<   2016年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 問題は英国ではなくEUなのだ

 エマニュエル・トッド氏が、イギリスのEU離脱原因となったヨーロッパの事情、これからの世界の動き、さらにトッド氏の歴史認識と方法論に関して書かれている。今の日本が中国や韓国に気を取られているうちこの十年の間ヨーロッパでは大きな変化が生まれ、21世紀の中盤は危機を迎えようとしていることに気が付かなかった。これは警告の書である。
 彼の歴史人口学という科学的な手法による歴史解釈と世界の諸問題を洞察する力量に驚かされる。日本は戦後、地政学の視点を失った。かつては、和辻哲郎、ヒットラーの右腕学者であったハウスホーファーなどは枢軸国の理論につながったということで排斥された。しかし、今こそ地政学的な見方は重要である。世界が地理的な位置、気候、人種、家族構成、出生率などで発展に差があり、統一などという概念からは程遠いことも現実だ。しかし、フランスが18世紀に生み出した、自由や平等の概念は今日もなお生き続け、国家形成の重要な要素として尊重する方向と、中国やロシアなど、国家の維持を優先させる方向と今もせめぎ合いを続けている。
 今日、冷戦構造の崩壊以来、アメリカの一人勝ちは、今やアメリカが世界の警察官にはなり得ない状況に転じた。中国の自己主張に対して日本は苦悩してきた。21世紀の前半はアメリカ、中国、ロシア、ドイツが大国として先進国を方向付けている。そこに、フランスやイギリス、日本がどのような役割を果たせるかである。イギリスは国民投票でEU離脱を決定した。これに対して最も怒ったのはドイツのメルケルである。フランスはすでに金融面でも経済面でもドイツに従わざるを得ず、オランド大統領はメルケルにお伺いを立てる立場に成り下がっている。イギリスは自己決定権がEUの中で失われつつあり、特に重要な移民の問題ではデリケートである。当然の話である。メルケルはシリア難民の受け入れを宣言し、喝さいを浴びたが、難民はいずれ北欧やイギリスにも流れてくる。イギリスが通貨をユーロにしなかったのは賢明である。通貨が統合されると、産業の格差に応じた為替調整機能がなくなり、産業が停滞すると労働者はドイツに低賃金労働者として吸収される。ドイツではこうした労働者と、一般国民は区別され、移民は結婚も同化もうまくいかない。若者が減少し続けているドイツの繁栄はこうした移民の上に成り立つ。この構造もいつかは危機を迎えるだろう。その時は周辺国も共倒れである。これを支えてきたイギリスはこんなEUから政治的に支配されるよりは、むしろ、アメリカやカナダというバックアップの方が親近感がある。
19世紀、 イギリスは産業革命の担い手であり、議会制民主主義発祥の国である。自由と平等というフランスの伝統はむしろイギリスと結びついた方がフランスの未来を明るくするのに、統制的なドイツと付き合っている。リベラリズムはそのメリットを一部の支配階級が握るだけで国家の基盤である中産階級以下の層には恩恵がない。イギリスの離脱投票者の判断はイギリスの国家としての自立性を取り戻す行為であり、歴史の必然なのだというのが彼の主張である。
 この本の75Pから185Pは彼の歴史分析の方法とその人口学からみた2030の予測である。そして、後半は世界、特に中国の未来、多発テロに対するフランス国民の行動、キリスト教、特にカトリックの衰退とヨーロッパの近代史を解説している。内容のあつみと読み応えのある著書である。

[PR]
 著者エマニュエルトッド氏は歴史人口学という新たな視点から世界を俯瞰する。日本にはこのようなスケールの大きな学者が少ない。氏は独特の視点からソ連の崩壊、リーマンショック、アラブの春などを予言し、近年ではイギリスのEU離脱を独特の視点から予言してきた。また2015年1月に起きた出版社シャルリ・エプド」襲撃事件後の300万人のデモの正体を「シャルリとは誰か」で明らかにし、批判も浴びた。彼の鋭い視点はどこから来るのだろうか。
 歴史において経済と軍事、社会動態は重要な要素である。歴史学者である彼は、経済学とは違う視点で世界を見ている。経済の問題は軍事のように目に見えないことが多い。統計や消費、株式指標など、3か月~1年以上経ないと統計など判断材料がない。今日、グローバルな国の事情もあり、予測が困難だ。ところが、GDPや購買力実質GDP、人口動態統計、出生率、平均余命、高等教育就学率などから多くを読み取ることができる。トッド氏はフランスにおいてはカトリックの健在な都市や地域特性、家族形態と政治現象も重ね合わせ、新しいい着眼点を得ている。
 本書では今日のヨーロッパが置かれている現実が語られる。それはEU統合後のドイツの一人勝ち状態である。昨年のギリシャのデフォルト危機ではギリシャの経済統計の粉飾やギリシャ人の怠慢、お手盛り年金などが批判されたが、ギリシャの経済を追い込んだのはドイツの経済支配である。ギリシャ国内産業が脆弱になりつつあり、その真犯人はドイツであることを移民政策などから明らかにしている。ギリシャの経済指標粉飾はギリシャがEUに入るようにゴールドマンサックスが粉飾の手伝いをし、ドイツが優秀な人材を移民として吸収し、ギリシャの衰退を招いたことなどを暴露している。ギリシャが衰退することはドイツはメリットである。メルケルはギリシャの金融緩和を抑え、緊縮財政を取ることで締め上げる。
 歴史学者であるトッド氏はイスラムテロ後のフランスの軍事行動や世論が、第二次大戦時にナチスに占領されとときのビシー政権の対応と比較し、反ユダヤ感情をフランスが高め、多くのユダヤ人をアウシュビッツに送ったことを例に、反イスラム主義もカトリック信仰の空白地帯と重ね合わせてこうしたフランスの自由種主義の危機を訴えている。
 今や、メルケルは、ドイツがビスマルクによる大発展を遂げた時代と重なり、東欧、フランスを支配しつつあることを示している。イギリスのEU離脱も、イギリスの外交、経済の主導権をドイツに奪われつつあることの危機を訴えている。ドイツは出生率が日本並みに低く、人口問題を抱えているが、冷戦崩壊の後、旧東ドイツ、東欧やトルコからの移民を使い、また、低賃金の周辺諸国を下請けに、競争力ある工業製品を輸出し、ヨーロッパを支配する経済力を持つに至った。東欧諸国の人々は貧しいが移民は教育水準が高いフランスのオーランドもメルケルの顔色を見ながら追随しているのが実態なのだ。ところが、ドイツも、今回のシリア難民などや出生率sの低下によって、将来の危機を内蔵するリスクを持った国家である。ナチスの時代を生んだ下地はそうした人種差別的階層的な支配構造をもっており、統制的な政治も可能である。一方フランスは自由や平等の歴史を持っている。交通規制で警察が取り締まるときは、高速などで運転者はヘッドライトを点滅させてお互いに警戒を訴える。ところがドイツでは駐車違反をはじめ、違反があれば隣人でも警察に通報するようなカルチャーの違いがある。未来のドイツの崩壊はは即ヨーロッパの崩壊に結びつくほどドイツの影響力は巨大になっている。
 トッド氏はドイツを中心に、ロシア、アメリカの役割と可能性にも触れている。ウクライナはもともと国家基盤の弱いところであった。コサックを産んだアナーキーな地域なのである。クリミアの住民はロシアに親近感を持ち、住民投票の結果ロシアに編入する事態になったが、これをドイツを中心とするヨーロッパはかつてのナチスに重ね合わせたキャンペーンを行った。ウクライナのパイプラインはドイツが最終地点であり、新たに建設計画があるサウスストリームもドイツが支配している南欧が最終地点である。実態は日本では意識されない。氏は今、プーチンロシアはソビエト崩壊から立ち直り、また、アメリカも経済面でも復旧し始め、世界の帰趨はこの二国にかかっていることを主張している。ロシアの高等教育就学において女性は男性よりも高いということに驚く。遠いヨーロッパの出来事は日本では一部の現象しかニュースにならないが、その意味や背景はこうして語られていると世界の動きが見えてくるのである。世界の中の日本が特殊であるわけではない。移民の問題も少子高齢社会において受け入れる方向で環境を整備しなければならない。移民を多く受け入れるドイツの階層社会と統制力、かつて、ユダヤ人やロマなどを抹殺しようとしたご都合主義的なドイツをフランス人の危機感から批判的に書いた本である。しかし、ヨーロッパの危機がどこにあるのか、分かりやすく解説してくれる中身の濃い本であった。イギリスのEU離脱問題は、「問題は英国ではないEUなのだ」という著作で明らかにしている。氏の学問的方法論と世界の歴史的未来予測が語られており、別ブログで触れてみたい。
font>

[PR]
東大と一橋の対抗戦

10月16日商東戦は当日まで東レ三島での三井剣友会の合宿の企画者でもあったため、土曜のジュニアや対抗戦を応援できませんでしたが、翌日午後は国立に行き応援できました。勝ち抜き戦はいつもの通りデッドヒートして、気迫のこもった若々しい試合だった。結果は対抗、勝ち抜きとすべて東大に負け、惨敗ということで反省しなければならない。率直な自分の印象を申し上げると、技術的なことに言及し、未熟な自分で恐縮だが、とにかく、一橋は面を打つための訓練ができていない。面を打つ時の手の内の冴え、手首の伸びなど東大のほうが見事だった。残念ながら、東大も含め、間合いにおける駆け引きや、剣先、虚実の取り合いなど、剣道の面白味は出てこなかった。緊迫した力の攻めあいで、どちらかが気の張りが抜けると必ず打たれるというところは素晴らしかった。一橋の面の打突に対する指導に課題が残ったと思う。面は剣道の基本で、訓練の王道はない。面の攻めを基本に小手も胴も打てる。そのためには、素振り、懸り稽古、切り返しの厚みでレベルが決まる。地稽古や試合では身につかない。いくら他校に行って練習試合をしても、そこで習得するものではないだろう。強いチームがどのような稽古で力をつけているのかを見なければわからない。その地力の差が出た。もちろん、東大の方が体格、経験も一橋よりは上だが、これは昔からのことである。部員数や新人の有段者数の差だけではない。稽古の方法、基本の積み重ねも残念ながら見直さなければならない。一橋は試合で最も大事な気迫、機会をとらえた打ちはできていたし、体力の差もそれほど感じなかった。これまでの努力は感じた。問題は間合いから攻めに入る最も難しいところが思考停止し、いきなり間合いに入って攻めまくっていた。これではむしろ相手の術中にはまってしまう。東大も、少しでも気を抜くと一橋の攻めに打たれるから緊張感を持って試合をしたので、伝統の一戦としてお互いに良い交流だったと思う。どちらかが舐めてかかったような試合は一つもなかった。しかし、基本の面、理合にかなった技、攻防の面白味は感じなかった。間合い、剣先の競り合いから攻撃に転じ、出鼻を打つ、後の先の技、抜き、すり上げといった日頃の稽古が一橋は出てこなかった。一体何のために稽古したのか。大いに反省してもらいたい。全体を通して一橋の面の有効打突は東大に比べ、著しく少なかったのではないか。数値も検討し、後の稽古に生かしてもらいたい。11月から新体制に入るが、これまでの稽古の積み重ねは恐らく、新師範のもとで開花するだろう。学生もめげずに、希望を持って稽古してもらいたいところ。
e0195345_15060594.jpg

[PR]
 初心者が初めて竹刀を持つと、手の平が上を向いて脇が開いてしまいがちになります。そのため、手の平を下に向けるようにしながら両脇を締めて竹刀を持ちなさいという教えがあります。最初はできるのですが、素振りを繰り返し、また、飛び込みの面を練習すると、どうもうまくできなくなる。結論としては正しいが、練習としては口頭で言うこととは別に訓練し、身につけねばならない。これは防具を付け、上位者がそんな構えや打ち方だと、竹刀を撃ち落とされたり、スピードが出なくなって自ずと修正できるようになる。

 打突時に手ぬぐいを絞るように両手首を内側に捻って肘を伸ばしなさいという教えがありますが、これは間違。中倉先生は茶巾絞りであって雑巾絞りではないよと言っておられましたが、茶道の心得のない自分には何のことか分かりませんでした。竹刀のように柄が丸ければ両手首を互いに反対方向に捻ってもあまり違和感はないかもしれませんが、日本刀のように柄が楕円形のものを持って両手首を内側に絞ったら、刃筋が安定せずに力の強い手の方にぶれてしまいます。これでは物を正しく切ることが出来ません。

 面を打つ動作の基本にもこれだけ指導の言葉には間違いや説明不足があるのは驚きです。これらは何千本も素振りを繰り返したり、稽古の中で次第に合理的な力の配分を身に着けるようになるので心配はいらないでしょう。しかし、稽古の仕方によっては遠回りをしてしまいます。おそらく、地稽古では身に付きません。それでは何をすればよいのか。答えは「切り返し」です。
 
 切り返しは一般的には正面打ちの後、左右面で面紐が左右にある上を打っていくことが一般的だし、むしろ、横面は避けることが始動されている。実は横面こそ切り返しの原点であると思う。しかし、横面は耳の部分に中高生あたりだと当たって、鼓膜を損傷したりする場合があり、危険だという考えもあろう。竹刀で左右を切り返して受けるのだから、危険は無い。ではなぜ、そのような左右面を繰り返し行うかというと、手首を柔らかくして、右面、左面を打つ体制を持っていることが大事だからだ。また、手首が柔らかいと、打った時に手の内の冴えも効いてくる。また、正面打や足の運びの練習になる。切り返しはその動作からくる利点を考えながら繰り返し行うことで、基礎的な体の運用が身に付く大切な稽古である。切り返しをただの体の運用や馬力で激しく打てばよいというのではなく、剣道稽古の内容が詰まっている良い稽古方法だということです。

 切り返しは基本である左右の面だけではなく、足の運びも重要で、かつて有信館で中山博道先生が教えたのが横の切り替えしである。また、かえって挙動を左右に動かして横の切り返しを行うべきだ。それは腕と手首の関節を柔軟にする手続きなのである。胴の切り返しというのは、まさに手首の返しをさらに負荷をかけるもので、何も左右の胴を打てるようにすることが目的ではない。ももちろんそれができる達人は存在する。 要は切り返しは準備運動ではなく、剣道の基礎力を養う運動要素が入っており、面の正面うち、世左右面、手の内の冴え、手首の柔軟性を生かした打ちに効果がある訓練法なのだということである。毎回の稽古で、標準の切り替えし2往復、横面の切り替えし2往復、胴の切り替えし2往復するだけでもかなり効果が上がると思う。                 
              
[PR]
ルーマニアの歴史ドラマ映画は物凄い。Mircer ミルシアproud heritage1989年
e0195345_11592757.jpg
、Blad公(Blad the Inparer1979年ドラキュラ公真実の生涯)、
e0195345_23444027.jpgt: 1.2; color: rgb(0, 112, 0);">英雄ミハイMichael the Brave(MihaiViteazal1970)。
e0195345_11374882.jpg
吸血鬼ドラキュラのモデルとなったルーマニアの英雄ブラド串刺し公ドラキュラの肖像と映画Blad the Inparerのシーン
e0195345_11554887.jpg

これらの作品は社会主義政権時代のもの。
e0195345_23341358.jpgheight:1.2;color:#007000;">ルーマニアは体操王国だった。オリンピックで、コマネチは過去最高の10点満点という偉業を達成した。かつて、チャウシェスクが独裁者として君臨したが、革命で銃殺されたり、東欧社会主義国家の崩壊の始まりだった。そんなことしか、記憶にはなかったが。最近、you-tubeでルーマニア映画の幾つかを見ることができる。この国民は映画大好きで、最近もベルリン映画祭金熊賞や、カンヌ映画祭の賞を取っている。ルーマニアでは多分、国民は皆知っている英雄の物語がある。日本でいえば楠正成、黒田官兵衛、真田幸村といった武将達である。ルーマニアではオスマントルコ帝国との戦いがテーマである。3つの作品を見たが、いずれも字幕が無い。だから、ストーリーはよく分からない。しかし、戦闘シーンだけでも見る価値がある。社会主義国で人件費が安い成果。またヒマな軍隊を動員した戦争ゴッコだからか、凄い迫力なのである。旧ソ連の戦争と平和のボロジノの決戦シーンは10万人のエキストラを使って、本当の戦闘を再現した。ナチスドイツの宣伝映画、コルベルグもナポレオンのフランス軍に包囲され、それに耐えた町の話。大戦末期のナチスドイツのあがきのような作品。これは、ゲッベルスが、東部戦線から1944年に18万人の兵力を引き抜こうとした。実際はエキストラとしてドイツ国防軍から数千人の兵士、千頭の軍馬が協力し、戦線崩壊を招いたとも言われている。社会主義国の映画は大量動員を得意としたものが多い。その凄さに驚く。ルーマニアはそこまではいかないが、3つの作品はいずれも馬が多くでてくる。平原を疾走する騎馬を見るだけでも目の保養だ。12世紀中世から、17世紀近世までだか、既に刀や槍だけではなく、大砲や鉄砲も使われ、やたら賑やかである。もう一つ凄いのが、2007年ロシア映画、TarasBulbaだ。隊長ブーリバ(アメリカ映画のリメイク)で、原作者ゴーゴリ生誕200年を記念して製作された。アメリカ製はユルブリンナー主演、トニーカーチス、クリスチーヌカウフマンという俳優陣で、疾走するコサックが、超迫力だったが、原作の半分。それを意識してか、ロシア製はゴーリキー原作に忠実で全編だが、後半のシーンは物凄い残虐シーンがあり、後味がわるかった。プーチン時代を象徴しているのかもしれない。


ルーマニア
[PR]