人気ブログランキング |

<   2018年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

友人に勧められて、百田尚樹の本を永遠の0以来久しぶりに読んだ。この一見歴史書のようだが、百田氏の思い込みの強い内容である。自分の論理に都合の良い歴史を切り貼りし、適当に引用している。しかし、彼の文章は平易で読みやすく、興味深いエピソードが織り込んであり、一気に読んだ。複雑な明治維新の幕府や薩長の動きを分かりやすく解説した部分は見事だ。250年にわたる江戸幕府や当時の日本の素晴らしさを見事に説明している。残念なのは引用元等の注釈が無いため、彼の主観を裏付ける他説の引用が勝手に行われている。こんな歴史の見方もあると思いながら読んだ。司馬遼太郎の歴史観が読者を満足させるために特定の人物を高く評価したり、現代の感覚で過去を説明しているのと同じだ。だから読みやすいのだろう。特に、日本国憲法の誕生や東京裁判、靖国問題において、この特徴が出ている。この本の特徴は半分が日本の近代史であることだ。彼の目的はと軍備増強と憲法改正の世論を作ること。朝日新聞を敵視し、今日の日本の困難を幾つかの諸点でまとめており、現政権の姿勢に一致している。江戸幕府の誕生以前の部分は高校生の大学受験知識に毛のはえたていどの内容だから飛ばし読みしても良い。要は大学受験のバイブル、山川の日本史を批判的に解説している。日本人の精神的な特徴が何かを追求している点は好感が持てる。小説家らしい読みやすい内容。一方、敗戦から数年、サンフランシスコ講和までに現代の風潮が決まったような言い方や、平和ボケの批判、軍事増強など、安倍政権寄りの主張は頂けない。多分この本を読んで一番感動しているのは安部首相に違いない。

日本は敗戦で多くをまなんだ。小説家や評論家は支配者に批判的、反権力的であるべき。自分も朝日新聞はとんでも新聞だと思う。しかし、そこをもっと掘り下げてもらいたい。朝日を皆が読んでるわけではない。今は言論が酷く統制され、海外からも批判されている。百田氏は権力側の思想を代表している。彼の主張が強く出ているのは最後の200p位である。やっぱりというところ。日本の敗戦は軍部や天皇には責任がなく、アジアの欧米植民地主義からの解放をもたらしたという古典的な右翼の主張。戦後利得者の左翼系知識人や文化人によって歪められた歴史を正す。これを歴史修正主義といい警戒すべき論理。日本人の精神はGHQの政策と「WGIP」洗脳者によって踏み潰されたというのは右翼の妄想。日本人の精神はそんなに柔ではない。日本は負けたのだ。ソ連や中国に支配されたら今の日本はない。それを言うなら戦争を始めた愚を批判すべきだ。日本人のDNAは2000年の歴史を持ち、決して滅びないということだ。とはいえ、急にDNAという分子生物学を持ち込むレトリックがせっかくのわかりやすさを損なっている。今更自画自賛してもなにも出てこない。自己満足の歴史随筆。


More 右翼の妄想 WGIP Wikipediaから抜粋
浦安のイオンシネマでボヘミアンラプソディーを見た。エイドライブでのパフォーマンスが圧巻であった。映画の1985年のライブは実写の合成だとは思うが、あの時代の熱気が伝わって来る。何度も見たり、エンディングで涙する人もいるらしい。自分はロックは不案内だが、ロックユウとかチャンピオンは知っていた。ロックという音がどのように作られるものかが興味深い。自分は感動した。クイーンのメンバーは自分と同世代だ。ビートルズは上の代。そのあたり、同じ時代を駆け抜けた親近感がある。
クイーンの天才ボーカル、フレディはインド人移民の子。音楽に夢中のフレディは家庭では孤立。はぐれ学生のスマイルにボーカルで入って大爆発する。そのブームは今回で3回目。最初のデヴュー時期のヒット、次はフレディが亡くなった時、そして、今回。この映画世界で6億ドル、日本でも12月時点で320万人の観客を動員、44億円の興行収入である。主演のレミ・マレックはアカデミー賞最有力候補である。観客動員はすごいが、批評家の判定はイマイチである。クイーンに詳しいマニアックなファンからも厳しい見方があるかも。この映画の成功は中心をクイーンの音楽に置いたことで、フレディの心の闇に重点を置くと奇妙な映画になっただろう。そこが連中には気に入らない。
e0195345_13044072.jpg
彼は天文学や歯科医の大学生のはぐれものバンド、スマイルにボーカルのシガーソングライターとボーカルで売り込み、一緒にクイーンを編成する。
アルバムを自主制作し、その様子を目に留めたEMIのジョン・リードは彼らをスカウト、ポール・プレンターが担当マネージャーとなる。フレディはさらに名字を「マーキュリー」に改名、デビュー・世界各国でのツアーとクイーンが躍進する中、フレディはメアリーにプロポーズする。
やがてクイーンはEMIの重役レイ・フォスターからヒット曲「キラー・クイーン」の路線を踏襲する曲を制作するよう命じられるが、同じことの繰り返しを嫌う彼らは反発する。フレディはオペラをテーマとしたロック・アルバムを作ると提案し、郊外のロック・フィールド農場のスタジオでの曲制作とレコーディングが始まる。その時彼がレコードをかけるのだが、マリアカラスのカルメンであった。メンバーの喧嘩を交えつつも、熱意を注いで完成されたアルバム『オペラ座の夜』の出来に彼らはおおいに満足する。しかし6分という長さと斬新な構成の曲「ボヘミアン・ラプソディ」のシングルカットを、フォスターは「ラジオでかけてもらえない」と認めずクイーンと徹底的に対立。しかしフレディ自らラジオに出演し、「本来ならラジオで聴けない曲」と同曲を独占放送、マスコミには酷評されるが大ヒットする。フレディ役ラミーマレックの演技が光る。
e0195345_22101541.jpg

ロックバンドの成功に並行してフレディの孤独とゲイであったことの苦悩が描かれる。インド人の親は何とゾロアスター教徒。彼は猫好き。シリアスな物語のなかに猫が可愛いらしく描かれる。死を覚悟した最後にはゲイを隠さず、エイドライブは彼の人生最後の気合の入ったパフォーマンスだったことが分かるyou-tube;
queen live aid 1985 full concert
e0195345_22100221.jpg
1985年のライブエイドでのパフォーマンスは圧巻であった。
1991年45歳でエイズでフレディ死去。彼がゲイであったため婚約者エミリーとの別れやクイーンの仲間との確執と友情が熱く描かれる。バンド仲間の様子も実物そっくりで好演技であった。フレディ・マーキュリーは晩年をスイスのレマン湖畔で過ごした。彼の遺産は元恋人のメアリーが相続した。
後日談だが、ギタリストのブライアン・メイは天文学をインペリアルカレッジで学び中学の教員をしていた。決して落ちこぼれではない。インペリアルカレッジはイギリスの理系のトップ校で、マハトマガンジーも卒業生。15名もののノーベル賞を取った卒業生がいる。彼はフレディの死語博士号を取っている。
概略次の通り。

  1. ^ 動物愛護団体PETAから2012年のパーソン・オブ・ザ・イヤーを受賞
  2. ^ 博士論文のタイトルは“A Survey of Radial Velocities in the Zodiacal Dust Cloud”(黄道塵雲における視線速度の調査) - WorldCatロックバンド『クイーン』のメイ氏、天体物理学の博士論文を出版(WIRED.jp、2008年8月6日) より。


by katoujun2549 | 2018-12-12 21:50 | Comments(0)
この世からネズミやハエを一掃することは難しい。もし、殺虫剤、毒ガスや放射線を使って一掃しようとすれば人間も消滅してしまうだろう。同様にISやタリバンをこの世から葬るには核兵器を使用するしかないがそれでも、絶滅は無理ではないだろうか。山の中や砂漠やジャングルに封じ込めておけば良い。アメリカ大統領トランプは撤退したい。ところがアメリカはこの封じ込めに成功していない。昔と違い、ISの残党は民間航空機で世界中に行ける。あの9・11の悪夢は消えない。絶対に必要なことは首領級、ザワヒリを抹殺することーーーーーー「タリバンがアフガニスタンを制圧したら......イラクとシリアを苦しめてきたジハード(聖戦)の大勝利になる」「聖戦士の一部の故郷だから、その意味は大きい」
ニューズウィークによると、ウサマ・ビンラディンの後継者アイマン・アル・ザワヒリが「アフガニスタンに到着したか、既に滞在している」という「証拠」もあるという。

そんな悪夢のようなシナリオを示せば、トランプも米軍の完全撤退を再び断念し、CIAや民間の軍事会社に頼る「深入りしない」方法を選ぶかもしれない。ボブ・ウッドワードの『FEAR 恐怖の男──トランプ政権の真実』(邦訳・日本経済新聞出版社)によれば、CIAは今も約3000人のアフガン戦士を動かしている。2001年以降アメリカ軍の犠牲は2800人近い。現在、アメリカは年に約450億ドルをアフガニスタンでの軍事作戦に投じている。これまで8410億ドルから(退役軍人の心身ケアなども計算に入れれば)1兆700億ドルとされる。

軍隊の疲弊も激しい。どれだけの兵士がアフガニスタンに何度派遣されたのか、正確な数は分からない。だがランド研究所によれば、01年の同時多発テロ以来、合計277万人の兵士が世界各地(主として中東と南アジア)へ、延べ540万回も派遣されているという。7月末までにアフガニスタンで2372人の兵士が死亡し、2万320人が戦闘で重傷を負った。

だからといって反乱軍に勝てるわけではない」と、アフガニスタンでの経験が長い元CIA工作員のアルトゥーロ・ムニョスは本誌に語る。「こんな戦略では勝ち目はない」現地でCIAを指揮していたケビン・ハルバートも同じ意見だが、少数精鋭の特殊部隊やCIA部隊が残れば最低限の目標を達成できる可能性はあると言う。アルカイダやISIS(自称イスラム国)が「私たちへの攻撃を計画し、兵士を訓練し、テロを実行する基地を作る」のを阻止するという目標だ。「そういう事態だけは避けたい」

アフガニスタンの将来に関しては、タリバンも重要な鍵を握る。「反体制武装勢力の専門家の一致した意見は、とりわけ外国が絡んだ場合は、戦争の泥沼化が武装勢力にとっての勝利となるということだ」と、ジョンソンは言う。「これまでの歴史を見れば、軍隊を送り込む側の国民は、果てしなく続く血みどろの膠着状態は支持しない」
「タリバンはそれを承知だ」と、ジョンソンは言う。「彼らに言わせれば『アメリカ人には時計があるが、こちらには時間がたっぷりある』のだ」
<本誌2018年12月11日号掲載>
現代文明を維持するには、その恩恵にあずからないグループの妨害を抑えるコストを覚悟しなければならない。文明対野蛮の対決である。これを共通認識にいかに世界が連携するかである。テロの温床となる国家、テロリストに乗っ取られる国家はあってはならない。

by katoujun2549 | 2018-12-11 20:58 | Comments(0)
e0195345_15543003.jpg
1.内村鑑三のキリスト教

 向ヶ丘遊園にある登戸学寮が無教会主義の人々によって建てられたことを知ったのは最近のこと。これをきっかけに無教会について考えてみた。無教会派は内村鑑三が生んだ教団である。聖書学者として、内村は日本人の心にキリスト教を同化する思考を重ねた。まるで、パウロがパレスチナの一ユダヤ教分派のキリスト教を地中海世界に受け入れられる基礎を作ったように。東大の教員や学生に支持され、矢内原忠雄や多くの学者に支えられた。旧約聖書学の関根正雄も有名。サザエさんの作者、長谷川町子も家族で信者だった。新島穣の会衆派にも近い。教会員の直接民主制に近い制度を採ることが特徴で、各個教会の独立自治を極めて重視する。イギリスで発生した平信徒運動でブレズレンとよばれるキリスト教のグループや、ヨーロッパで起こったメノナイトなどの再洗礼派(アナバプテスト)運動などが、その礼拝や理念、信条など無教会主義に近いとの指摘がある。また、同じくイギリスで起こったクエーカーと無教会主義のキリスト教徒との類似点を指摘する研究者は多い。内村自身、米国留学以来クエーカーとの交際があった。今は、東京のキリスト集会なども類似の教会形成である。聖書と向き合って、それ以外の形式を排除する。礼拝とは言わずに、集会としてオフィスや民家などを場とし、建物としての教会を持たない。カトリック、ルター派、聖公会のような監督制、ピラミッド的なガバナンスを避け、30人程の小さな共同体を形成する。

2.無教会と学校

 内村は学校教育に力を注いだ。アメリカから帰国後新潟の北越学館中学校に赴任したが3ヶ月で退職した。アメリカの教団の派閥抗争や勢力拡大に伴う混乱を見てきた内村は日本のキリスト教宣教師の伝道意図に疑問を持ったのである。アメリカの教団から宣教師の給料が出ておりその独立性に疑問を持った。北越学館事件として内村の主張が現れている。クェーカー系の三田の普連土学園設立にも新渡戸稲造と関わった。学校として、山形県小国の独立学園が無教会派の学校である。小さなコミュニティ的な学校である。小国という豪雪地、山深く、学校の前の小川ではイワナが釣れます。町までは車で10分はかかる。自分のいた敬和学園の高校の教頭が歴代校長で1学年25人の共学。何と、5年前にはパイプオルガンを備えた礼拝堂を作りました。2億円かかったそうです。まるで魔法です。無教会のリーダーには内村鑑三の卒業したアメリカのアマースト大学を出た人が多い。教育のクオリティも高いから定員も確保しています。島根県江津市のキリスト教愛真高校、神奈川県川崎市多摩区の登戸学寮、世田谷区経堂の春風学寮などが無教会の経営によるものです。日本のキリスト教に多大な影響を与え、内村の無教会の精神は消えることは無いと思うが、残念ながら、縮小の道を歩んでいる。独立学園は徹底した自主運営で寮も運営している。ひたすら、教職員の情熱で支えられている。これは教育においては大切なことで少数教育で生徒一人一人に向き合う。しかし、学校の規模が大きくなるとそうはいかない。

3.無教会に関する自分の思い

 自分はかつては内村や賀川に心酔した時期もありました。高校生の時、内村の「余はいかにしてキリスト教徒となりしか」を読んで感動した。同時に躓きの石でもあった。いきなり、ヒマラヤに登ろうとしたようなもの。内村や矢内原の本を読んでも近づきがたかった。キリスト教は音楽、絵画、説教、礼拝といった要素で構成される。これを除いてしまうのは残念。人間の欲求を否定しすぎる。美を感じない。今は無教会派には魅力を感じません。彼らの教祖は内村鑑三で彼の著書はバイブルのようになっている。戦前のクリスチャンは武士階級出身が多く、大衆におもねらない素晴らしい信条を持っていますが、反面、主知主義的傾向があり、日本のプロテスタント低迷の原因のひとつだとも言われています。パウロの嫌ったグノーシス主義や中世のカタリ派の匂いがします。ユダヤの一宗教だったキリスト教を地中海世界、ギリシャやローマに広めたのはパウロの功績ですが、内村もその役割を担っています。

しかし、原点は聖書。キリストの霊性やサクラメントを形式として排除する傾向がある。儀式や形から入る道が宗教にはあるが、それが見えないと人を惹き付けないし、長続きしない。何も無教会がプロテスタント教会の低迷の原因というわけではない。今の日本ではカトリックの方が安定した信徒数だが、理由はもっと他にもあり、複雑です。無教会には組織拡大の仕組みが無い。内村はアメリカの教会が信者獲得に競争する様を見て深いに思ったのだろう。だから、無教会はその機能が乏しい。これは、各教会の独立性が高く、合同の力にならない日本のプロテスタント教会の傾向でもある。無教会に既存の教会は耳を傾けるべきだが、日本のキリスト教界では万年野党のような存在ではないか。日本のキリスト教が教育の分野で信頼され、多くの日本人がキリスト教を知っている現実から出発すべきだと思う。自分は内村が教育の分野で、新島襄と共に貢献し、賀川豊彦が社会事業で貢献したことを再認識し、再構築することから日本のプロテスタント教会は勢いを取り戻すべきである。
e0195345_16092442.jpg
内村鑑三



by katoujun2549 | 2018-12-05 13:16 | キリスト教
アジアフォーラムでプーチンが各国首脳の前でいきなり平和条約の締結を提案したことをマスコミは意外という。しかし、これは以前からのロシアの一貫した姿勢だ。今年からプーチンは安部首相と積極的に会談し、4島での経済活動の枠組みを協議してきた。アメリカは軍事基地化に警戒心を強めている。経済圏を持たない地域には軍事基地は置けない。労働力、物資、生活環境が無ければ基地は成立しない。沖縄が発展すればするほどアメリカは軍事基地を手放さないのと同じだ。アメリカの基地のあるハワイ、グアム、沖縄、全てリゾート地として発展してきた。基地というのは軍人のリゾート地でもある。

北方領土はプーチンの疑似針ルアー。安部首相は彼のオモチャなのに気づいていない。
北方領土は日本の固有の領土である。とはいえ、ロシアが大戦末期に弱体化した日本を火事場泥棒のように奪い取ったというのは結果的にはそうだが、必ずしも当っていない。スターリンは大戦前から千島は欲しくて仕方が無かったし、当時も隙あらば北海道北部(留萌から道東)も手に入れたかったのだ。千島占守島や南樺太の日本軍が予想外に強く、攻めきれなかっただけ。ソ連軍は満州のようにはいかなかった。邪悪なスターリン時代の不法占拠といえども、ロシアは領土までは放棄しない。ロシアの旗の立った土地は絶対に手離さないというのは帝政時代からのロシアの国是なのだ。北方4島返還は難事業である。2島も同じであるから、4島返還でいつも押していくべきだ。2島だけを返す事も無いだろう。平和条約締結後は歯舞、色丹を返すという話はあったが、彼らは条約すら守らない連中、ソ連を侮ってはならない。彼らは自分の都合は何やっても善である。ヤルタ会談で千島を取ることは決まっていた。しかし、北方4島は入っていなかったと思う。ところが、日本を早く片付ける為にはルーズベルトはそんなことはどうでもよかった。千島の範囲なんぞどうでも良かった。ロシアの不法性を担保して、他の交渉を有利にすることができるかである。この島に、ソ連の軍事基地がどのくらいあるのだろうか。アメリカ次第だろう。彼らは力の世界にいる。アメリカの軍事力が後退すれば、すぐに進出してくる。

 とにかく、ロシアからは遠く、鮭や蟹が沢山取れるだけの島であってもらいたい。熊はいりません。鮭や蟹は日本が買ってあげればいい。ここに大きな軍事基地ができるためには、経済的なある程度の繁栄が必要条件である。軍港が出来れば軍人だけでなく、民間人も来る。娯楽施設も必要だ。誰だって僻地には行きたがらない。だから今なおウラジオストックが軍港であり、原子力潜水艦や空母も帰港する。乗組員が流刑になったようでは休養にならない。北方領土は僻地のままであってもらいたい。経済交流が必用だという人もいるが、ロシアには警戒心を失ってはいけない。あれは猛獣の熊みたいな力だけを信奉している人の国だ。日本がこれを返還してもたったら、地方都市が疲弊している中、ここだけ繁栄させることができるのだろうか。

 鉱物資源はあるのだろうが、北海道の衰退が進む中、北方領土が栄える姿は想像できない。沖縄ですらうまくいっていないのだから。離島の経済振興は難しい。国後島の温泉や自然を見る観光用にどれだけ空港が整備できるのだろうか。本土との交流はそれほど望めない。大した学校も無ければ病院も無い。だから、ロシアも大きな軍事基地は作れない。ところが、ロシア大統領が頻繁に訪問すれば、あのロシアの事だからインフラも整備され、軍事基地としてのインフラが整備されてしまう。あれほど近い位置に大きな軍事基地が出来たら北海道は風前の灯火ではないでしょうか。

 北方領土は国際法上我が国固有の領土だと言う主張を繰り返す必要はあるが、それも程度問題。亭主の不倫を別のことで要求を通す時にネチネチと攻める女のようになればいい。北方4島にはロシアも若干のやましい気持がある筈だ。ロシアの関心が薄れるようにした方が軍事費もかからないし、将来日本が経済的に実行支配する道が開けるのでは。日本は賢い戦略を必要としている。

ウクライナとの紛争で四面楚歌になっているプーチンは中国と接近している。安部首相は何度もプーチンと交渉し、北方領土変換が来年までに国民から評価される進展のなかで、衆議院選挙を迎えたい。一生懸命にやっている姿を見せることが大事なのである。日本は中国とうまくやることが遥かに優先度が高い。ロシアとの平和条約締結を急げば北方領土は遠退き、更にはロシアの潜水艦基地の価値を増し、そのつけはアメリカの防衛力の肩代わりという形で日本に回り、大損になること間違いなしである。