タグ:新政権 ( 2 ) タグの人気記事

 
 何故一番でなければならないのですか?二番ではいけないんでしょうか?これは蓮坊の愚問。二番を目指しては二番も取れないということがわからない。事の重大さもわきまえずに、一国の大統領にtrust me!、菅直人曰、「この国をダメにしたのは誰か?」すかさず聴衆が、「それはお前だ!」これは本当にあった話。そして、無罪とはいえ黒い男小澤一郎のドタバタ。

 民主党政権の3年間は一体何だったのか。日本の民主主義が二大政党制という水準には全く到達していなかった。寄せ集め野党、民主党にまともなことが出来る訳が無い。にもかかわらず、財務省官僚の傀儡、野田に消費税という重大な事が決められてしまった。日本維新の会と民主党内部の分裂に自民党は漁父の利を得た形であった。石原慎太郎の論調というのは、常に敵を作って自分の論理を正当化し、支持を得ようとすることである。これは維新の会の橋下も同じだ。日本国憲法を最悪と敵視、官僚は日本を滅ぼす、銀行といった産業界の頂点を攻撃するといった形で舌鋒はするどいが、大した政策遂行能力が無いことは民主党と同じ、一種のポピュリズム、マスコミを利用し、受け狙いの危険な政策を振り回すことである。今後の野党は民主党を中心には展開しない。あの泣き虫代表海江田がいくら泣いても無駄。歴史の歯車はギアが変わった。野党議員も、いずれは政権を取るだろうと思うから、議員はついて来るのである。敗軍の民主党について来る者はいない。さらに分裂し、政党としての形を取れなくなり、支持母体に対応した複数党に分裂するはず。野党は当面、勢いのある日本維新の会、みんなの党あたりを軸に展開して行くと思う。とにかく、今後の政治は国会の議論、さらには参議院選挙で決まる。

 では、自民党、公明党の体制は世界の動きに間違いなく対応、そして産業の再生を達成出来るだろうか。自分は悲観的である。日本という国は世界の情報を持っていない。一部の企業はそれなりに対応しているが、政府はそうではない。外務省の情報網、あるいはJETROはどうだろうか。そして、 政治家達の最大の狙いは何か。国際情勢分析や海外との折衝に自信のある政治家は少ないし、そのことを一番知っているのは彼等である。彼等が狙っているのはそんなものではない。それは憲法改正である。彼等は歴史に名を残す事が最大の願望である。その最も大きな仕事として憲法改正の立役者になる事であろう。狙いは憲法第九条の骨抜き、国防軍の創設。そのために、日本の防衛予算を捻出し、公共事業をてこにデフレ脱却、景気回復という悪魔のシナリオを描いている。これはまさにかつて、ヒットラーが行なった政策と同じである。ヒトラーがユダヤ人、共産党をターゲットに国民の関心を惹き付け、領土問題(、ズデーテン、ポーランド回廊、チェコ問題)を軍事手段で解決しようとしたことを思い出してもらいたい。歴史に学んでほしい。今度の政権の前に立ちふさがっている難問、領土問題、デフレ、原発ーエネルギー政策は避けて通れない。これらは国内政治に大きな影響を与える国際問題である。さらに消費税と少子高齢化問題、地域経済格差、教育の再生、大震災復興、といった課題は必ずや解決すべきことで、すべて国内で取り組む事である。これが出来なければ日本は終わりである。
 安倍、谷垣、麻生というボンクラ政治家、無能なリーダーに率いられた自公が日本に良い結果をもたらすことができるとはどうしても思えないのである。連中にデフレ解消、インフレターゲットの2%が守れるだろうか。彼等に共通しているのは、人柄の良さに対してリーダーシップの貧しさである。経験はあるが、学識(国際的レベルの語学力、世界観、経営力)が無い。おそらくは、国際情報を自分で一次情報として得る能力は殆ど無い。例えば、IMF総裁に直接電話をして金融情勢を自分で判断出来る人たちではない。これは多分韓国の朴 槿惠(パク・クンヘ)、北朝鮮の金正恩にも劣るだろう。
 とにかく、民主党が真っ当なことができなかった。経済界や官僚との連携をずたずたにして、自分達すら団結出来ないで、何が出来るか。反省しているうちに自壊するだろう。今回の新政権が、安倍のミックスという経済政策と経済諮問会議の再建、経済再生会議の設置を掲げたことは評価出来るが、やはり結果がどう出るかである。暗黒の民主党政権が崩壊したのは喜ばしい事で、それよりは3年前の体制の方がましだったということで、株価も上がった。マインドが上がるという事は経済にとっても良い事で、今回の成果はこれだけである。
2%のインフレ目標は達成される。日銀への恫喝と国土強靭化という名目で13兆円も公共投資が行われれば、一時的には景気は回復、さらに物価も上がる。国民が浮かれたところを狙って憲法改正。そこから始まる悪夢ーさらなるインフレ=悪性インフレを抑制できるのだろうか。今回、金融緩和と同時に、財政難にもかかわらす、公共投資を大規模に行うことだ。政府の構造改革もできていない。そんな中で、国の財政規律は守れるのだろうか。日銀を政府の言いなりにした後は責任を持って日銀の中立性を取り戻せるのだろうか。再び日銀が政府に手なずけられた財務官僚の定席にならないという保証はない。

[PR]
e0195345_10153982.jpg
ささやかなおせち料理をつくり、
今日はお昼ごろ起き、雑煮と日本酒で一杯、お餅もいただきました。東京での正月は、昨年のことを思い出すので、帰るのはやめて、新発田で過ごすことにしました。
瓢湖の白鳥を見に行きました。[#IMAGE|e0195345_1010387.jpg|201301/14/45/|mid|640|480#新発田のアパートで揃えたおせち。炒り鳥は自家製
e0195345_1091865.jpg


年末の政権交代は、経済に取って良い事のように思えますが、楽観はできません。実際は新しい閣僚が決まった他は何も変わっていないのですから。お金は余っているのに、企業の投資意欲が減退している。これを活性化するには地方の産業育成、少子化対策、技術革新への投資、高等教育の支援という大きな課題をクリアしなければなりません。悪性の糖尿病が手術で治らないのと同じです。もちろん、腐ったり、害をなす部分は切除しなければ場ならないのだが、我が国の場合、それは頭とか、手術できないところだから困るのです。デフレ脱却の具体策は金融政策だけでは無理です。自民党は日銀の独立性を責め立て、紙幣の増刷とか、金融緩和を強引に進めようとしています。我が国の少子高齢化、地方との格差など、社会の公平性が放置されて、金融政策が独走すると、悪性インフレがその先に待っている。日本が2%とか、インフレ目標をコントロールできるかどうか、容易な事ではないでしょう。
そんな微妙なコントロールが出来る国なら、こんなことにはなっていない。アメリカとは違いシステムの効かない国なのですから。先進諸国が今、未知の領域に入っており、何が起きるかわからない。
戦争とか天変地変が諸外国で起きたときに全てがひっくり返ってしまう。領土問題は先は北方領土から解決すべきです。二島返還で解決し、ロシアとの国交と経済交流が打開の道でしょう。イルクーツク宣言を確認すればいい。韓国と中国はパス。竹島や尖閣はあまりにも難問で石原などのやり口は危険すぎます。石原は過激なことを言って自分の息子を総理大臣にしたいだけの男です。自民党がやりたい放題をするリスクがあります。そもそも、日本というのはブレーキの利きが悪い社会構造を持っている。中央銀行の独立性を干渉する真の狙いは、軍事力の強化であると見ている。デフレ脱却を大義名分に、活路を軍事予算の拡充とその投資による経済改善を狙っている。このことは、過去の歴史、ヒトラーがドイツで行った事です。ヒトラーはシャハトを更迭し、ゲーリングを財務大臣とした。その結果、坂道を転がるようにドイツは軍事国家の道を直進した。小生のブログをご高覧ください。
http://kenshijun.exblog.jp/11972380/
民主党政権は、何をするにしても、政権内部の足並みが揃わず、かつての政権交代を超える指導理念が無かったことが致命的です。原発一つとっても、エネルギー政策の前に原発賛成反対だけがマスコミを賑わせるのです。とにかく日本のマスコミは変です。そして民主党はマスコミのおかげで政権交代できたわけですから、その実力は推して知るべし。維新の会は地方自治を強化する方向でよい方向を目指しているように見えますが、問題は歴史認識とか、国際感覚が乏しいまま国政をかき混ぜる恐れがあるのです。橋本の政治手法は右傾ポピュリズムで、民主党と同じ。政治の貧困に対し、企業は懸命に生き延びようと努力している。自分のいる地方大学、医療界、サービス業など、皆まじめに苦境から脱しようと喘いでいます。とにかく、地方経済がデフレの影響でパッとせず。収入が伸びないため、地方私立大学に子弟を送る親たちは苦しんでいます。政治家の体たらく(田中眞紀子の大学認可騒動)官僚の傲慢さに比べ、国民は立派です。しかし、いつも損をするのが国民でもある。

[PR]
by katoujun2549 | 2013-01-02 17:17 | Comments(0)