タグ:ロードオブザリング ( 1 ) タグの人気記事

 映画 「ホビットの思いがけない冒険」を見た。映画の題名が残念。「ロード・オブ・ザ・リングー旅の仲間」の前章となるJ・R・R・トールキン著「ホビットの冒険」を映画化した3部作の第1部。これはロードオブザリングのフロドの父親、ビルボ・バギンスの物語だ。あのロードオブザリングの第一作目で、父親が指輪を持つに至った経緯が、この作品で明らかになった。これはまさに指輪物語ではないか。このホビットの思いがけない冒険という題名は何だか幼稚園生が見るような、おとぎ話としか思えない。今回は3D。魔法使いガンダルフ、あのゴラム「僕のいとおしいしと(my precioussss)」が出てくるではないか。あいつが指輪を落としちまう。

 3時間の超大作で、ほとんどロードオブザリングの導入部となっている。あの、ドワーフの王国が、ドラゴンの攻撃によって壊滅し、その生き残りが王国を再興しようと出た旅の道連れにバギンズが取り込まれてしまう。この物語、また、次作が作られる。相変わらずCGを駆使した超迫力映像がこれでもかと続く。第1作目と似た展開である。エルフの裂谷も、王女様も出てくる。ロードオブザリングファンに取っては待ちに待った作品なのだ。

 「ロード・オブ・ザ・リング」より60年前の中つ国(ミドル・アース)を舞台に、指輪の前所有者であるホビット族のビルボ・バギンズが繰り広げる冒険を描く。ドラゴンに支配されたエレボールのドワーフ王国の再建をかけ、旅へ出ることになったビルボは、戦士トーリン・オーケンシールドら13人のドワーフとともに、ゴブリン、オーク、危険が待ち受ける荒野を進む。やがて旅の途中でゴラムと出会ったビルボは、中つ国の運命と深く結びついた指輪を手に入れ……。若きビルボを演じるのは、英国の新鋭マーティン・フリーマン。ガンダルフ役のイアン・マッケラン、ゴラム役のアンディ・サーキスら「ロード・オブ・ザ・リング」でもおなじみのキャストが再登場。不死の種族エルフの王妃ガラドリエルとしてケイト・ブランシェットも出ている。あれから彼女は大女優に成長。監督も「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のピーター・ジャクソンが務める。
e0195345_012519.jpg

この『ホビットの冒険』が3部作として、2012年から2014年の公開に向けて製作中である。
『ホビット 思いがけない冒険』(2012年)
『ホビット スマウグの荒らし場』(2013年)
『ホビット ゆきて帰りし物語』(2014年)


ロードオブザリング登場人物Wikipediaより抜粋
[PR]