路で行きたい」「普天間基地には来年からオスプレイを配備したい」と要請した。今時、辺野古に新しい基地ができると思っている人は誰もいないだろう。これはあくまでも建前である。米軍は兵士にはアメリカ本土での生活水準を確保する。海兵隊員を馬毛島のような孤島に押し込めるわけがない。その代わり、普天間の固定化に伴い、機能分散をはかり、さらには、普天間での機能を大幅に拡充する結果を狙った米軍の意向を受けたものである。辺野古はむしろ当て馬で、そこに民意やマスコミを引きつけて結果的に大幅な増強を図るものである。今の日本はアメリカの戦略にまんまと嵌った菅直人を頭におく実に美味しい、コントロールしやすい国である。手放す訳が無い。本当はずっと菅にやってもらいたい。日本のマスコミに電波行政の方向から圧力を加えてくる。日本の電波は彼等に主要部分を抑えられている。
 
 表では、日本人の素晴しい震災復興努力を賞賛し、一方では政府の無能を指摘して日本人の政治不信を煽れば、それだけアメリカは自由勝手にできるし、何も失わない。菅政権の行方を一番注意して見守っているのがアメリカだと言う事だ。今、アメリカにとっての重要事項は、中国の大平洋進出阻止と台湾防衛であり、この軍事圧力は高まる一方である。

 この半年の間、菅直人無能論、リーダーシップの無さ、口先男、噓つきなど、ありとあらゆる罵詈雑言が飛び交った。これに対して、一番心を痛めているのは誰かというと、多分、菅直人の伸子夫人である。彼女は菅直人よりはるかに優秀な才女であると思う。首相は自分の家庭で、伴侶の支えがあってこそ頑張れるのである。民主党内部で孤立しようと、何といっても総理大臣であり、最高責任者である。その意向は大きいし、進退に関しては自分で決めることが政治家の常識である。人に言われてフラフラしてきたのが、安倍、福田、麻生、鳩山といった二世議員の弱虫おボッチャマであった。しかし、菅直人の鉄面皮はその比ではない。それを伸子夫人は支えている。菅直人がこれだけ袋だたきになるのは、個人の能力もあるが、党内基盤とか、政治家の中で金の世話、選挙支援、人脈形成など、政治的な個人基盤が無かったからである。彼は、三鷹市などの東京の一地域から代表になって選ばれただけの人物である。国家という巨大組織を運営する能力があるから国民から選ばれたわけでは無い。組織がわからない彼なら大企業の部長もつとまらない。もちろん自民党にも今やそのような人はいない。伸子夫人はそのあたりの勢力地図をじっと観察している。菅には民主党内部の誰も信用できない。伸子で充分なのだ。少なくとも、自分の夫は総理大臣である。身内の仙谷や岡田から言われたからといって、また、さらには小澤一郎にバトンが渡るような政権放棄は彼女が許さないだろう。火中のクリを拾うのは誰だ、自分しかいないと思い込んだのかもしれず、党内もそれを容認している。指導者というのは人格高潔というのも誤解だった。権力にしがみついていないと存在が危ういというのは何となくリビアのカダフィにも似ている。
「民主党はそもそも、党の綱領も無く、選挙対策の互助会のような政党である。そんな党だから、政治はシロオトで、特に党首の菅直人は全く無、今回の大震災対策でも全く政府が機能しなかった。この責任は菅直人が全ての原因で、彼が辞めなければ何も始まらない。政府は挙国一致で新たなリーダーを選び、震災復興に集中すれば、復興は進むし、日本の経済も再生する。」これも一種の誤解、又は思いこみだろう。

[PR]
昨日来の民主一座のドタバタ三文芝居。笑うしかない。まあ、前から予測して言っているように菅は政権にしがみつく。政権有って国無しか。自民あって国会無し。

2日の鳩山の姿を見ていると、ミュンヘン会談が終わり一片のヒトラーとの「合意文書(ズデーテン以上は望まない)」を振りかざしつつ得意満面・意気揚々とクロイドン飛行場に降り立つチェンバレンの姿に近いね。合意の次の瞬間には「顔に泥」の展開は目に見えていたのにな。菅をヒトラーに擬したら、格が違うとヒトラーが怒る。ありゃ、下手すると暗殺されるぜ。と言っても、刀の穢れだが。ヒトラーは60回以上も殺されかけたが、上手く逃げたオカルト男。

民主党の仙谷とか菅の周囲のズル賢い連中、は糞袋だな。鳩は所詮ピエロでしょう。不信任決議自体政局で振り上げざるを得ない拳で、何とか収める為に茶番劇的になりやすい。だから皆付和雷同する。一日で賛成から反対に鞍替えするとはな。民主党の連中はこれが茶番と気がついたからどうでも良かったんだ。

民主党は右往左往党と名前変えろ。小澤はカネヅル鳩山と新党を作り、カネヅル党を結党、民主党は解体すべきだ。ついでに小澤チルドレン中心に選挙互助党も結党したらどうか。自民党も同じだ。日本は攘夷派ーアジア主義と開国派ー西欧カブレ派、改憲派ー護憲派、産業派—福祉派で新しい二大勢力 を、マトリックスから組み合わせて勢力を再編、それに公明、社共と組み合わせてやるしかない。政党の名前が体を表していない。そこで、明確な名前にした方が、国民には分り易いぜ。

コンセプトはもう一度民主社会主義と市場主義でもいい。自民党は、二世議員を中心に民主の小澤チルドレンと一緒に仲良く選挙互助党に集約し、残った骨のある連中としては自民党は「コジュー党(小姑党)」に、共産党は何でも反対したがる人達の集団だから「大日本不満党」、社民党はいつも夢見る「青い鳥党」、耳障りの良い言葉をさえずる、みんなの党は「メルヘン党」とか、公明党はやたら見てくれのいい無能集団であるから「美男美女党」とでもした方が分かりやすい。

21世紀の次期政権は
右往左往党ー菅直人など民主党主流
カネズル党ー旧民主党小澤鳩山派
選挙互助党ー旧民主党と自民党二世議員のノンポリ
コジュウ党(小姑党)ー自民党
を中心に
大日本不満党ー共産党、
青い鳥党ー社民、
メルヘン党ーみんなの党、
美男美女党ー公明党で乱立、
               少数党連立政権で無責任にやってけー。

[PR]
 オサマビンラディンの殺害はCIAの勝利だろう。しかし、ナンバー2のザワヒりは健在だ。今回、日本の原発事故に触発されたテロが世界のどこかで計画されるのではないか。アルカイダの司令塔は力を失いつつあるが、そうした時こそ、制御の効かない、世界各地に分散したグループが競って報復合戦を行なう危険性が高まってきた。爆弾を抱えた小型航空機で、冷却装置を爆撃、自爆でもすればあっという間に、世界は恐怖のどん底ではないか。我が国も狙われるかもしれない。アメリカ本土なら西海岸が危ない。

 西岡議長がまるでボケたかのように菅直人を辞任させたいあまり、谷垣に代わって「辞めろ」と言い続けている。無理無理。カエルの顔にションベンだ。アメリカは、これだけ貸しを作った菅直人に退陣されては困る。アメリカから拒否反応を受けた鳩山と違った対応をしてくるだろう。日本の政治家は日本だけしか見えない。会社の中しか関心のない東電エリート社員と同様だ。普天間問題にしても見直しを迫り、グアム移転も反古にしたい。こんなチャンスを菅直人を退陣させて失うのは損だ。しかし、問題はある。日本が国際政治から見放される事態もあるということだ。特に、ロシアとの関係は最悪である。これまでの彼の大胆な発言の原因は、単なるKYというだけの話だった。これから始まる国際的な事件や危機にどう対応するのだろうか。

 菅直人が困るのは、そうした政治的な貸し借りという基本的なルールを無視する傾向があり、自分の都合の良いことしか考えないご都合主義者だということである。今後アメリカもその薄情ぶりに驚愕するはずである。こうした、彼の姿勢が、政治家としての資質と、政治家同士の信頼感を喪失する原因である。これだけ、罵倒されて、無能、無知、無神経とののしられても政権にしがみつく菅首相のメンタリティをみれば、何をしても無駄だという事だ。日本はもう諦めよう。駄目だ,こりゃ!

 今の民主党政権は、殆ど前を見ないで舵を取る、ボートの漕ぎ手みたいなもの。だから、早く進む事はできない。おそらく、テロ対策としての原発防衛は全く手が出ていないだろう。アメリカからその点を指摘されているにもかかわらずである。今度原発テロでもおきようものなら、米軍が直接乗り込んで、日本を占領しかねない。日本がこれから、一つになろうとかけ声かけても、リーダーたる政治家が全くバラバラでは空しい。今に、新たなテロ、中東での騒動、第5次中東戦争などの事態が再び菅政権を襲う。

 じゃあ、自民党ならこれが出来るかというと、やはり、対応できないだろう。震災の対応も同様である。浜岡原発停止なんぞ、気違い沙汰だが、当然、彼等には出来ない。所詮足して二で割るしか出来ない連中。ますます、自民党の陰が薄くなってきた。谷垣も全く存在感がない。菅直人攻撃、仙谷攻撃しか能がなかった彼等には困難を乗り切るという国家的な仕事を持った無能民主党にも太刀打ちできないのだ。自分達がまかされれば、どれだけうまくやれるか、国民に訴えることが出来ない。何が復興庁だ。具体的な都市計画、失われた土地の権利回復、医療と介護の再構築、産業再生など組織ができたからって出来るものではない。民主党は指揮命令がなっていない、と非難されるが、実際は細かくやりすぎるから現場と齟齬が生じる。官僚を信用していない分、先が見えない。政府は金だけ出して後は黙っておれば、民には治癒能力というものがあって、ちゃんと上手くやるのだ。
 
 ミスを恐れる官僚が二重三重にガードして、かえって身動きできなくなるのが目に見える。こんなことではテロ対策は無理だ。現場の権限を大きくして、情報収集能力を高めなければならない。ユニークな提案と思っているが全く古くさい。民主対策はおボッチャマの愚痴とか、嫉妬女の意地悪しかないんじゃねー。彼等なりの復興計画を早く出してもらいたいが、二世三世の家業的議員の多い連中は政策提言能力が無い。与党としても駄目だから政権が交代した。民主党は強力な野党だった。じゃあ、自民党は野党としてどうかというと、これも駄目ではお先が無い

[PR]
 尖閣列島での漁船衝突事件で、菅政権の不手際、弱腰外交が非難され、野党の厳しい批判に対して、菅首相も支持率が低迷、仙谷官房長官と馬淵国土交通大臣が問責決議される等、何とも情けない有様となった。何が那覇地検の判断だ、言い逃れにも程がある。この男に国民に対する誠意があるのか。もう一人変な奴、一兵卒になって威張り腐っている姿が、裸の王様である事に気づかないのか。理念が崩壊した集団は単なるヤクザ組織のようなボス支配になる。貸し借りだけが論理の姿が見えてくる。

 釈放するにしろ、中国の国連での温家宝の演説や様々な制裁に屈した結果が悪いのだ。政治家というのは一種の演出家である。これが全く機能していない。国民に対して説明責任を果たす事ができない内閣となった。選挙での公約どころか、基本的な政治姿勢を問われる。韓国は黄海の領海に侵入してくる中国漁船を4年間で2000隻近く拿捕し、2万人を身柄拘束、200億ウォン(14億円)の保釈金を取っている。中国漁船の横暴振りは目にあまり、韓国の巡視船に体当りのみならず、鉄棒等で抵抗し、韓国警備側に死者まで出ている。中国はこうした漁船の行動を全く韓国に謝罪しないどころか、抗議している。それが中国という国なのだ。何故、日清戦争や日露戦争になったかが分る。これは尖閣列島という領土問題がある地域と違うとはいえ、毅然とした態度を取る事が大切であることを学ばせてくれる。

 このことを仙谷長官はどこまで知っていたのか。政権の誰かが、韓国の対応を教えなかったのだろうか。外務省の情報は政権に流れない。全く不思議な内閣である。国会の場で、堂々と反論できる内容が無かったことを感じていたから、逃げの一手。ビデオ映像を公開しない事は、どうも、中国と話がついていたから、いつまでも公開できなかったことが分ってきた。

 普通、こうした危機を国内政治の人気取りに使い、危機をわざと演出する政治指導者だっているのに、菅直人はあっさりと軍門に下ってしまった。普天間問題を解決するチャンスも失った。機を見るに「鈍」な指導者であることが分ってしまった。

 野党は民主党に国のあるべき形を示せとか、偉そうなことを言っている。自分達の考えを言ってから攻撃したらどうだ。まるでだだっ子みたいな野党に、自閉症の与党。与党の中の与太者の親分みたいな、政倫審にさんざん条件をつける小澤一郎。自分が出れば予算審議が進むと恩着せがましく、盗人たけだけしい。腹案とは何かね、言い逃ればかりの鳩山。この二人が国を滅ぼす民主党は早く消えてほしい。
 
 ろくな奴がいない日本の政治。しかし、日本はこれまで、政治家も、官僚も、国に巣食った連中ばかりで、国民の立場に立って実績を残したのかと言うと、大したことをやっていない。官僚は自分達の立場を正当化するデータばかりを世に出し、マスコミはその尻馬に乗り、弱きをくじき、強きにへつらう。一見国民の立場に立っているかのように見え、実は官僚、政治家と三つ巴の権力闘争である。真実を伝える気などは無いのである。ごまかしの社会から脱するのはいつのことだろうか。

 そもそも、基本的な考え方に矛盾したところがあると、それがネックになる。民主党は社会福祉とか、国民全体に公平に国の予算を振り向けることを目指したい。ところが、官僚制を否定する方針を立てたがる。実際は、彼らの目的を満足する為に、まさに官僚は不可欠なのだからおかしなことになる。アメリカのオバマ政権が抵抗を受けるのは、まさにそこだ。社会保険の整備は官僚制の膨張を生む。こんな事は常識だ。自民党は自由主義を掲げる。ところが、官僚べったり。官僚の御神輿に乗っているだけ。これも政策の目的とは逆に歩いている。

 そこに付け入って来たのが、官僚たちだ。彼らは、先は統計数字を握って、常に、彼らに都合の良いデータを作る。例えば、食料自給率が40%というのを危機感を煽ってがなり立てるが、日本は世界有数の農業生産力を持っている。これは分配の問題で、食料は時には有り余り、廃棄している。何故、自給率をことさら宣うかというと、その危機感を国民に持たせる事で、自分達の仕事を増やし、地位を守っている。厚労省も将来の人口統計を自分達の都合の良いように操作している。将来の人口推計は、3段階の数字があり、中位集計、低位、高位とあり、彼らは適当なさじ加減をし、年金改革にに使い、さらに財務省はこれを増税に使う。彼らは自分達の地位と組織を温存する事が一義的て国民とは自分達のことで国民全体というのは彼らの想像力を越えている。彼らに最も欠けているのは想像力なのだ。連中の仕事には想像とか、主観は許されない。長年の習慣が、大事な人間力を奪っている。企業はそうではない。勘の悪い経営者に率いられた企業は悲惨だ。先が読めないから後追いばかりで利益を失い続ける。このことは昔軍部がやった大本営発表というのではないのか。

[PR]
 国を船に例えるならば、船長の座を巡っての菅、小澤の覇権争いか。今日本という船はどこに漂っているのか。日本の川なら岸まで近いし、乗り上げても陸には日本人、同胞だ。しかし、今や世界の中で我々は漂流していることを忘れては困る。今のデフレ不況の原因でもある。小澤氏、菅氏ご両人ともこの辺りの感覚が全く無い。二人の演説や主張にこのあたりの配慮は見られない。頭が国内でいっぱいだ。サミットや国際会議は単なるお膳立てので来たハク付けの道具か。日本の行く末を世界は見ている。納涼船じゃあるまいし、今の日本はホルムズ海峡とかソマリア海賊のいる地域を通過中なのだ。ところが、連中にとって国際問題は普天間で終わる。

 総理大臣というのは、ガレー船というよりバイキングの船長みたいなところがある。漕ぎ手は、政権担当者と官僚だね。国民は乗客でしかない。国民も漕ぎ手に加わる気力が今は無い。この際、船長の主導権争いを傍観しているわけだ。今の時代、急流にさしかかった船の船長の役を誰がこなせるかだ。こなした奴がヒーローになるから、名を挙げるチャンスでもある。ところがリスクが大いにある。漕ぎ手を、叱咤、激励しながら、木の葉のように揺れる船を暗礁に乗り上げないよう舵取りをしなければならない。菅というのは皆を盛り上げる事は上手いが、先を見て舵が取れる男ではない。ありゃ単なる扇動家だからね。ベネズエラのチャペスよりパワーは無い。本来マスコミ受けはいい、要はキャスター程度の器量の男だ。無責任にものを言う癖が抜けない。

でも、決まった道を盛り上げながら進むくらいの資質はあるだろう。とはいえ扇動家だ。扇動家
は何も全て自分で盛り上げるのではない。上で踊っている御神輿の鳥だ。昔の自民党の赤城だの、中川何ぞは真っすぐ進むことも出来ない奴だったね。とにかく、2世議員のおボッチャマはいかん。

 流れに任せるだけでは危ない時代だ。菅の回りはシロオトばかりだし、変な助言に耳を傾けて暗礁に乗り上げかねない危うい感じだ。舵は効かず、漕ぎ手のペースを変えることも出来ない。
谷垣はその辺も怪しい、菅を小粒にしたような人物だろう。自民党は盛り下がっているからね。

 村山政権をひっくり返した時のようなパワーは無いでしょう。じゃあ小澤はどうかというと、舵は取れるが漕ぎ手には鞭を使ったり、怪我人がいたら放り出すとか、小澤一人の顔を見て
漕ぎ手が一喜一憂する、誰もハッピーになれない雰囲気になるね。目的地についても生き残る奴は小澤しかいない。オデッセイでも故郷イタカに戻ったのはオデッセウス一人だけ。

 大体、一国の総理大臣が検察審査会に訴追されるケッタイな事態は異様だ。政治というのは、大義とか、道義が大事だということを国民も,政治家もどこまで考えるかだ。もしこれが踏みにじられるなら、最早、日本は終わりだね。小澤は終わっているのに、ゾンビのように動き出した。一緒に踊っている陣笠のようなゾンビ議員は頭から狙って、撃ち殺すべきだ。谷のような生まれたばかりのべビーゾンビもいるが、田中眞紀子みたいなオバンもいる。日本はゾンビの国か!小澤中心にマイケルジャクソン風スリラーダンスになるのかな。

 でも,今回の選挙は民主党が政策論争をオープンにしながら党首を決めるというこれまでには無かった、国民の注目を浴びる過程を経るから、支持は増すと思う。とにかく、鳩山がこれを止めさせようとした。全くの政治音痴。馬鹿殿野郎。実際は権力闘争だからどんな汚いことが行なわれるかは分らない。ところが鳩山は母ちゃんの子育て給付金持っているから強い。これからも小澤の影でエリートぶろうってわけ。

 権力闘争と政治はつきもの。これを怖がっては改革は出来ない。ナチスだって、スターリンだってこの為にものすごい犠牲者を生んだのだからね。これが無投票とかだったら、どうせ大した政策アイデアは無いから、ますます国民は失望する。失望した層は、みんなの党みたいないい加減な党に票入れちゃう。みんなの党の分がそっくり民主の減になったのは、連立の色気を出したからで、あれはオウンゴールだ。自分は菅が負けてて、民主から菅が飛び出し、また、野党になるのが一番彼の性に合っているし正しい理にかなった流れだと思う。

 福島あたりがお帰りなさいといって迎えてくれる。まあ、悪夢のような数年間が続くんではないかな。小澤は仕方が無いから、自民党を飛び出した連中を引き込んで新しい保守を作る。谷垣自民党はしょぼくれたただの不満分子の集まりでしかなくなるんだろうね。そんなすったもんだで、日本は21世紀は世界の舞台から降りて後進国になっていくんでしょ。マスコミは勝ち馬に乗りたい、いや、役人どもと一緒に菅応援の大合唱。小澤の不人気をPRして日本を破滅の道に導こうとする。いつか来た道。あの東条軍部に迎合した時代を思い出せ。マスコミ連中に革新なんてどうでもいい。奴らにとって弱者は記事の種、所詮は権力の太鼓持ち、飯の種が有れば満足する連中さ。
[PR]