カテゴリ:国際政治( 215 )

 FIFAワールドカップ日本ポーランドの対戦が行われるボルゴグラード=スターリングラードはチュイコフ中将率いる第62軍が守る街にパウルス大将率いるドイツ第6軍が1942年9月から包囲戦を展開、120日に亘った戦いとなった。ドイツ軍は激しい空爆と砲撃を行い、街は灰塵と化した。このスターリングラード攻防戦はあまりにも巨大で、その実態を掴むのは容易ではない。ジューコフを中心に100日をかけて準備した逆包囲作戦が成功。12月にドイツ軍は完全に封鎖され、パウルスの第6軍は1月末に降伏した。
e0195345_17473900.jpg
 ドイツ映画では戦線の0815、ルーマニア映画、ドイツ映画は1956年壮烈第6軍最後の戦線、ドイツ・アメリカ合作スターリングラード、イタリア映画ではデシーカ監督のひまわり、ハリウッド映画 J.アノーのEnemy at the gate(邦題スターリングラード) などで描かれ、記録映画が公開されているが、その複雑な経緯、何故、ドイツ軍は失敗し、ソ連軍の作戦が勝利に結びついたかに関しては多くの著作もある。しかし、悲惨な有様は兵士の犠牲だけではなく、一般市民が退避できず、60万人いた市民が、終結時には9千600人になっていたことである。脱出に成功した市民もいたのだが20万人は死亡したと言われる。第6軍と枢軸国軍30万人は壊滅し、9万6千人が捕虜になったが、強制収容所に送られるまでにチフスなどで5万人が死亡、戦後帰国できたのは6千人程度であった。傷病兵などで包囲中に救出されたのは2万5千人。
 ドイツ軍はルーマニア、ハンガリー、イタリア、クロアチア軍も含め85万人を投入した。ソ連軍も120万人と言われる戦死者を出した。戦傷を含めるとスターリングラード攻防戦を通じての人的損害は、ドイツ陸軍総兵力の4分の1にあたる150万人におよび、3500両の戦車・突撃砲、3000機の航空機が失われた。コーカサスからの撤収に成功したクライスト上級大将の第1装甲軍なども、膨大な重火器と車両を遺棄しており、数ヶ月分の生産量に相当する大損失となった。モスクワ攻略失敗後、デミャンスクの包囲から空軍力で脱した成功体験をもとに、ゲーリングが安易に空軍で救出出来ると進言し、大失敗した事も敗因だった。ナチスの打つ手がことごとく失敗し始めた。ヒトラーの誤った作戦指揮とソ連軍の奮戦と犠牲によってドイツ軍は体勢を立て直せぬまま後退を続けた。独ソ戦の転換点であった。ベルリン陥落までさらに1年3ヶ月を要したのである。モスクワ攻略に失敗したヒトラーの挽回策は打ち砕かれ、この後暗殺計画もあり、彼の正常な生活や健康も失われた。あらゆる決断が誤るようになったのである。
e0195345_17575744.jpg

[PR]
 6月24日のサッカーワールドカップの強敵、セネガルについての薀蓄。セネガルは中央アフリカの西端にある国。かつて、フランスの植民地であり、共通公用言語はフランス語である。奴隷貿易が盛んであった時代にここのダカールからアメリカ大陸に奴隷が積み出され、三角貿易の基地であった悲しい歴史がある。首都はパリ・ダカールラリーの最終地点で有名である。ダカール沖のゴレ島の要塞が悲劇の出発地である。ここから出港した奴隷の6人のうち1人が航海中に死んだ。

e0195345_13362980.jpg

 この中央アフリカは、部族が多く、言語も皆違う。真っ黒な肌の色の人が多い。身体能力に優れ、セネガル相撲も伝統の競技で、かなり激しい。さらに東京外国語大学の先生の話では、言語学習能力が極めて高い。異なる部族の言語は皆体系が違っており学習が難しく、彼らはそうした社会環境の中でいやがおうにも、言語学習には並々ならぬ関心とトレーニングを行う習慣がある。彼らは言語を学校で習うのではなく、独学で習得する。日本語などは、テレビで覚えてしまうそうである。漢字とか、文字に関しては不明だが、会話の能力が驚異的に高いのである。2002年の推計によれば、15歳以上の国民の識字率は39.3%(男性:51.1%、女性:29.2%)である[21]

 タレントのウセーヌジャーニュさんというセネガル出身の方が今回の対戦の下馬評解説に登場しているが、その日本語の上手さに注目したい。セネガルだけではなく、中央アフリカのカメルーン人も同様だという。wikipedia によると現地語としてウォロフ語セレール語プル語ジョラ語マンディンカ語などニジェール・コンゴ語族に属する各民族言語があり、とりわけウォロフ語は事実上の共通語として、北部を中心にセネガル全土で通用している。川を一つ越えると言語が違う。このあたりが経済発展のネックになっている。 この国には今もフランス人の官僚が中核に残っており、利権を抑えている。セネガル人の留学生の70%はフランスの大学に行くのである。フランス語ができないとエリートにはなれない。

松本仁一著 アフリカレポート(岩波新書)によると、旧宗主国のフランスが援助の名目で「コーペラン」という行政顧問を送り込んだ。現地の官僚は彼らに頼り切り、行政は実質彼らの主導権のもとにある。そこにフランス企業が乗り込み、行政情報を先取りして、全ての果実をさらっていく。フランス語圏はアフリカに14カ国あり、新たな植民地政策をたくらんでいる。フランスには多くのアフリカ人が移民し、低賃金労働から抜け出せない。今回のワールドカップで決勝トーナメントに進出すると彼らの給料が30倍になるそうだがそれでも年収300万円だそうである。
 
これらの民族語国語として格上げしていこうという動きもあるが、現実的な施策としては進展していない。あまりにも種族毎の言語が多いのである。民族語の表記法は伝統的にアラビア文字で行われていたが、現在では公式にはラテン文字で表記され、アラビア文字表記は非公式な民間の表記法として存在している。

11世紀に始まったセネガルのイスラーム化の流れは、18世紀から19世紀にかけてセネガル全土に広まった。この影響でイスラーム的知識人階級が植民地統治の直前には既にセネガルに存在しており、彼らによるアラビア語文学が宗教詩を中心として花開いた。セネガルの民族語は伝統的にアラビア文字を使用し、アラビア語の語彙を受け入れてきた。セネガルの各民族に属する庶民も、日々の礼拝やコーランの教育などを通じて、多少のアラビア語の知識を持っている。セネガルの人口の94%がイスラーム、5%がカトリック教会を主とするキリスト教

学制は小学校6年、中学校4年、高校3年、大学4年の6-4-3-4制。義務教育は小学校の6年間と中学校の4年間である。教授言語は小学校からフランス語であり、旧宗主国であるフランスの教育制度を基本的に踏襲している。



[PR]
アメリカはナチスドイツのように最初から戦争を志向している国ではない。外交努力を第一義としているが、戦争になった場合のシナリオはしっかり持っている。
トランプ・アメリカの最大の敵は中国、イラン、ロシアである。そして北朝鮮だが、この敵対順位を狂わせ、不利になることはしない。二方面での単独戦争は避けたい。しかし、代理人やサポーターがいた場合は別である。シリアやレバノンはイスラエルと連合して対処、北朝鮮は日本である。日本も韓国もあてにならないのが悩みどころ。だから、地上戦は行わない。韓国は北に飲み込まれるのが地政学上の常識。それを抑えるための武力行使はやる。北の核段階的廃棄を逃げ道にしようとする相手を屈服させては外交交渉にならない。しかし、トランプは条件交渉が必ずしも不成立になることを視野に入れている。イランに対しても核施設を破壊するため、イスラエルと連携し、シーア派を敵視するサウジアラビアを使う。シナリオを考えると次の通り。実行するかは状況による。

韓国の文在寅大統領は北朝鮮との交渉に躍起となっている。4月27日に行われる南北会談では朝鮮半島の非核化や平和条約に向けての話し合いが行われるという。狼と狐か狸会談。クマさんが、隙を狙う。ろくな結果にはならない。半年前まで金正恩とトランプの罵り合いや、反米プロパガンダ、ミサイル実験などを繰り返す状態から、冬季オリンピックの北朝鮮参加から始まる雪解けの流れは世界を当惑させた。ドナルド・トランプ米大統領が3月22日、解任を発表したマクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)の後任に、あのジョン・ボルトン元国連大使を指名した。C IAのポンペオが国務長官になり、今やアメリカは戦時内閣に近い。

大統領補佐官は上院による承認が不要な政治任用職であり、そしてアメリカが戦争への道を突き進むことも、トランプがそれを望んでいることもたぶん確実だ。トランプはマクマスター解任の約10日前、ティラーソン国務長官の更迭を発表し、タカ派のマイク・ポンペオCIA長官を後任に指名。「私が望む政権にとても近づいている」と発言した。海兵隊大将だったマティス国防長官が懸命に主戦派を抑えている。

ボルトンは北朝鮮への先制攻撃、イランとの核合意の破棄とイラン爆撃を繰り返し主張してきた。共和党内のより伝統的なタカ派は「力による平和」をモットーとするが、ボルトンの場合は「戦争による体制転換」が信条。アメリカの敵は壊滅すべし、と考えている。

金正恩はこうしたアメリカの体制変化に敏感に反応し、中国との関係改善のため、習近平にすがりよった。李外相はロシアのプーチンに状況を説明し、支援を要請した。これで、ロシア、北朝鮮、シリア、イランの独裁国家、西側世界から嫌われ者枢軸と、日本、アメリカ、イギリス、イスラエル、サウジなどの連合が第二次冷戦に突入した。海兵隊大将だったマティス国防長官は鷹派を押さえ込む懸命の努力を続けている。

アメリカは今もアフガニスタンの地上戦に関わっており、これ以上陸軍の犠牲を避けたいが、海軍と航空戦力による介入は行うだろう。北朝鮮がうまくいけばイランにも応用する。イランの方が容易い。
アメリカの巡航ミサイルと、無人飛行機グローバルホークやプレデターの能力、 A10、F22ラプトル、F35、B2のステルス系機攻撃力は今や計り知れないパワーとなっており、中国や、ロシアにこれを見せつけたいだろう。日本の主力戦闘機F15はステルス機にかなわない。F22に10対0で撃破されるシュミレーション結果だ。レーザー砲、レールガンを備えたズムヲルト級駆逐艦が2019年までに3隻実戦配備され、これらをネオコンは使いたがっている。しかし、口実が必要である。
e0195345_17095841.jpg


シリアの毒ガス都市攻撃にはトマホークによる反撃を行っている。トランプの核廃絶要求とミサイル実験の中止は絶対条件、北朝鮮にも、妥協はしないだろう。もし、6月ごろ行われるかもしれない金・トランプ会談が決裂したら容赦ない航空攻撃でレーダー網を破壊、制空権を握った上で、地上軍事施設、核施設の破壊を実行するに違いない。トランプは北の核廃絶は逃げ場を作らないようにするだろう。合意は無理。アメリカは度々裏切られたことを忘れない。その構えが本物であると悟ったからこそ金正恩が動き出した。今のところ不完全な北の核開発が本格化しないうちに施設を破壊し、北の内部崩壊を待つだろう。もし、それが起きたら、
中国はそれ見たことかと、朝鮮に侵攻。

韓国の北の砲台制圧のための地上軍侵攻は文政権下では有りえない。韓国は国境線の北の長距離砲施設破壊をアメリカの手に委ねるだろう。あるいは4千門の大砲は沈黙。南北会談の条件交渉で、朝鮮半島から米軍が引き上げたら、北は核とミサイル開発を再開する。アメリカは、裏切られたと世論を動かし、北への攻撃が始まると見て良い。金正恩は昔の日本のように、アメリカの軍事力を侮ってはいない。航空攻撃を最も恐れている。金一族は中国に保護されるか、ロシアに逃げて抹殺される宿命。これまでの因果が巡ってくる。だから、かつて、イラク戦争の時のアジズ外相のように、李外相がバックアップを求めてロシアやスゥェーデンに駆け回っている。

[PR]
世界を動かすイスラエル

1.韓国が認識していない核の恐怖

北朝鮮の核兵器に対して敏感に反応しているのが日本とアメリカである。北朝鮮が核放棄をするどころか、ミサイルの開発の進行を止めない現実を文在寅大統領はどこまで理解しているのだろうか。韓国はいくら近代兵器を持っていても米国の軍事力がなければ北の歩兵の攻撃を食い止めることはできない。北が核兵器を持ちたがるのは韓国の脅威ではない。狙いは日本である。日本とアメリカを朝鮮半島から追い出し、日本の米軍基地と日本を無力化させることである。慰安婦問題などもその一環である。北の狙いは韓国の併合である。韓国というのは情勢不利となると簡単に自己防衛に走り、裏切り者が続出するカルチャーを持っている。その象徴が文在寅なのだろう。これでは北と正面から対峙することは無理。自国に核兵器が使われないと見て日本やアメリカのことはぶっとんでしまう。自大主義の国韓国の足元を北朝鮮は分かっている。常に強者と弱者を鋭く見分けて強い方に付く情けない文化である。日本が大震災で苦悩しているときに竹島に李大統領が行き、日本の経済が低迷していると見ると中国に媚を売る朴前大統領を忘れてはいけない。文大統領は現代の核の驚異がどうなろうと関係ない。北と合わせれば朝鮮民族は核大国だと自負しかねない。過激に国の性格を暴言表現したかもしれないが、個々の人々はその逆で実に礼儀をわきまえ、義理堅いから不思議だ。情で国が動いてしまう。

オリンピックの合同チームという突然の韓国歩み寄りを北は徹底的に利用している。韓国はアメリカ抜きに北との軍事衝突に対応できると思っているのだろうか。それよりも驚くのは韓国の世界情勢の認識不足である。アメリカはイラクの大量破壊兵器が実際には無かったにもかかわらず、フセインのイラクを攻撃した。アメリカは朝鮮戦争において大きな犠牲を払った国である。4万人の兵士が犠牲となった。イランイラク戦争と湾岸戦争の時、イラクは北朝鮮のノドンミサイルを使ってイスラエルを攻撃した。北朝鮮の核がミサイルと共にイスラム原理主義者やイランに売られた時のことをアメリカは恐れている。この恐怖への対応は韓国の平和よりもアメリカにとって優先事項である。

2. イスラエルと朝鮮半島

今日、産業の素であるCPUのインテルの主力工場はイスラエルにある。イスラエルを東京とすると、山梨がシリア、千葉がレバノンのような立地である。そこにテロリストが拠点を持っている。そんな距離感のところだからトンネルでも掘られて核兵器が持ち込まれたら防ぎようがない。だから、イスラエルはパレスチナ人を人質のようにユダヤ人と混住させ、身の安全を図らなければならない。ヨルダン川西岸と東イスラエルはそのために支配しなければならない。イスラエルは今やアメリカの先端企業の提携企業やベンチャー企業の集積地となっており、イスラエルの崩壊はアメリカにとって計り知れない打撃である。

一方、アメリカにとって朝鮮半島の核は日本の核武装に繋がる。日本はプルトニウムもミサイルに転用できるロケットも保有している。東アジアに中国、朝鮮、日本という核武装地帯ができることは太平洋の支配権を失うことになるだろう。そこにロシアも加われば最悪。アメリカという国は日本や韓国のように状況対応でふらつく国ではない。戦略的に動く国である。韓国はこの事がわかっていない。アメリカは北の核施設やミサイルを破壊する機会を狙っている。それは地上軍は送らず、無人爆撃機やステルス戦闘機、潜水艦やイージス艦から発射される巡航ミサイルによって壊滅させようということである。アメリカにとって北朝鮮の核の備蓄段階は何としても避けたいのである。日本にとって最も望ましいのは犯罪国家北朝鮮の支配をめぐってロシアと中国が衝突し、へとへとになってくれることだろう。

3.イスラエル は 世界をリードする産業国家

 日本にとってイスラエルは殆ど意識されない遠い国家に見える。一方、中東は石油の供給源であり日本の産業の生命線であるようだ。しかし、今や産業の素はCPUである。中でもインテルのCPUは最も大きな役割をもっている。これを生産しているのがイスラエルであることが知られていない。今やインテルの戦略はPCからAI、自動車産業にシフトしており、その中心をイスラエルに置いている。この本はイスラエル礼賛に満ちており、読むにはうんざりするが、それにしてもイスラエルの発展ぶりには驚かされる。日本がどんどん取り残されていることに、空しさを感じるほどだ。著者米山氏はイスラエルのベンチャーと軍事技術を核とした発展に羨望の念を持ってレポートしているのだが、必ずしもこの国に住みたいとか幸せを感じてはいない。
 イスラエルの発展のきっかけは東西冷戦の終結とソ連の崩壊である。もともと、移民の受け入れに熱心であったが、1882年からロシア・東欧から3.5万人が皮切りに建国以来だが123万人、戦後の移民の300万人の3分の1を超える。彼らはソ連で教育レベルの高いグループでソ連崩壊後、ロシアに見切りをつけて移民してきた。ソ連時代もポグロムといった迫害でユダヤ人は苦難の道を歩んだが、そのつけがきた。イスラエルの特徴はエリート教育と徴兵制にある。諜報機関モサドは有名だが第4次中東戦争の教訓として8200部隊という諜報サイバー部隊と、タルビオットという徴兵者30人を毎年選抜し、理工系技術者集団をエリート教育し、新兵器の開発に当たらせる仕組みを持っている。ドローン、自動運転技術、顔や指紋認証、アイアンドームと呼ばれる近距離ロケット砲防御システム、弾道ミサイル迎撃のアローミサイル開発など世界の軍事技術をリードするに至った。今後、レザー砲、レールガンなどの新技術は彼らが開発すると予測される。また、18歳で徴兵された若者は3年後、平均12カ国を周り世界を体験して45%が大学に進学する。そうした費用は徴兵期間中に貯金ができ、これが学資にもなる。だから彼らの大学入学年齢は23歳以上になり、現役入学生が重んじられる日本とは違う。彼らは高い目的意識をもって大学生になるのである。日本では到底実現できない社会システムである。
 移民の国であることから、ベンチャーに対して果敢な挑戦をする。彼らは3回ぐらいは失敗し、そこから学んで成功体験を得るのである。8200部隊はサイバー情報部隊であり、5000人ぐらいが従事しているが実態は不明である。近年ではシリアの核施設を破壊する情報、また、イランのウラン濃縮プラントを無力化することに成功している。こうした軍事技術関係者がアメリカでは大学教授になったり、車の自動運転、ウーバーのようなタクシーのスマホ利用の相乗りシステムなどを生み出している。
 エリートの育成に対して徴兵制を基盤に、高等教育への仕組みも機能している。幼児教育から大学教育に至る仕組みは我が国の教育制度もそれほど劣っているわけではない。しかし、その内容として、ユダヤ教のトーラ、タルムードといった3000年の古典にもとずく民族の知恵が支えている。日本でも古典文学を学ぶが生活からは切り離される。このことは日本では真似のできない点である。
 イスラエル人、ユダヤ人は議論好きであり既成概念の打破に熱心である。混沌の中、生存をかけてソルーションを見出す力はすごい。しかし一方では自己主張の強さ、自分本位といった批判もあり、イスラエルに住むと緊張感が高く、幸せな国かどうかは移民の事情もあり、出身地との相対的なものであろうか。日本人は規則遵守に価値をおく。移民をあまり活用してこなかった。保守的な官僚がネックだが、社会は平和であり、安定した秩序のなかにある。優秀な人間は官僚、医師、大企業に行き、学者にはなってもベンチャーに行かない。このことが今日の低迷を招いている。常にイノベーションを生むイスラエルと日本の良さを交換するダイバーシティが求められる。著者の願いでもある。

4.イスラエルとトランプの最悪、恐怖のシナリオ

トランプは長老派プロテスタント。ところが、アメリカにはイスラエルとユダヤ人を善、アラブを悪と決めつけ、ユダヤに同調する人々が5000万人もいるという。当然トランプ支持だ。トランプは彼らにエルサレムを首都と認めることを公約してるとは。娘のイワンカ夫婦がユダヤ教徒でありアメリカでもユダヤ派の右翼。イスラエルのネタニアフ首相は相変わらずパレスチナを押さえ、オバマ元大統領を無視し、ヨルダン川西岸の植民を続けてきた。パレスチナ人は反発しようにも職や医療はエルサレムに頼らざるを得ない。そこを見透かし、決断した。
トランプは12月6日、ホワイトハウスで演説し、公式にエルサレムをイスラエルの首都と認め、国務省に対しテルアビブにあるアメリカ大使館をエルサレムに移転する手続きを始めるように指示したと表明した。恐ろしい事が起きるかもしれない。イスラエルは核保有国だから、今はアラブは手が出せない。北朝鮮が彼らに核を提供したらどうしようもない。その恐怖からアメリカの北への先制攻撃が正当化されたら最悪だ。「エルサレムをイスラエルの首都と認める時が来た。これは、現実を認めるということだ。そしてこれは正しい行動でもある」トランプ氏はまた、イスラエルとパレスチナの「双方が受け入れられる和平交渉」を目指して努力することを表明し、もし双方が同意したら、二国間で問題を解決することを支持すると述べた。これは言っていることとは逆さまで、アメリカが仲介者の立場を放棄し、クリントン以来の政策を放棄したという事だ。イスラエルを一方的にバックアップするということです。
しかし、マスコミの報道では、パレスチナ側やアラブ諸国、イラン、トルコなどの強い反発と、西欧諸国の批判に晒されている。反対意見に耳を貸さない彼はアメリカファーストの大統領だから、選挙公約を実行するだけのことと考えたのだろう。彼はいつも強気の姿勢を崩さず、壁にぶつかるまで貫くことが正しいと思っている。パレスチナの人々の苦難や反発は単なる攻撃にしか見えない。武力で押し切れる範囲と考えているか、どこかでハンドルを切る覚悟があるとは思えない。彼の思考は独裁者と同じに見える。IS I Sはコバニを放棄して脅威ではなく、イランもイスラエルを攻める気配が無い。国際的に影響力のあるメルケルも今は不人気。フランスのマクロンは新米。イギリスのメイ首相はEU脱退で手一杯だから、建前として批判はしても何も出来ない。イスラエルはパレスチナを押さえ込んでいる今こそチャンスと読んで今回の表明になったのだろう。その影にはイスラエルの要請があるはず。今こそ彼らが最も安定しているのかもしれない。宿敵シリアは内戦、サウジアラビアはお家騒動だから身動き出来ない。ロシアゲートはしつこく追及されて、今こそアメリカ国民の目をそらすにはこれしか無い。中東がキナ臭くなれば、イスラエルが武器を買うから、また景気が良くなり、自分が支持される。もし、こんな発想と現実認識だとすると、それはとんでもない思い違いだ。困ったことに、歴史の中には、思い込みや、リーダーの賭けのような判断で、恐ろしい結果を招いた実例は多い。ヒトラーや日本もそうだった。イスラエルの作戦はアメリカを立てることによって、アラブの不満をアメリカを引き込み、自分達の負荷を減らしたい。それは、日本が尖閣や北朝鮮対応でアメリカを引き込みたいのと同じだ。自国の安全が全てのシナリオ。そこで、普段忘れてしまうイスラエルの歴史を読み直してみる。

5. アラブ諸国とイスラエル

イスラエルの存在に対して、パレスチナ国家設置と難民帰還はアラブの大義としてイラクやイランのイスラエルの攻撃理由となってきた。しかし、このアラブの大儀なるものはそもそも、かなりいい加減な歴史的経緯を持っている事を日本の報道は書かない。今日ではイラクのフセイン政権崩壊後死語になりつつあるのだが。イランは本来イスラエルと戦う理由がなく、閣僚に親イスラエルである事が分かって解任された奴がいたくらいだ。アフマディネジャドの過激な論調は国内の不満をそらすためだ。そもそもアラブの大儀なるものの正体は第一次中東戦争ーイスラエル独立戦争の真実において最近明らかになっている。ベングリオンの日記が公開された。ヨルダンのアブドゥーラ国王はシリアを自分のものにしようとイスラエルを巻き込んだ。ヨルダン川西岸含めトランスヨルダンはベングリオンと分割する話がついていてパレスチナ人の運命は決まっていた。イギリスの良い子だったヨルダンの覇権を防ぐためアラブ諸国はイスラエルを攻撃した。確かに映画アラビアのロレンスでもイギリス軍アレンビー将軍とファイサルは一緒にダマスカスに行って仲が良さそうだった。ヨルダンはイスラエルにシリアを攻撃させて、そのどさくさにシリアのイスラエルからの防衛という目的でダマスカスを支配しようとした。これはイスラエルに手を焼いていたイギリスの思惑に一致した。イギリスの中東間接統治に繋がってしまうとアラブ諸国は恐れていた。ヨルダンがシリアを諦めればアラブはやる気がない。第一次中東戦争はイスラエルを海に追い落す戦いではなかった。所詮これはアラブ諸国の王侯達の勢力争いでそこをイスラエルが善戦したため何も手を出せなくなったアラブの犬の遠吠えがアラブの大儀なるもの。はじめからパレスチナ人なんか目じゃない。彼らは今ではイスラエルのゴミ拾いかポンコツ自動車の修理でもやってりゃいいと思ってる。これがアラブの本音。「放火が実は火事場泥棒目的」というのは第二次中東戦争(スエズ動乱)でもイスラエルが使った。あの辺では一般的のようだ。イスラムも「商人の論理」だからね。シリアの動きとか…。独立戦争時、開戦の4日前、アンマンでアブドゥーラ国王とユダヤ機関(創建イスラエル政府)を代表して秘密裏に「独立戦争」の落としどころきを交渉していたのは「初代鉄の女」ゴルダ・メイア。国家独立を急いでくれるな」とのヨルダン国王の要請に対し「2000年待ちました。急いでるですって?」と一蹴した。日本人の理解する「アラブの大義」の胡散臭さは次のブログがよく表している。http://blog.goo.ne.jp/mugi411/e/dc9f3e95edd71f668722e90cd63c9054 ここの末尾のリンク「関連記事 パレスチナ」にも出てくるが、「ブラック・セプテンバー(黒い九月)」事件がそのヨルダンのパレスチナ人に対する本音の典型的な回答。それが「ミュンヘン」事件に連なり、ゴルダ・メイアがテロの下手人たちに対する報復「神の怒り作戦=Operarion Wrath of God」を発令することになるのは映画「ミュンヘン」で描かれた。今のイスラエルは強硬派リクードのネタニアフ政権である。民主党政権はその外交政策でパレスチナに対する支援をうたうが、こうした歴史的経緯をどこまで学んでいるやら。アラブの本音を良くつかんだ上で外交やらなければ世界は渡れない。第4次中東戦争のこと。1973年にエジプトとシリアがイスラエルをスエズ側とゴラン高原から攻撃したが、イスラエルのヨムキプールという贖罪日で国民全体がお休みになる時を狙って行われた。我が国では産油国が石油の輸出停止と原油価格の高騰によってパニック状態になったことが記憶にあるが、その戦闘の実態はあまり知られていない。しかし、この戦争が、20世紀の世界史に与えた影響は極めて大きい。OPECの台頭、米国とイスラエルの関係が強化され、また、エジプトと当時のソ連との結びつきが後退し、パレスチナの難民の絶望的な孤立化の始まりでもある。湾岸戦争やアメリカのイラク侵攻もこの戦争に源を発している。
第3次中東戦争は6日戦争と言われ、アラブ諸国・エジプトにとって屈辱的なイスラエルの勝利となったが、その巻き返しを図ったのがこの第4次中東戦争である。この戦争後、今日のエジプトとイスラエルの関係は固定化され、国境も決まる。シリアはゴラン高原を取り戻す事ができなかった。戦況として、緒戦においてはヨムキプールの隙を衝かれたイスラエルはシナイ半島とゴラン高原で後退を余儀なくされ、これまでの連戦連勝の自信を打ち砕かれる。この首謀者がエジプトのサダトである。エジプトとシリアはソ連製の近代兵器である、対戦車ミサイルSAGAや対空ミサイルSAM,対戦車兵器RPGを駆使して大規模な戦車戦を仕掛ける。当初イスラエルはアラブ側の近代戦能力を侮り、戦線を後退せざるを得ず、不敗神話は打ち砕かれた。しかし、ゴラン高原とスエズ運河の両面におけるイスラエルの奮戦で、後半戦で押し返される。これはほんの三週間くらいの戦争であるが、その規模はかつてのナチスドイツとソ連のクルクスでの大戦車戦以来のものであった。イスラエルの反撃に対して、後押ししている米ソの軍事的緊張も高まり、まさにその代理戦争の様相を見せ始めたとき、キッシンジャーの調停策が功を奏し、第3次世界大戦への道には至らなかったキワドい戦争でもあった。イスラエルはゴラン高原での奮戦と、スエズ運河を越えた巻き返しによって危機を脱する事が出来た。このときのスエズでの英雄が後のイスラエルの首相であったシャロンである。緒戦の情報収集の誤りは時の政権に大きなダメージとなった。これをきっかけに、かつてシオニズムを軸に建国の主体であった労働党は後退し、パレスチナ政策に強硬な右派、リクードが台頭するのである。この戦いには後半イラクも参戦しており、湾岸戦争へとつながっていく。このとき既にイスラエルは核兵器も所有していた筈である。

6.国際情勢の要

今回のイスラエルとトランプのエルサレム首都宣言は一時的に中断していたアラブとイスラエルの抗争を進展させることになるかもしれない。アラファトのインティファーダの再開が有りうるような報道が日本ではなされている。しかし、そんな単純なものではない。ロシアはアメリカに仕返しするために北朝鮮の核ミサイルをイランに仲介するか、陸路を輸送協力するかもしれない。トランプはよくも悪くも、この事で、世界史に名を残した大統領になる恐れがある?一方、イスラエルは世界が丸焼けになろうとも、自国が安全でありたい国。当然、核兵器も持っている。アラブ諸国はこれから核兵器を持ちたいだろう。そこで北朝鮮が登場。アメリカがこの線を訴えて国内世論を高め、北朝鮮を攻撃することが最も恐ろしいシナリオである。

[PR]

イスラエルと日本はアメリカ合衆国の子分となり、身の安全を図ってきた。日本がアメリカの言うことを聞いてさえいれば、上手く行くと思い、へんてこな、トランプ政権とも仲良くしてる。それに対して、イスラエルはアメリカにおけるユダヤ人勢力やロビー活動を通じて、大きな影響を与え、支援を受けている点が大きな違い。日本は停滞の20年間ですっかり先進国の発展から取り残された。一方イスラエルはしたたかで、賢い。医療、製薬、軍事、セキュリティ、AI、ベンチャー企業など人間が生存に必要な分野に特化し、イノベーションを続け、アメリカの企業は彼らを取り込もうと躍起である。日本はユダヤ人に習い、戦略的に国際社会で生きる道を整えるべきだ。日本は中東の石油の輸入に依存しているため、どうしても アラブに同情的。確かに、ドイツのユダヤ人イジメは物凄く、600万人が殺された。また、イスラエル建国や中東戦争は彼らの犠牲に立ったものである。NHKのニュースではトランプのイスラエルの首都をエルサレムとする宣言にパレスチナ人の反発のデモが大騒ぎのように報道されている。彼らの怒りはごもっともかもしれ無い。しかし、現実はそうだろうか。ネタニアフ政権は相変わらずヨルダン川西岸の住宅開発とユダヤ人移住を進めている。オバマが批判してもどこ吹く風。NHKやニュース解説の達人、池上彰氏も言わないが、日本ではパレスチナに同情的な報道が受ける。その理由はいくつかある。まず、現実を認識しようとしない。同情の的であるヨーロッパから移ってきたユダヤ人は既に高齢者である。戦後70年も経つから、当時20歳の若者さえ90歳、ホロコースト経験者は希少なのである。彼らの二世ですら高齢者である。イスラエルの政党は労働党とリクード、共産党など10以上の多数政党だが、日本人がイメージするユダヤ人は労働党で、当時の首相はアラファトとオスロ合意を成し遂げ、対アラブに寛容な姿勢であった。ラビンは暗殺された。


彼らはリクードに政権の座を譲って今はネタニアフが首相だ。リクードの支持母体は戦後、アフリカやロシア、中東から移ってきたユダヤ人で彼らは中東戦争を支え、上昇志向も強い。イスラエルの医療はユダヤ人が握っている。パレスチナ人は彼らの医療を受ける事ができる。ヨルダン川西岸の入植者はこうした新手のユダヤ人であり、パレスチナ人に囲まれても平気で暮らしている現実に目を向けなければならない。彼らが入植すると住宅を建てるが、その住宅を建てる労働者はパレスチナ人なのだ。彼らはお陰で失業者にならない。入植者のお陰で生活が成り立つ何とも皮肉な結果なのである。

アラブの大義としての反イスラエルはイラクのフセインが言い出した事で既に死語だ。反イスラエルはイランイラク戦争の失敗をアラブの大義で覆い隠すのが狙いだった。そもそも、アラブは一枚岩ではない。仲が悪い。ヨルダンは第一次中東戦争の仕掛け人だが、本来ならアラブの盟主のフセイン家だが、サウジアラビアにメッカがあるため、スンニー派の原理主義者のサウド家にお株を取られ、かつ、フセイン家の奥方はイギリス人である。イスラエルの仇敵はシリアだが、第2、第3次中東戦争でイスラエルに完敗。今や内乱でアサド大統領は身動き出来ない。イランはイスラエルを敵とみなし、テロ集団ハマスの本家だが、これはイスラエルをアメリカの傀儡とみなし、反米のとばっちりなのである。イランとサウジアラビアはシーア派とスンニー派の千年来の敵同士。イランは隣のレバノンの混乱に乗じ、ヒズポラをイスラエルがレバノンに攻め込まないように送り込む。ガザ地区はハマス支配だが、イスラエルに封鎖された。ガザ地区から2000年から2006年にかけて4000発のロケット弾と迫撃砲弾の攻撃を受け、また、2012年には400発のロケット攻撃を受けた。イスラエルの迎撃はこのロケットを当初40%、後には80%迎撃している。イスラエルのロケット技術はすごい。このことの報道は少なく、ガザ地区に対するイスラエルの黄リン弾使用などが非難された。2017年イスラエル空軍機にシリア軍がS200地対空ミサイルが発射されたが、これをアロー2という対ロケットミサイルが撃墜した。戦闘機を狙ったロケットを撃ち落とす技術を持つに至ったのだ。ガザ地区ではイスラエルにハマスが封鎖され、今やイスラエルは軍事的には最も安定した時代なのである。この簡単な事を何故報道しないのだろうか。イスラエルはこうしたアラブの不協和音を敏感にかぎとり、ここぞと親ユダヤのトランプを招いたのである。


[PR]

トランプは長老派プロテスタント。ところが、アメリカにはイスラエルとユダヤ人を善、アラブを悪と決めつけ、ユダヤに同調する人々が5000万人もいるという。当然トランプ支持だ。トランプは彼らにエルサレムを首都と認めることを公約してるとは。娘のイワンカ夫婦がユダヤ教徒でありアメリカでもユダヤ派の右翼。イスラエルのネタニアフ首相は相変わらずパレスチナを押さえ、オバマ元大統領を無視し、ヨルダン川西岸の植民を続けてきた。パレスチナ人は反発しようにも職や医療はエルサレムに頼らざるを得ない。そこを見透かし、決断した。

トランプは126日、ホワイトハウスで演説し、公式にエルサレムをイスラエルの首都と認め、国務省に対しテルアビブにあるアメリカ大使館をエルサレムに移転する手続きを始めるように指示したと表明した。

恐ろしい事が起きるかもしれない。イスラエルは核保有国だから、今はアラブは手が出せない。北朝鮮が彼らに核を提供したらどうしようもない。その恐怖からアメリカの北への先制攻撃が正当化されたら最悪だ。

「エルサレムをイスラエルの首都と認める時が来た。これは、現実を認めるということだ。そしてこれは正しい行動でもある」

トランプ氏はまた、イスラエルとパレスチナの「双方が受け入れられる和平交渉」を目指して努力することを表明し、もし双方が同意したら、二国間で問題を解決することを支持すると述べた。これは言っていることとは逆さまで、アメリカが仲介者の立場を放棄し、クリントン以来の政策を放棄したという事だ。イスラエルを一方的にバックアップするということです。

しかし、マスコミの報道では、パレスチナ側やアラブ諸国、イラン、トルコなどの強い反発と、西欧諸国の批判に晒されている。反対意見に耳を貸さない彼はアメリカファーストの大統領だから、選挙公約を実行するだけのことと考えたのだろう。彼はいつも強気の姿勢を崩さず、壁にぶつかるまで貫くことが正しいと思っている。パレスチナの人々の苦難や反発は単なる攻撃にしか見えない。武力で押し切れる範囲と考えているか、どこかでハンドルを切る覚悟があるとは思えない。彼の思考は独裁者と同じに見える。IS I Sはコバニを放棄して脅威ではなく、イランもイスラエルを攻める気配が無い。国際的に影響力のあるメルケルも今は不人気。フランスのマクロンは新米。イギリスのメイ首相はEU脱退で手一杯だから、建前として批判はしても何も出来ない。イスラエルはパレスチナを押さえ込んでいる今こそチャンスと読んで今回の表明になったのだろう。


その影にはイスラエルの要請があるはず。今こそ彼らが最も安定しているのかもしれない。宿敵シリアは内戦、サウジアラビアはお家騒動だから身動き出来ない。ロシアゲートはしつこく追及されて、今こそアメリカ国民の目をそらすにはこれしか無い。中東がキナ臭くなれば、イスラエルが武器を買うから、また景気が良くなり、自分が支持される。もし、こんな発想と現実認識だとすると、それはとんでもない思い違いだ。困ったことに、歴史の中には、思い込みや、リーダーの賭けのような判断で、恐ろしい結果を招いた実例は多い。ヒトラーや日本もそうだった。イスラエルの作戦はアメリカを立てることによって、アラブの不満をアメリカを引き込み、自分達の負荷を減らしたい。それは、日本が尖閣や北朝鮮対応でアメリカを引き込みたいのと同じだ。自国の安全が全てのシナリオ。そこで、普段忘れてしまうイスラエルの歴史を読み直してみる。


イスラエルの存在に対して、パレスチナ国家設置と難民帰還はアラブの大義としてイラクやイランのイスラエルの攻撃理由となってきた。しかし、このアラブの大儀なるものはそもそも、かなりいい加減な歴史的経緯を持っている事を日本の報道は書かない。今日ではイラクのフセイン政権崩壊後死語になりつつあるのだが。イランは本来イスラエルと戦う理由がなく、閣僚に親イスラエルである事が分かって解任された奴がいたくらいだ。アフマディネジャドの過激な論調は国内の不満をそらすためだ。そもそもアラブの大儀なるものの正体は第一次中東戦争ーイスラエル独立戦争の真実において最近明らかになっている。ベングリオンの日記が公開された。ヨルダンのアブドゥーラ国王はシリアを自分のものにしようとイスラエルを巻き込んだ。ヨルダン川西岸含めトランスヨルダンはベングリオンと分割する話がついていてパレスチナ人の運命は決まっていた。イギリスの良い子だったヨルダンの覇権を防ぐためアラブ諸国はイスラエルを攻撃した。確かに映画アラビアのロレンスでもイギリス軍アレンビー将軍とファイサルは一緒にダマスカスに行って仲が良さそうだった。ヨルダンはイスラエルにシリアを攻撃させて、そのどさくさにシリアのイスラエルからの防衛という目的でダマスカスを支配しようとした。これはイスラエルに手を焼いていたイギリスの思惑に一致した。イギリスの中東間接統治に繋がってしまうとアラブ諸国は恐れていた。ヨルダンがシリアを諦めればアラブはやる気がない。第一次中東戦争はイスラエルを海に追い落す戦いではなかった。所詮これはアラブ諸国の王侯達の勢力争いでそこをイスラエルが善戦したため何も手を出せなくなったアラブの犬の遠吠えがアラブの大儀なるもの。はじめからパレスチナ人なんか目じゃない。彼らは今ではイスラエルのゴミ拾いかポンコツ自動車の修理でもやってりゃいいと思ってる。これがアラブの本音。「放火が実は火事場泥棒目的」というのは第二次中東戦争(スエズ動乱)でもイスラエルが使った。あの辺では一般的のようだ。イスラムも「商人の論理」だからね。シリアの動きとか。独立戦争時、開戦の4日前、アンマンでアブドゥーラ国王とユダヤ機関(創建イスラエル政府)を代表して秘密裏に「独立戦争」の落としどころきを交渉していたのは「初代鉄の女」ゴルダ・メイア。国家独立を急いでくれるな」とのヨルダン国王の要請に対し「2000年待ちました。急いでるですって?」と一蹴した。日本人の理解する「アラブの大義」の胡散臭さは次のブログがよく表している。http://blog.goo.ne.jp/mugi411/e/dc9f3e95edd71f668722e90cd63c9054 ここの末尾のリンク「関連記事 パレスチナ」にも出てくるが、「ブラック・セプテンバー(黒い九月)」事件がそのヨルダンのパレスチナ人に対する本音の典型的な回答。それが「ミュンヘン」事件に連なり、ゴルダ・メイアがテロの下手人たちに対する報復「神の怒り作戦=Operarion Wrath of God」を発令することになるのは映画「ミュンヘン」で描かれた。今のイスラエルは強硬派リクードのネタニアフ政権である。1


民主党政権はその外交政策でパレスチナに対する支援をうたうが、こうした歴史的経緯をどこまで学んでいるやら。アラブの本音を良くつかんだ上で外交やらなければ世界は渡れない。


4次中東戦争のこと。1973年にエジプトとシリアがイスラエルをスエズ側とゴラン高原から攻撃したが、イスラエルのヨムキプールという贖罪日で国民全体がお休みになる時を狙って行われた。我が国では産油国が石油の輸出停止と原油価格の高騰によってパニック状態になったことが記憶にあるが、その戦闘の実態はあまり知られていない。しかし、この戦争が、20世紀の世界史に与えた影響は極めて大きい。OPECの台頭、米国とイスラエルの関係が強化され、また、エジプトと当時のソ連との結びつきが後退し、パレスチナの難民の絶望的な孤立化の始まりでもある。湾岸戦争やアメリカのイラク侵攻もこの戦争に源を発している。

第3次中東戦争は6日戦争と言われ、アラブ諸国・エジプトにとって屈辱的なイスラエルの勝利となったが、その巻き返しを図ったのがこの第4次中東戦争である。この戦争後、今日のエジプトとイスラエルの関係は固定化され、国境も決まる。シリアはゴラン高原を取り戻す事ができなかった。戦況として、緒戦においてはヨムキプールの隙を衝かれたイスラエルはシナイ半島とゴラン高原で後退を余儀なくされ、これまでの連戦連勝の自信を打ち砕かれる。この首謀者がエジプトのサダトである。エジプトとシリアはソ連製の近代兵器である、対戦車ミサイルSAGAや対空ミサイルSAM,対戦車兵器RPGを駆使して大規模な戦車戦を仕掛ける。当初イスラエルはアラブ側の近代戦能力を侮り、戦線を後退せざるを得ず、不敗神話は打ち砕かれた。しかし、ゴラン高原とスエズ運河の両面におけるイスラエルの奮戦で、後半戦で押し返される。これはほんの三週間くらいの戦争であるが、その規模はかつてのナチスドイツとソ連のクルクスでの大戦車戦以来のものであった。イスラエルの反撃に対して、後押ししている米ソの軍事的緊張も高まり、まさにその代理戦争の様相を見せ始めたとき、キッシンジャーの調停策が功を奏し、第3次世界大戦への道には至らなかったキワドい戦争でもあった。イスラエルはゴラン高原での奮戦と、スエズ運河を越えた巻き返しによって危機を脱する事が出来た。このときのスエズでの英雄が後のイスラエルの首相であったシャロンである。緒戦の情報収集の誤りは時の政権に大きなダメージとなった。これをきっかけに、かつてシオニズムを軸に建国の主体であった労働党は後退し、パレスチナ政策に強硬な右派、リクードが台頭するのである。この戦いには後半イラクも参戦しており、湾岸戦争へとつながっていく。このとき既にイスラエルは核兵器も所有していた筈である。


今回のイスラエルとトランプのエルサレム首都宣言は一時的に中断していたアラブとイスラエルの抗争を進展させることになるかもしれない。アラファトのインティファーダの再開が有りうるような報道が日本ではなされている。しかし、そんな単純なものではない。ロシアはアメリカに仕返しするために北朝鮮の核ミサイルをイランに仲介するか、陸路を輸送協力するかもしれない。トランプはよくも悪くも、この事で、世界史に名を残した大統領になる恐れがある?一方、イスラエルは世界が丸焼けになろうとも、自国が安全でありたい国。当然、核兵器も持っている。アラブ諸国はこれから核兵器を持ちたいだろう。そこで北朝鮮が登場。アメリカがこの線を訴えて国内世論を高め、北朝鮮を攻撃することが最も恐ろしいシナリオである。

iPhoneから送信

[PR]
今年はロシア革命という世界史上の大事件後100年になる。その割にはロシアで祭典や大きなイヴェントが少ない。プーチン政権は、ロシア革命を大々的に祝賀できない理由があるのだろう。というより、プーチン政権はかつてのツアーリズムが強いロシアを再生するという思想を持っている。独裁者は失敗してきたのだが、歴史は逆流している。王朝や帝政という権力支配が見直されている。中国も習近平王朝、北朝鮮も金王家に支配されている。
e0195345_04230086.jpg

自分が20代の頃まで、また歴史の学習においても、さらには、マスコミもロシア革命は善であった。民衆が共産党を選択し、党に権力を集中したという理解が行われて、高校時代、社会の教師は歴史の必然だとも言い切った。ところが、革命を推進したはずのスターリンが批判され、ソビエト連邦が官僚制と共産党独裁の名の下に恐怖政治を行ったたことへの拒否感がロシア革命の評価を下げた。ペレストロイカとグラスノスチの結果、情報が公開され、真実が明らかになった。スターリンの批判から、更に今ではレーニンの恐怖政治も公表され、革命は国民に悲惨と暴力、さらには死をもたらしただけのものという見解が生まれた。
ところが、今、ロシアでは若い人逹にスターリンを評価する動きがあるという。独ソ戦を指導しファシズムに勝利したという功績を評価したのであろう。それにしても、ロシア革命におけるロシア人の犠牲は膨大で、独ソ戦以上の悲劇だったのかもしれない。にもかかわらず、恐怖の立役者を評価するという国民性を日本人は理解できない。強い者が正義という恐るべき国民感覚である。土着の国民性は克服出来ない。日本だって、諦観という観念は根強い。

1917年ロシア革命がレーニン、トロッキーのリーダーシップによりケレンスキー政権の打倒に至ったことは事実だが、実相はかなり我々の常識とは違っていた。第一次世界大戦にロシアは疲弊していたが、ケレンスキー政権は好戦的だった。ドイツの参謀、ルーデンドルフはレーニンを亡命中のスイスからモスクワに送りこんだ。多額の活動資金付きだった。彼は敵国ドイツの手先だった。ボルシェヴィキと赤衛軍を組織し、民衆や軍を動員し、革命を成就させるというイメージがあるが、それは後に作られたもの。実際は一部であって軍を掌握してはいなかった。10月革命の映像で、大部隊が正門から感動的に総攻撃するシーンがあるが、これは後に作られた映像で、実は違う。ペテルブルクの冬宮を攻撃したのは小部隊であり、裏口から、急襲したクーデターだった。大した戦闘もなく偶然にも成功してしまったのだ。ケレンスキー政権を逃亡させ内戦に突入した。3月に皇帝を逮捕して権力を握ったレーニンは、広大なロシアの掌握にかかる。そのため、労働組合や、宗教組織を利用し、ソビエトを編成した。ソビエトとボルシェビキに権力を集中したが革命の意義を民衆に伝えて教育する余裕は無かった。都市労働者と農民を味方につけるためにレーニンは土地の分配を行った。
 ブレストリトフスク条約を締結、ドイツと講和すると、バルト三国、ベラルーシ、ウクライナを失った。ウクライナは独立宣言しソビエトに戦争を仕掛けてきた。散々な結果になるが、民衆を説得するため、レーニンは、フランス革命のジャコバン党の恐怖政治を学び、これを徹底し、軍を掌握することに専念、成功する。革命の実態を知る最初の支持者は逮捕され、収容所ソルベッキー島に送り、多くは処刑された。ロシア革命は最初から、殺戮の恐怖にまみれた政治によってはじめられた。1922年のソビエト連邦成立以前から秘密警察によって、理想社会の建設を大義名分に政権内部のエスエルやポルシェビキまで巻き込んで粛清の嵐は第2次大戦まで吹き荒れた。軍を維持するため資金が必要だが、工業が未発達なロシアは農産物や材木を輸出することしか道が無かった。そこで農民の搾取が始まり、反抗的だったウクライナは300万人の餓死者を出した。革命によって土地を与えられ、生産に励んで成功した農民、技術を持った農民は富農として虐殺され、貧農ばかりがコルホーズで集団生活を余儀なくされた。これが、革命の実態だった。惨めな状態を隠すため、エイゼンシュタインなどの芸術家が動員され、捏造報道とプロバガンダ映画が作られた。

 日本の共産党もすっかり騙されたのである。彼らのユートピアは実は奇妙な思想に基づくものであった。ニコライフィヨードロフという人物の宇宙主義思想。レーニンは死後クレムリンに遺体保存処理され、祀られた。まるで、エジプトのミイラではないか。実は同じ考えだった。将来生命復活技術が発達し、その時レーニンは復活するという信仰があった。いや、人間は不死になるため、 地球は人間で溢れるだろうから、宇宙に居住するしかない。そこで、革命後、宇宙開発が始まり、ツィオルコフスキーの大気圏脱出のロケット技術が生まれた。ソ連の人工衛星と有人衛星があれほど早く開発されたのはロシア革命以来の研究の成果だったのだ。
1917年以降のロシア革命やレーニン、スターリンの政策や悲惨な国民の状態はここでは述べない。多くの証言者は既にこの世にいない。生き残って歴史を知らない連中が、ロシア革命やスターリンを賞賛してるに過ぎない。既にレーニンは最悪の指導者になっている。ロシア革命が祝賀されない理由があるのだ。今のプーチン政権はかつてのツアーの復活がロシアを再生させると信じている。



ロシア宇宙主義 
[PR]
中国は共産党大会で習近平独裁の方向を明確にした。習近平が良識ある指導者であっても、彼の立場を利用して対外的にも他国の迷惑を意に介さない傍若無人な事象が出てくるだろう。かつての日本も天皇陛下の名の下に虎の威を借りた権力的な輩が軍や警察、一般人の中にも多く現れ、世の中を苦しめた。

習氏が大会開幕日に読み上げた政治報告は「中国の特色ある社会主義」が新時代を迎えたと強調し、約30年後の建国百周年までに「社会主義現代化強国」を構築すると宣言した。これから行われるであろう事象は、体制の正当性を示すための歴史の捏造や、嘘で塗り固められた習近平の政策の成果である。日本への圧力は歴史認識や領土問題など強まり、理不尽な出来事が増えるはずである。中国というのは国内を見ると、カオスであるが、対外的には全く自分勝手で迷惑な連中である。一帯一路で中華帝国の復活を狙うのは勝手だが国際ルールに則りチャレンジしてもらいたい。

韓流ドラマで驚くのが、彼らの世界も歴史も噓で塗り固められたような筋書きである。整形で顔まで変形し、自分の名前を偽り、陰謀を企てる男女のしがらみの攻防は韓流ドラマとして人気がある。いわゆる韓流ファンはこれを見て奇異に思わないのだろうか。実にいいかげんなストーリーなのだ。韓国人の頭の中身がこんな調子だとすれば相当用心しなければならない。歴史の歪曲は彼らのお得意技。特に、共産主義者達のプロパガンダは、写真の偽造にはじまり、学校で教える歴史に至るまで、出鱈目で塗り固められたものだ。こうした中で、日本は国際交渉も行なわざるを得ない。
 噓は彼らには戦術であり、方便、不正も手段なのだ。民族の抗争、大国の支配の中で生き抜いて来た彼らには他の国や他民族に嘘をついたり、罠にかけることは正義でもある。我々日本人は厳しい国際的な緊張には慣れていないし、そうした中から生まれた強力な自己主張に押されてしまう。尖閣諸島の領有権、慰安婦問題が良い例である。
韓国文化、竹島問題、日韓併合、慰安婦問題、韓国経済の評価、拉致問題、北朝鮮の核武装、日韓の重大問題において日本の認識を誤らせるあらゆる出鱈目が煙幕のごとく張り巡らされている。これらを解きほぐし、幻想を打ち破り、覚醒しなければ日本人は国際社会では生きることができない。
 北朝鮮による犯罪行為、拉致被害者は韓国においては政府の公式認定で拉致された人数は486人であり、日本人の17人を遥かに越える。また、他国にも被害者がいる。しかし、最大の人質は日本からの帰還者である。1959年に最初の帰国船が新潟県の新潟港から出航、1984年まで続いた。93,340人が北朝鮮へと渡り、そのうち少なくとも6,839人は日本人妻や子といった日本国籍保持者だった。その親族は多くが日本に住んでおり、いわば人質状態で、北朝鮮政府から脅迫的な送金を強いられている。誘拐された日本人17人だけの問題としてこれを対応しようとすることは全く解決の道から外れる。取るべき方法ではないのである。北朝鮮政府ー金一族の失脚しか解決の道がない。彼らの拉致を正当化しているのが、これも強制連行とか、慰安婦問題が存在したとする捏造的歴史観から来ている。今我々に出来る事は、この歴史認識を正す活動を国際的に行なう事から始まるのである。

戦争は悪である。日本がこれまで以上の武力を持つことも危険である。しかし、外交も武力を背景に行われてきた。話し合いが必要である。しかし、犯罪行為や脅迫が話し合いで解決できるだろうか。犯罪は刑事事件として警察にお願いするしかない。しかし、国家間という世界には警察がいない。力のある大国が武力で威嚇し交渉するしかない。わが国が自力で中国や北朝鮮に対峙するには戦前のような軍国国家になるおそれがある。徴兵制も必要である。唯一の被爆国である日本が本来核廃絶を訴えねばならないが、核保有国として対応せざるを得ないのである。

弱肉強食のジャングルがお隣の実態に対し、わが国は日米同盟という選択をしている。この現実が対米従属にならない努力が安倍外交に求められている。今後のアジアは中国の勝手な振る舞いに悩まされ続けるだろう。

[PR]
トランプ大統領が意味深な発言を繰り返している。このままでは戦争への道を歩んでいるようにも見えるが、これはあまりにも両国にとってマイナスしかないから、直接攻撃する選択肢はないだろう。攻撃なら空母カールビンソン、ロナルドレーガンは日本海にいなければならないし、空母は最低5隻は行かねばならない。韓国の斬首作戦など情報が筒抜けで漫画の世界。アメリカは朝鮮半島にいる12万人といわれるアメリカ人を避難させ、戦闘のインフラを整備するのに2ヶ月はかかる。日本人は6万人、中国人は20万人はいる。おそらく、北朝鮮に対してはトランプのサプライズがあるはずである。
 
あるとすれば、トランプー金正恩会談だろう。電撃的な会談が11月の日本訪問の際に、北訪問が行われることがなかった。トランプは何とか金を国外に引きずり出す。トランプが行って金が行かなければ無礼、臆病で笑い者にすれば良い。いずれにせよ、既に段取りのできた日本、韓国、中国を訪問した後であろう。ロシアが協力するかだ。その時各国と調整をするはず。日本も小泉首相が電撃訪問し拉致問題を一歩前進させた。その時、安部首相も行っている。安部首相がトランプとゴルフをしたり長い時間接触し、その時の話をトランプに話しているはずである。話さないわけがない。なぜこの推測をマスコミは言わないのだろうか。報道管制されているに違いない。

これは自分の勝手な予測である。トランプは直談判の好きな、新興企業経営者で、重要なことは自分で行わなければ気が済まない人物だ。交渉力には自信がある。多分、そこでは何も決まらない。若干の譲歩はあるかもしれない。北のICBM製造中止くらいはあるかも。アメリカにとっては、北のミサイルや核はテロリストに売られる恐れもあり、何としてでも止めさせねばならない。ユダヤに支配されているアメリカにとって、イスラエルの防衛も視野にある。
例えばB1の飛行は行わないとかの譲歩はあるだろう。そのために今やたらB1は北朝鮮に接近した演習を行っている。しかし、その狙いは実は別にある。トランプというよりアメリカの軍事筋は金正恩を凶暴な、かつてのカダフィやフセイン、オサマビンラディンと同列に考えているに違いない。そこで、何とか、彼を国外に、例えば中国に引き出し、中国政府に監禁させる、または、西側であればスゥエーデンあたりに誘い出し逮捕してしまう。かつてはパナマのノリエガを逮捕した。金正恩が張成沢をあれほど残酷に粛清したのは実際に中国と結託していたかもしれない。だから、金正恩は絶対に中国に行こうとしなかった。中国と冷えた関係であるのはその警戒感の現れである。そうなれば、中国での逮捕は無理である。暗殺は警戒が強く無理。ご招待で逮捕という道しかない。
そこから、北がどう出るかは分からないが、金タマを抜き取られた北朝鮮は崩壊するだろう。金正恩をアメリカにご招待するかもしれない。そうすれば、ことは簡単だが多分先方も警戒して乗ってこない。とにかく、戦争に至らない唯一の方法は金正恩逮捕しかない。
11月のトランプアジア歴訪では何も起きなかった。万一核戦争になる危機になれば、中国が侵攻するかもしれない。あるいは北内部のクーデターが起きるかもしれない。誰も金一族と死にたくはないはず。

[PR]
アメリカ合衆国の苦悩ー人種差別
自分はトランプを支持してはいない。しかし、現実を冷静に見ながら評価しなければならない。アメリカのマスコミは正義ではない。気を付けた方が良い。トランプは日本人の目からは変な人物であるが、アメリカという国は常人が通用しない。とゆうより、成功が正義。トランプ政権を見るとき、バイアスには注意した方が良い。特にマスコミのバイアスだ。
バージニア州の人種差別反対の集会に白人至上主義者の車が突っ込み1人の女性が亡くなった。 トランプ大統領のコメントが再び物議を醸している。トランプ大統領のニューヨーク帰還時も1000人を越えるデモ隊がトランプタワーを囲んだという。支持率も35%と低いが、こうした報道をどう捉えたら良いのだろうか。今日、日米のシナリオはトランプ大統領のご機嫌次第という状況である。ニューヨークもバージニア州も反トランプの多いところである。アメリカは州によって国が違う。クリントン支持州はこれほど少ない。アメリカのマスコミは選挙で負けた。この恨みを人種問題に結びつけてトランプに復讐しようというのだろうか。人種問題はアメリカ社会のアキレス腱だ。黒人は全米に散らばっている。カリフォルニアやテキサスではメキシコ人が多い。フロリダではキューバ人、インデアンもいる。さらに、2世3世になれば、世界中の人種の坩堝である。だから、人種では問題が複雑だ。肌の色でいえば、マジョリテイは今も白人である。この、マジョリテイの権利が侵害されているという意識がトランプを生んでいる。
e0195345_14174198.jpg
この地図を眺めながらトランプ大統領のマスコミ批判を考える。この地図の赤い部分がトランプ支持だ。白人が多い州である。人種問題については、アメリカ人は建前と本音が違い、トランプの発言に内心喜んでいるアメリカ人は多い。マスコミはこれを報道できない。選挙時以来、マスコミは国民感情を理解できず、今も上から目線でトランプを批判する。
トランプはこの現実を読んでいる。

「大統領が就任して半年、先週は白人至上主義者のデモに反対するグループとの衝突で死者が出たことや、北朝鮮の金正恩とのミサイル実験に関する応酬などで、世界に衝撃を与えている。アメリカは州によって風土、社会、経済、さらに歴史や道徳も異なる。民族構成も様々で、これらは昔からのことで、トランプ政権への反応も州によって違うのである。
6月末にはサンフランシスコ郊外のフェアフィールド市に住む友人を訪問したが、彼はトランプ大統領をアメリカの恥と言って、いつか弾劾され、4年は続かないと言っていた。西海岸はハイテクやバイオで海外との交流も盛ん。東海岸のニューヨークやマサチューセッツなどは金融や学術などで国際化が進んでいる。ところが、中西部やメキシコ国境の諸州は国内問題に悩んでおり、トランプ支持の地盤である。これらとサンフランシスコとは全く雰囲気が違うのであろう。人種平等とか、アメリカンドリームの現実も実態と理想とは異なり、格差がある。今に始まったことではない。それでも、アメリカには自由とか、合理的な生活、個人の尊重といった、アジアやヨーロッパには無い価値観が独特の暮らしやすさ、また、進取の気性を生んでいる。これが国家発展の原動力である。ところが、こうした公平、公正、自由が時に濫用や、不利益の元になっている。トランプ支持の背景にはそうしたアメリカの国家理念の恩恵を受けていない人々も多くいる。

彼を支持する35%というのは何となくの35%ではない。かなり強固な基盤であると見た方が良い。政治の世界で、35%の強固な支持者がいるとすると、更に、30%の人がなびく。その結果が大統領選挙での結果である。カリフォルニアや、ニューヨークなど、3州を除くとトランプの獲得票はクリントンより多い。民主党ではトランプに共鳴しない議員が殆どであるのは当然だ。共和党内部では議員の70%がトランプの発言に共感しているという現実もある。日本のマスコミはアメリカのマスコミに同調するから、これもバイアスがかかっている。テレビ報道も真に受けない方が良い。一体何を便りにアメリカの報道を受け入れるべきなのだろうか。
オバマ氏は確かに初めての黒人大統領で、われわれ、日本人にはヒューマンで受け入れやすい言動だが、当初から黒人のオバマでは成果は乏しいと言われていた。その揺り戻しがいまおきている。アメリカという国は大きな流れのなかで見た方が良い。トランプという個性の強い大統領の毎回の過激な発言に騒ぎ立てるアメリカのマスコミにむしろ日本の報道は振り回されている。反トランプのキャンぺーンを行ったマスコミとトランプが対立するのは当然だ。アメリカ人はマスコミを信用していない。民主党もマスコミもマイノリティを取り込むことで成り立ってきた。ところが、その構造が変化し、マイノリティから離反されてしまった。離反した人々が引き付けられたのがアメリカファーストというコンセプトである。見事なトランプの作戦勝ち。

何故だろうか。自分は各州の日本人の人口からも見て取れる。アメリカの州で一番日本人の多い州はハワイ、次がカリフォルニア、3番目がニューヨークである。皆反トランプの地盤である。日本人が1万人以上いる州は10州程度だが、そのうちトランプ支持州はテキサスとミシガン位なのである。日本おのマスコミはアメリカの日本人の空気を拾っているにすぎない。

日本のマスコミははもっと信用できないのではないか。北朝鮮のミサイルを騒ぎ立てるが、彼らの資金源が国際統計でみる額では無いことは分かりきっている。中国やロシアの闇経済で成り立っていることを一切報道しないのは何故だろうか。北朝鮮の貿易は表面の数字の10倍の闇経済なのだ。この辺りから疑問を持って新聞も読んだ方が良い。


[PR]