マリア様の家が見つかったか!?

ナポレオンはローマ法皇にキリストは実在の人か?と聞いた。法皇はナポレオン閣下が今実在されるのと同じように確かなことですと答えた。ローマ法皇も恐れぬ権力者の発言だ。しかし、当時の理性信仰が広まっていた、ヨーロッパでは、聖書の記述は信仰の世界であり、歴史的真実ではない。非科学的世界のことと思う人が知識人を中心に多くなった。これは19世紀には支配的な考えだった。ところが、イギリスを中心に植民地政策で、中東の支配が進み、考古学が科学的な影響から学問となり、ウルやウルクの発掘、エジプトの王家の墓が発掘されたり、聖書の世界がノアの洪水まで含めて、かなりの真実が証明され始めた。アラビアのロレンスもその発掘考古学者団の一員であった。エルサレムやガリラヤ湖の周囲のイエスキリストが伝道した諸都市も第一次、第二次大戦、中東戦争などを経て、発掘は遅れていた。第4次中東戦争以降、イエスが伝道したガリラヤ湖周囲の諸都市が発掘され、様々なことがわかってきた。死海文書の解読も行われ、バプテスマのヨハネなどは、エッセネ派の流れということも理解されてきた。イエスキリストがいた時代の生活環境などから、聖書の記述がかなりの事実であることを発見した。又、中には旧約聖書との整合によるこじつけ、後の世に書き加えたり、想像の産物だと見られる部分も明らかになってきた。興味深いのは後の世の名所旧跡や伝承より、聖書の記載の方が予想を越え、正確なことだ。イエスやマリア、ヨセフが実在した諸都市の記述から、イエスだけが存在しなかったことはあり得ないという


今月のナショナルジオグラフィックにその伝道旅行の真実性について特集が組まれた。キリスト教にとって、歴史的な真実かどうかは重要な要素である。それは、キリスト教の神は歴史的世界に現れ、人間に歴史の中でその権威や真理を伝えることが重要な軸となるからだ。旧約聖書も歴史の書である。エルサレムにはイエスが十字架につけられるまでに通った道や、神殿の跡などがあるが、考古学的に立証されたものではない。ところが、1970年以降発掘されたナザレの遺跡には、マリアやヨセフが暮らしていたと思われる住居跡が発掘されている。これらはかなり信憑性が高いものも含まれている。もちろん、イエスのエルサレム入り以降の足跡は新約聖書のハイライトだが、実際にイエスが歩いたのは推定で3年ほどの間ガリラヤ湖の周辺の小さな町々である。これらは何処にあったかはわかっていないものが多い。近年それらが発掘され、聖書に書かれているガリラヤでの伝道の足跡も明らかになってきた。ベテスダの池も修道院の下にあることが発掘された。最初の記述がイエスが育ったナザレの町である。生まれたのはベツレヘムであるとされ、そこには既に聖誕教会があり、毎年クリスマスには礼拝が行われる。観光名所にもなっているが、本当はその場所かどうかは立証されたわけでもない。ナザレには50戸ほどの集落でシナゴーグの跡もある。そこではガリラヤ湖で使う船なども作っていたから大工も住んでいた。そのうちの一人がヨセフだった。マリアが住んでいた家というのは、キリスト教の初期の頃、イエスの家として特定され、既にクリスチャンから礼拝の対象とされた跡が残っているのである。イエスがここで生まれたという説も有力だ。今のカトリックのマリア信仰よりずっと以前にマリアは崇められていたことが分かった。

e0195345_07252116.jpg

マリアの家の近くには、現在の地下聖堂(イエス傳育の杜)と呼ばれる建物群があるが、その地下の地層からは、沐浴場、地下洞、水槽、少し離れた場所にモザイクの敷石が発見されている。構造と様式から、イエスが幼少~青年時代に過ごしたとされるヨセフの家の伝承に良く合致する。マリアの家と同様に粗末な家は、地下洞に隣接していた。内部にはマリアに関する落書きなども見つかっている。

e0195345_15190922.jpg
e0195345_15185031.jpg

ナザレは2つの渓谷に挟まれた、岩肌のゴツゴツする小さな山村と言えるだろう。住民はほとんどが職人か農夫で、オリーブ園やぶどう畑を営農し牧畜を営む農村地帯であり、ガリラヤ湖畔の喧騒とは無縁の土地でもあった。しかし、2世紀にはいると事情が一変してしまう。主イエスの出身地という事で、ユダヤ人キリスト教徒には広く良く知られた聖地となってしまう。ユリウス・アフリカヌスの『年代記』には、主の親族が住んでいると記されているし、2世紀の著述家でユダヤ人キリスト教徒のヘゲシップスも主の親族ユデ(ユダ)の子孫について記述している。ユデおよびその子孫は、ナザレで農夫として過ごし、ユダヤ人キリスト教徒とも暮らしていた。 ナザレ周辺にはイエスの一族が暮らしていた。


[PR]
by katoujun2549 | 2017-12-26 17:43 | Comments(0)