カテゴリ:未分類( 127 )

ホラー映画「I T


新宿ピカデリでI Tを見た。1990年のスティーブンキングの原作のI Tリメイクしたもの。最近、ハリウッドは種切れか、やたらリメイクやパート23とか続編ものが多い。その中では秀作だろう。前作よりはるかに怖い。デイトで、怖くて不安な彼女の手を握って一歩関係を前進させるチャンス。1915分の遅い上映時間にも関わらず、満席。ほとんどが若いカップルとか、大学生くらいの友達連れだった。ホラーものだから、一人では怖くて仲間が欲しいくらいに「怖い」という評判なのであろう。恐怖映画は汚い、キモい、怖い、不快、悲しい、グロさ、エロい、けしからん、バカバカしい、といった要素からなる。その意味で、全てをこれでもか、とばかりにこの作品は見せてくれる。時代は1986年代に戻って、時代考証がなされている。前作の恐らくはメイン州の古い町や街並みが再現されている。

e0195345_02424585.jpg

前作より今回の 道化師のクラウン怪人ペニーワイズは遥かに狂暴な悪魔である。前作ではもっとひょうきんで、それが怪しい恐怖感を出していた。この殺人ピエロは実在の子供殺しがモデルで、子供の誘拐や苛めはアメリカ人にとって現実味を持った恐怖。ジョンウェインケイシーといって33人もの被害者を出した伝説の連続殺人鬼。彼はチャリティーパーティーでピエロに扮していた。ピエロが怖いというモチーフは日本人にはピント来ないが、実際に起きた連続殺人事件やアメリカではよく子供が行方不明になるから現実味がある。日本ではお馴染みのピノキオは誘拐されるが、アメリカ人にはこの人買いに恐怖感があると聞く。ピノキオはホラーなのだ。

殺人鬼 ケイシーが書いたピエロの画。


前作がテレビ用に作られていた。この作品の主人公は子供たちである。スティーブンキングの名作、スタンドバイミーを彷彿とさせる、気の弱い、いじめられっ子と日本では信じられないくらい凶悪ないじめっ子の抗争が伏線になり、無関心な大人達が醜く描かれている。子供たちは大人から無視され、歪んだ欲望の的に晒されている。互いに憎しみ合う世界に弱虫連盟と自嘲するいじめられっ子達は団結し、I Tと戦う。ITは親達、あの汚い下水道はこの世の象徴である。子供達の友情と勇気こそ、未来を切り開くという結末が救われる。しかし、この映画は第1章としてエンドがあり、27年後、彼らが中年になって再会して、再びI Tと戦う次作が予見された。2019年に公開予定で製作中だそうだ。ストーリーは第1作が基本となる。自然豊かなアメリカの住宅地、石切場の水浴シーンなど、前作を想起させるように同じロケ地となっている。アメリカの平和な田舎町には秘められた邪悪な過去がある。人種差別、事故、醜悪な殺人事件など。スティーブンキングのテーマだ。前作よりCGなどが格段に進歩しており汚い下水や気持ち悪い腐敗感が再現されている。今回は子供達だけの物語となっている。悪趣味とグロ、下水とか、おぶはスティーブンキング作品の主要なモチーフ。


[PR]
by katoujun2549 | 2017-11-27 00:31 | Comments(0)
e0195345_11360902.jpg
ヘンリー・セリック 監督脚本の作品。彼はストップモーションアニメの達人である。ナイトメア、ビフォークリスマスや、コープスブライドなども彼の作品。これらはティムバートンと思っていたが、ほとんどが、セリック監督の気が遠くなりそうな、作業を積み重ねたアニメ作品。

声の出演者 ダコタ・ファニング、テリー・ハッチャー、ジョン・ホッジマン、キース・デイヴィッドなど。音楽 ブリュノ・クーレ

e0195345_22191224.jpg

上映時間 100

コララインは両親と新しい街に引っ越して来る。二人とも仕事が忙しくてちっとも自分にかまってくれず不満に思っていた彼女は一人で外出すると、ワイビーという少年が黒猫と共にどこからともなく現れ、また姿を消す。コララインは退屈しのぎに築150年のアパートの探検を始め、その最中に封印された小さなドアを発見する。


『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』の鬼才、ヘンリー・セリック監督が手掛けるダークで幻想的なアニメーションが、異次元のパラレルワールドを見せてくれる。

そこにはコララインの両親そっくりの夫婦が、コララインの望みの生活を体現させてくれる。ところが、彼らは自分の両親と違い、何と目がボタンなのです。

世界中で愛されている同名のファンタジー小説を映画化し、パラレルワールドに迷い込むヒロインの冒険と成長を生き生きと描く。主人公の声を担当するのは名子役、ダコタ・ファニング。

ダークな異次元世界が展開する。ボタンの目をしたココラインのママは実は蜘蛛の化身の魔女だった。本当の両親と近所の3人の子供が魔女により、囚われていた。ココラインは猫を仲間に、敢然と魔女に立ち向かう。

不思議の国のアリス、マルコヴィッチの穴など、穴を潜ると異次元世界には入るアナロジーは昔から空想のメタファーだ。パラレルワールドも海辺のカフカとか1Q38など村上春樹の作品に使われている。アリスの不思議な国は全く別の世界、トランプの女王に支配された国、マルコビッチの穴は空間をショートカットし、他人の部屋や遠隔地に通じていた。海辺のカフカと1Q38は時間を超えて異次元世界に繋がっていた。

空想の産物だが、知的な冒険を感じる。タイムスリップもその一つだ。





[PR]
by katoujun2549 | 2017-11-19 11:53 | Comments(0)

公開後4日目新宿のバルト9でブレードランナー2049を見た。163分の長編だ。海外では、前作の価値を損なわないクオリティとの評価を受けた。大体、続編は前作を凌ぐケースは稀で、二作目はオチャラカが多い。今回はしっかり引き継いでいるという評価。

e0195345_07452818.jpg

映像美が素晴らしい。荒廃したLA、変な日本趣味も引き継いでいる。リドリースコット監督の1982年の名作、ブレードランナーの続編。レプリカント狩警官のデカードはレプリカントのレイチェルと疾走したところで、前作は終わった。35年後、ララランドのライアンゴズリング演じるKがデカードの消息を追う。彼の控えめな存在感がほど良い。すっかり爺様になったリックデカード役のハリソンフォードが登場した。監督はブィルヌーブ。脚本はエイリアンコブェナントのマイケルグリーントいうので不安になった。彼の編集したエイリアン最新作は前作プロメテウスを見てないと分かりにくかった。このレプリカントというのは人間とどう違うのか?この作品はものすごく金がかかっていると思うが、そうしたところやCGの映像部は長尺のシーンが多く物語の流れが悪くなる。エイリアンもそうだった。これは実存主義や哲学者ビトゲンシュタインの問題ではなかったか?というところまで掘り下げてもらいたかった 

人間はどこから来て、どこに向かうのか?リドリースコットのテーマである。この哲学的テーマを映画で語ることは可能でしょう。しかし、読み解くにはあまりにも難題であり、映画という言語では伝えきれない。


Kは自分の出生の秘密を探る。2023.6.21という数字は生まれた時か?レイチェルは子供を産んで死ぬ。レプリカントが妊娠した。女性のレプリカントがかくまわれている。Kはその彼女と出会うが、まるでどこでもドアみたいに彼女のところに行くのだからびっくり。人間の記憶がコピーされるのか。このテクノロジーがすごすぎ。2049年にどこでもドアみたいなものが出来るとは思えない。

ウォレス社という会社はろくでもない、悪巧みの会社。レプリカントの反乱て前作のタイレル社は解体された。LAは以前核テロで大停電となりデータが消えレプリカントも次のバージョンになった。ウオレス社は次世代型の長寿命レプリカントを開発し、レプリカントによる世界支配を狙う。このあたりの経緯に関して、3つの短編映画が作られている。渡辺信一郎監督のアニメ2036。ネクサス・ドーン、ブラックアウト2022」補足の短編がこれだけ必要なのは編集の失敗だ。


記憶を可視化したり、実体と虚像が同期して、Hしちゃう。そんなテクノロジーが32年後に生まれるとは思えない。まるで麻薬の世界。女レプリカントのブレードランナーの登場も凄い。Kは何処にデカードがいるか突き止める。ミツバチの養蜂所の奥の館。デカードの所在を求めて Kは館に入る。そこにハリソンフォード演じるデカードがいるが、かなり暴力的な迎えかた。 Kがレプリカントなら弱すぎ。


ラケル の名前が登場。ラケルは旧約聖書の『創世記』に登場する女性。ヤコブの妻。父はラバン、姉はレア。 『創世記』によれば、兄エサウから逃れて伯父ラバンの元へきたヤコブはラケルを見初め、ラバンの「七年働けば結婚を許す」という言葉を信じて働く。ところが結婚式を終えて花嫁を見るとそれは姉のレアであった。

ロスに雪が降るんです。地球温暖化で海面水位が上がり巨大な堤防で街は守られている様子。人類とレプリカントは対立しているようなら作らなければいいのだが。突然レプリカントの反体制グループが登場、Kに真実を伝える。


デカードの住んでいるのは60年代の街みたいである。プレスリーがモノグラムに出てくる。3Dジュークボックスにシナトラが現れたり。未来テクノ満載でした。こんなところに金がかかっている。偽のレイチェルが登場するが、デッカードに見破られるとウオレス社の殺し屋レプリカントがアッサリ銃殺。だからR指定なのだな。レイチェルどうやって撮ったのか、昔の美しい映像そのまま。銃殺は漫画。美貌女優ショーンヤングは一時奇行でお騒がせ女優と言われたこともありましたが、最近も健在でyou-tubeのテレビインタビュウでおばちゃんぶりを披露して、美しさは相変わらずです。


[PR]
by katoujun2549 | 2017-11-01 00:18 | Comments(0)

離学者対応


比較的低偏差値の私立大学の頭痛の種が離学者の増加である。受験の際に滑り止めに幾つかの大学を受けるが、本命に入れなかった場合、浪人するか、不本意入学し、途中で退学して本命に再挑戦する学生がいる。また、入ったが合わないということで授業に出なくなり、辞めてしまう。これは

双方にとって残念なことである。そのために、入学前スクーリングや合宿などいろいろな対応策を学校側も練っている。 


そうした大学の場合、勉学の目標設定が出来ていない学生が多い多いと推定する。そのような学生は半数はおり、その中から100人もの学生が大学から出て行くのは異常。滑り止めで受験した学生だけでは無い。入学しても4年間を過ごす意欲や期待を持っていないという深刻な課題になんとか解決策を見つけることが、財政を立て直す課題である。辞める学生がどこに行くのか、何故かは大学も分析されているだろう。自分は内容を見ていない。しかし、解決策はそれほどあるわけではない。そうした学生が期待や希望を持ち、充実した4年間を過ごし、職業選択に満足出来ればかなり歯止めがかかる。学問の体系や、カリキュラムを彼らが満足するよう組み立てるのは容易ではない。少なくとも、アカデミックなとりくは返って抵抗を受ける。そのような学生は勉強の意欲や目標も希薄で、勉学の習慣も乏しいことが推測される。また、成功体験が少ないため、興味が続かない。何とか、残った学生はリベラルアーツ教育で送りだし、学士のクオリティを守る。

留学生も同様である。彼らを満足させるには、

1.勉強以外の楽しみを与えること。部活などの充実も有効

2.実用的で社会に出て役に立つ職業訓練の科目、漢字検定、販売士検定、秘書検定や

 簿記三級などの支援講座の充実

3.心理カウンセラリングを通じ、大学生活のビジョンを学生に与える

4.保護者の理解:途中退学の不利を訴える

5.意欲の無い人を育てることは難易度が高い

 経営にしても、勉学にしても最難関の課題であることを再認識し、退場してもらうことが、効率としては良い。それが企業では常識。そのことが本人にとり、大きな損失であることを教育すること。また、教育の質を維持する。



                                    以上



[PR]
by katoujun2549 | 2017-10-20 12:05 | Comments(0)
今年のNHK全国音楽コンクール中学校の部は1171校の参加で行われた。自分の子供は既に30歳代であり、中学生を見るのはとても懐かしい気持ちになる。もう我が子の受験の心配もないのだが、あの時代がとても懐かしい。

今日全国大会となり、課題曲はAKB48の秋元泰作曲の『願い事の持ち腐れ」という曲であった。奇妙な題だが、課題曲と自由曲で争われる。全国9ブロックを勝ち抜いてきた中学の大会である。中学校の部に興味を持つのは、中学時代は男子が声変わりの時期となり混成合唱が難しい。そこでNHKはこの中学の部は学生に興味を持たせるためにもポピュラーに近い曲が選ばれる傾向にある。昨日は高校の部の金賞が決まり、何と自分の住んでいる中野区の大妻学園高校が獲得した。急に親しみが湧き、今年はテレビ中継を見ることとした。この課題曲、君が君に歌う曲は既にyou-tube で見ることができる。

中学校の部がフィナーレというのも不思議。
このコンクールは戦前から続いており、合唱コンクールではトップであり、テレビ中継されるので盛り上がるし、皆さん多感な中学時代で全国大会に勝ち残ってきただけあり、これまでの苦労を思いだし、最後の全体合唱は涙涙である。2008年のアンジェラアキ作15の手紙、2012年のファイトは伝説のフィナーレ。やはり、女性合唱が多い。合唱は指導者の力量を問われるものがある。見ていて、地区大会を勝ち抜いてきただけあり、優劣つけ難い。ことしは、町田市の鶴川二中が金賞となった。同校では2014年度の第81回 Nコンで金賞を受賞し、翌年の第82回では再び金賞、2年連続での受賞となった。更に今年の金賞受賞となった。この他、全日本合唱コンクールでも複数回の受賞経験を持つ。学生数が799人のマンモス校で、合宿サークルのメンバーも集めやすいが、やはり指導者の力量だろう。
中野大妻中も立派だったが、高校が優勝したので金銀銅から外されたとおもう。一貫校の方が有利だろう。公立中学で金賞は素晴らしい。
今年は、AKB48の秋元氏の書き下ろし曲という異色の選曲で物議を醸した。学生はそんな上から目線の批判を横に懸命に歌っており、見る方は楽しく聞くことができた。結構公立の中学の参加があり、必ずしも学校の音楽クラブのメンバ〜に限らないチームも出ている。甲子園のようにセミプロ化した選手だけでないところが興味深い。このコンクールに注目したのは2012年東関東大震災後、特に、東北地区予選の中で、課題曲の「ファイト」という曲が中学生の心を打ち、休憩中も皆でこれを歌うというハプニングもあった。最後は課題曲を全員で歌い、参加者は涙に濡れるのである。学生も大震災の日本の苦難を思ったのか、また歌も良かったのである。自分もジンときた。
 しかし、今年はAKB48の出演となった。これが教育的ではないという学校関係者もいるかもしれない。最後を涙の合唱も良いが、Nコンだけでしか歌われない曲と違い、スペシャルステージで365日の紙飛行機も一緒に歌い、最終選考に来た中学生のサービスも必要、番組として視聴率を上げる工夫として評価したい。学校のコーラスは教員と学生の聖域だろうか。AKB48の演技と合唱もあったが、見ている人で模範演技と思った人はいないだろう。タレントの歌やダンスは学生の合唱とはあいいれない1。単なるおたのしみ。印象として今年のテーマは夢ということでそれにふさわしいフィナーレだったと思う。



[PR]
by katoujun2549 | 2017-10-09 14:31 | Comments(0)
ナチス強制収容所の看守で戦犯になった人は多いが、実際 何万人も従事していたから、死刑になった看守はほんの一部である。入れ替わりもある。犬の世話係が処刑されていた。彼は証言や自白をリンチを受け、強制された。巨大な施設で、それぞれが、限られた役割を機械の歯車として、働いていた。直接、ガス室送りの選別にかかわった看守や、拷問や収容者の死を招いたものは血祭りになっている。東欧やソ連圏では男女問わず、公開処刑だった。残虐なリンチや暴行は収容者の中から選別された、カポが行い、親衛隊の監督者で権力に任せて暴行に加わったものはむしろ、率としては少ないだろう。ダッハウでは解放時に惨状を見て興奮した米兵が30人以上も銃殺した。銃殺された看守は最後まで残っていた連中で、悪辣なことにかかわった看守はさっさと逃げてしまっていた。戦争を生き延びたアウシュビッツの看守6500人の中で、判決が下されたのは50人未満。

Stutthof強制収容所裁判による
女性看守の処刑
e0195345_13141276.jpg
アウシュビッツ所長ルドルフヘスやクラマー、女性看守のマリアマンデルになれば、責任上死刑は免れないだろうが、イルマグレーゼあたりは、本当にサディスティックなことをしたかは不明だ。そもそも、ニュールンベルグ軍事法廷や東京裁判は法律的な正当性は疑わしい。しかし、政治的なショウとして、あの様な形態を取らざるを得なかった。人類始まって以来の大惨事だったのだから。断罪は必要だったのだが、戦争犯罪は戦勝国がわにもあった。

2015年2月 第2次大戦中にアウシュビッツ強制収容所でユダヤ人ら約17万人の虐殺に関与したとして、殺人ほう助罪に問われた元ナチス親衛隊(SS)のラインホルト・ハニング被告(94)の公判が11日、ドイツ西部デトモルトの地方裁判所で始まった。ドイツのメディアが伝えた。 ハニング被告はアウシュビッツで勤務していた事実は認めているが、虐殺への関与は否認しているという。検察側は、ハニング被告がアウシュビッツで看守として勤務し、1943~44年にナチスによる組織的な虐殺を手助けしたとしている。ドイツではナチスは犯罪として責任追及が今も続き、彼は禁錮4年の実刑判決を言い渡された。
彼にしてみれば何と運の悪いことと嘆くだけだ。アイヒマンですら、無罪になると思っていたという。
e0195345_09084267.jpg
ドイツはナチス犯罪に関しては時効が無い。ナチスを犯罪集団とすることによって国家の生き残りを図ったのである。ナチスを支持したのは国民であり、戦争行為に関しては一体となったのであった。ナチズムに反省しているのかと思いきや、意外にそうでもなかったし、戦後の経済復興とともに忘却すべきというような風潮もあった。1960年のアイヒマン裁判でも、センセイショナルではあったが、ドイツ国民がナチスズムを他人事にしたがる傾向にあった。しかし、1973年のアメリカのテレビドラマ、ホロコーストはドイツ人にも大きな衝撃を与えた。ユダヤ人迫害の実像は世代を超えて伝えられたのである。その前に1956年アウシュビッツ看守を断罪した裁判は困難を極めた。多くの証拠が隠滅されたからである。また、絶滅収容所が共産圏にあって資料が集め難かった。ネオナチや旧ナチスの生き残りも彼らの復権を狙っていた。何を今さら、そこまでやらなくとも、という世論や
マスコミとの戦いがあった。その最大の犯行は民族絶滅であり、これは隠され歴史修正主義者がホロコーストは無かったと反撃し始めたのである。イスラエルにおいても、ユダヤ人の絶滅収容所は不名誉なことと、語りたがらない事柄で、むしろ、ワルシャワのゲットーの蜂起を賞賛していた。しかし、ローゼンタールなどの執拗なナチス犯罪の摘発によって、再び過去を振り返り、国際世論に訴えるようになったのであった。イスラエルはパレスチナとの4次に至る中東戦争でそれどころでは無かった。ドイツは1956年に始められたアウシュビッツ裁判以降ナチスの犯罪性に向き合うことになる。このことは意外な感じがする。ナチスはニュールンベルグ裁判でナチス幹部のうち12人が絞首刑となり、また、ポーランドやチェコなどの占領地でも裁判が行われ、収容所幹部などが裁かれた。ニュールンベルグ裁判以前1946年代にも戦犯が処刑された。また、アメリカによって継続裁判が行われた。ところが、東西冷戦が始まると、ナチスの官僚たちはソ連と対抗するためにアメリカに利用価値を認められ、生き残って活躍していた。戦犯裁判の中では、曖昧な強制収容所収容者の記憶、憎しみに満ちた偽証による冤罪も多かった。チェコやポーランドでドイツ人難民、20万人以上が虐殺され、また、ドイツ兵捕虜が米英軍の扱いの失策により100万を超える死者を出していた。被害者感すらあったのである。1944年以降ドイツの敗色が強まると、ヒムラーは絶滅収容所の稼働を止め、隠蔽工作を始めた。ユダヤ人も終戦交渉の人質や材料にしようとした。トレブリンカ、ソビブル、ベイジエツ、ビルケナウなどの絶滅収容所でのユダヤ人抹殺の証拠は隠滅された。そのため、ガス殺は無かったという主張も生まれた。絶滅収容所はドイツ国外にあり、ドイツ人の意識には上がり難かった。収容所の看守や従事者の数は膨大で、アウシュビッツだけで6000人から8000人もいた。オーストリアのマウトハウゼンではガス殺も行われた。末期には収容者を移動させ、それによって多くが殺された。しかし、彼らの隠蔽工作は、あまりにも膨大な事実の前に隠せるものでは無かった。幾つかの資料が発見されたからである。ドイツ人らしく、几帳面に記録したために、彼らの蛮行はわずかな資料でも十分証拠になるものであり、続々と発見された。また、収容者の生き残りもいたのである。マウトハウゼンは絶滅収容所ではなかったが、ガス室が設置されていた。ここでガス殺された囚人の数は、後のヴェストファーレンでのハーゲン裁判などの調査によると3500人程という。また付属収容所のグーゼン強制収容所にもガス室が設置されていた。絶滅収容所ではないので、ユダヤ人やロマなど人種を理由にしたガス殺は少なく、主にソ連軍の捕虜やチェコ人・ポーランド人などの反体制分子、病人、労働できなくなった者などだった。ここでも1万人につき400人の看守がいて、多い時では看守や様々な職についていた人数は5000人を超えた。証言から看守による暴行や虐待行為も覆い隠すことはでき無かった。この強制収容所裁判では、選別にかかわったかどうかが刑の軽重に関係している。暴行や残虐行為は人が見ていないところでは行われることも多いから、証拠もないのである。大体、収容者は生き延びるのに精一杯で、制服を着た似たような姿の隊員を名前から覚えるのは困難。だから、特別酷い看守や美人は標的になった。
しかし、今ではダッハウの人間の皮膚のランプシェードや、人体の油で作った石鹸、アウシュビッツの死者300万人は嘘である。しかし、それでも150万人という膨大な数は殺されている。その責任を看守達が負わされたのはいかにも気の毒だ。ナチス信奉者のヨーゼフメンゲレはアルゼンチンで、スコルツィーニなどはエジプトで軍事指導者で生き延びた。V2号を開発したブラウンもNASAの創設で、ミサイルや宇宙開発に貢献した。それに対して、歯車に過ぎなかった強制収容所の看守達は惨めだと思う。

映画 戦場のピアニスト ゲットーのユダヤ人カポだが、
彼らも結局はトレブリンカに送られた。
e0195345_09091426.jpg



[PR]
by katoujun2549 | 2017-09-28 17:42 | Comments(0)

DV殺人の現実

国連薬物犯罪事務所(UNODC)は2012年に世界で起きた殺人事件で約437千人が犠牲になったと発表した。うち15%の63600人が家庭内暴力(DV)の犠牲者、中でも女性が43600人と7割近くを占めた。日本は世界で4番目に女性被害者の比率が高い。日本の殺人事件は減少しているという。しかし、実際は殺人か、自殺か、事故死かの認定はかなり、いい加減に行なわれている。変死者の解剖率は9%にすぎない。日本では年間15万人が変死者。自殺者が3万人を切ったと言われる。高齢者が浴室で溺死すれば変死である。室内で心筋梗塞で死亡した場合もそうである。しかし、この中には自殺に失敗し、後で死んだ人や、変死になった人は除外されている。半分は自殺とすると7万人、実際は自殺認定者の8割から9割が他殺ではないか、と元東京都監察医務院長の上野正彦氏は語る。完全な自殺者3万人を引くと4万人。大体その7割が他殺なら、殺人被害者の6割は女性で、推定すると自殺者と同数が他殺とし、1万5200人の女性が殺されている。多すぎる感じだが。上野氏の言うように仮に7割が他殺とすると、2万人以上で、6割が女性として12000人である。
世界の比率15%で見ると10500人、家族内の殺人が多く、これらの殆どが、DVであろう。毎日28人がDVで死んだことになる。これはすごい数字である。
実際、1万人以上の女性の方がDVで死んだのだろうか。自殺に見せかけたが警察が見過ごしたなら、怪しからんこと。
アメリカでは,DV被害が非常に深刻で,女性の4人に1人が生涯の間にDV被害を経験し、年間約100万人から300万人の女性がDVによる傷害を受け,毎日3人以上の女性がDVにより殺されているという統計がある(出典:Domestic Violence Resource )
これは公式の数値にもとずくもので、推定値は倍であろう。アメリカの殺人被害者は年間15696人、この内15%がDVなら2354人。毎日6人以上が殺されている。

DVは日本でも深刻な問題になっており、DV被害を受けたアジア人妻が子どもを連れて自国に逃げるケースも考えられるだろう。日本でもDV対策、ハーグ条約批准、国際結婚にまつわる法律問題の明示など対策が急がれる。ところが、対策は追いついていない。DVの相談件数は増えているのに、検挙件数は年間2000件にとどまる。傷害罪や殺人未遂で立件されるべき事件がされていない。そのため、加害者は野放しになり、同じ犯罪を重ねていくのです。DVというのは、要するに殺人であり、殺人未遂であり、傷害事件なのだということが理解されていない。学校や職場では障害事件は厳しく断罪されるようになった。ところが、家庭のなかでは隠蔽されてしまう。福岡で妻と子ども2人が殺され、放火された事件があったが、容疑者で逮捕されたのは警察官をしている夫であった。児童虐待も犯罪だ。しかし、警察自体にこうしたことを犯罪と認めない風潮があるのかもしれない。

日本政府は、「すべての女性が輝く社会」をうたっているが、「女、子どもは家の中で殺されてもおかしくない社会」。日本は国際社会からDVの加害者不処罰に手をつけろ、と批判されているのに、国内ではあまり知られていないのではないか。
厚生労働省の人口動態調査から殺人事件被害者数の年次推移。同調査の死因集計で「他殺」とされている人数の推移を調べた。
殺人事件被害者数の実数(-青線-)を見ると、1955年の2119人をピークに死亡者数は減っている。減り方を見ると50年代後半、70年代後半、80年代後半に大きく減っている。高度経済成長やバブルなど景気が良い時期に殺人事件は減る傾向がありそうだ。

人口10万人あたり被害者数(-赤線-)を見ても同じ傾向だ。ピークだった1955年の2.4人に対し、現在は0.3人であり、殺人事件の被害者は60年で1/8に減ったと言える。年間383人の殺人被害があり、その3分の1が女性のDVによるものと思われる。これはあくまでも警察が認定した殺人である。
警察庁の統計によると,平成24年中に検挙した配偶者(内縁関係を含む。)間における殺人,傷害,暴行は4,457件,そのうち4,149件(93.1%)は女性が被害者となった事件である。
女性が被害者となった割合は,殺人は153件中93件(60.8%)と,やや低くなっているが,傷害は2,183件中2,060件(94.4%), 暴行は2,121件中1,996件(94.1%),とそれぞれ高い割合になっており,配偶者間における暴力の被害者は多くの場合女性であることが明らかになっている。
推定の殺人被害者と現実の認定との格差をどう解釈したら良いのだろうか。

DVサイトからの引用

DVの特徴としては、配偶者や恋人間のパートナーによる暴力は被害者が女性であることが圧倒的に多く、そのパートナー間の暴力は単純な喧嘩ではなく加害者から被害者への一方的な暴力であることが圧倒的に多いことが上げられます。

その背景には、日本では古くから伝え続けてられている社会制度があり、家庭、職場、地域などでは慣習的・潜在的に男性優位な社会構造となっていることが関わっています。 「男は仕事、女は家事・育児」という「男は男らしく」、「女は女らしく」という性別の役割分担の考え方が社会的、文化的に根付いています。

一般的に女性の給与収入は男性のそれの約60%と言われています。すなわちこれは性別で仕事=男性、家事=女性という役割分担によって、経済的な格差が生まれる大きな要因となっています。

さらに男性優位な社会構造は、男性を支配する側、女性を支配される側という考え方が慣習的にあるので、法的に単純な「夫婦喧嘩」と見なされることも多く、訴訟として訴えにくい環境にあります。


[PR]
by katoujun2549 | 2017-09-27 00:09 | Comments(0)

最近、グーネットのCMで赤いドレスを着てにこやかに踊るモデルが評判だ。

誰かと思い調べてみた。

e0195345_07375672.jpg

八木莉加子さんであることが分かった。彼女はポカリスエットのガチダンスで

センターを踊っているではないか。制服を着て、黒渕眼鏡をかけている。

地味な服装で、周囲とも同じようなので、目立たないが、よく見ると彼女で

あることが分かる。

大したものだ。

彼女は80人の群踊の中でも存在感がある。一方、グーネットのCMでは

一人踊り。

可愛い17才の清純さと色気もある。彼女は身長が169cmで長身。

モデルとしてもホープ。長身といえば長澤まさみだが、顔立ちは昔の

尾野真千子的な大人の雰囲気もある。

今後、ドラマなどに出てくれば爆発的な人気となろう。大物新人の登場である。

2015年、エイジアクロスが初めて開催した大規模なモデルオーディション

で応募者7851人のなかからグランプリ

に選ばれた。ViVi賞、パナソニック賞も同時受賞。

2016年4月14日

“新人女優の登竜門”大塚製薬ポカリスエットのブランド

キャラクターへの抜擢が発表される

2016年、7月に雑誌『Seventeen』8月号でミスセブンティーン最終選考に選ばれ、

8月に「ミスセブンティーン2016」に選ばれてセブンティーンの専属モデルとなった[]

ポカリスエットんおガチダンスCMは圧巻だ。

八木莉可子のオフィシャルポータルサイト

https://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://twitter.com/yagirikaco&ved=0ahUKEwi-gOyLyojWAhXLS7wKHTAMCDYQFgjCATAb&usg=AFQjCNH6xydpdc_bQv2piuMijbq_qO5Ryw




[PR]
by katoujun2549 | 2017-09-03 16:50 | Comments(0)
1.THAAD

韓国に配備されたTHAADミサイルに中国が反発した。中国のレーダー網が丸見えになり、 中国のミサイルを意識したアメリカの策略であると中国は批判し、さらに観光客の遮断や経済制裁を韓国に行っており、韓国経済には打撃である。北のミサイルに備えたものなのに妙な因縁をつけたものだという印象がある。しかし、よく考えてみると別の事情が浮かんでくる。何故朴槿恵元大統領は アメリカの計画に同意したのだろうか。韓国はソウルが38度線に近く、北朝鮮は砲撃で致命的な打撃を韓国に与えることが可能である。万一戦争となると、ソウルが攻撃されることは間違いない。しかし、韓国は対抗策として北朝鮮の地下に隠された重砲陣地を爆撃するだろう。何千門もの地下の大砲を撃破するのは無理。ソウルは人質のようなもの。
e0195345_19401167.jpg
在翰米軍は一撃を避けるために38度線から150キロ以上離れた平沢に基地があり、反撃作戦を展開する計画である。

(注)
2016年7月には東豆川に駐屯していた第2歩兵師団部隊が、平沢のキャンプ・ハンフリーに移転を開始し、今後龍山基地にある在韓米軍司令部もキャンプ・ハンフリーに移転予定となっている。なお第210火力旅団は東豆川に残留する

北の第一撃には反撃に時間がかかる。朝鮮戦争の教訓でもある。ソウル防衛や一撃を防ぐ機能はTHAADでは無理という。THAADの射程は200kmくらいなのである。この基地を北のミサイルが攻撃することを押さえるためにTHAADを配備しているのが現実だ。しかし、米軍の狙いはさらに中国のミサイルや防空網レーダーサイトを監視することも狙っている。

2.中国に接近した韓国

中國が反発するのはもっともだ。アメリカは軍事的には中国の軍備増強を警戒し、軍事的なリスクは中国の方が高いと見ていることは近年のトランプ大統領の側近、バノン氏の不用意な発言でが解任されたことでも分かる。中国はミサイルも核も空母も持っている。台湾への侵攻は防がなければならない。北朝鮮より優先事項だ。近代戦の戦端はレーダーや防御用情報設備の無力化から始まるだけに重要なものである。文大統領は追加配備を止めたが、既に配備した分にアメリカは10億ドルを要求している。韓国が中国の経済制裁で失うものは2兆円とも言われ莫大である。これは朴政権があれだけ中国にシフトし、習近平に接近していたこととつじつまが合わない。韓国経済は中国依存度が高く、この不振が近年の日韓協定への舵取りに繋がっている。アメリカの影響から距離を置こうとすることに対し、アメリカから釘を刺されたものと見ても良い。米中有事になれば、韓国経済は崩壊、北の侵攻を歓迎し、アメリカは朝鮮の支配を失う。北の驚異をアメリカに任せ、経済は中国で稼ごうと言うのは虫が良すぎます。

3.アメリカの反発

アメリカは中国に媚を売る韓国に危機感を抱いた。
朴政権の崩壊は内部文書の暴露から始まっており、これはアメリカのCIAの画策があったと見て良い。THAAD導入を韓国経済が厳しい中で今の時点で認めたことは朴政権の失政の一つでもある。韓国のTHAADは韓国軍ではなく、米軍が運用している。また、韓国の軍備は米軍の支援があって初めて北と対抗できるというのが実態である。この政変の影にアメリカが全く関与していなかったと見る方が不自然である。日本の鳩山政権が中ソに向きを変えようとしたときのアメリカの動きを見れば分かる。以前ロッキード事件で中国に接近した田中角栄をアメリカはスキャンダルの暴露で足をすくったことを思いだす。尖閣諸島の緊張は民主党政権の命取りになった。これはCIAの策動によるものだ。スキャンダルに揺れる朴政権はアメリカのTHAAD配備に抵抗できなかった。日本も韓国も自主外交などアメリカの利権に触れない限りで行っているだけだ。

4.CIA

CIAを持ち出すのは嫌なのだが、アメリカの闇の世界は国内はFBI、海外はCIAが仕切っている。この事を無視できない。証拠のないことを論じるのはいい加減な感じになってしまう。しかし、FBIは民主党のルーズベルト、CIAは共和党時代に冷戦対応で作られた。冷戦終了後は軍産複合体と連携して働く。昨年の今頃、オバマ政権はヒラリーのメール不祥事をFBIを使い揉み消すことに躍起だった。CIAはその間しっかり仕事をしていた。軍事的な緊張を高め、アメリカの兵器を売り付けることがその役割だからだ。CIAの機能は単なる情報機関ではなくアメリカの軍産複合体の利益のために動く。スパイ大作戦だけが仕事ではない。トランプ大統領のFBI長官更迭はホワイトハウス内部の権力闘争である。ロシア疑惑などカモフラージュである。マスコミはなぜこんなに分かりやすい筋書きを出さないのだろう。
尖閣に上陸した香港の活動家はアメリカの資金で行動し、中国と日本の緊張を高め、日本の軍事予算拡大のきっかけになり、F35やオスプレイの導入、さらにミサイル防衛予算の拡大につながった。アメリカはビジネスに大成功している。アメリカは韓国にF35を40機45、00億円の商談に成功した。

5.日本はイージスアショアを導入したい。

日本はイージス艦用のSAMー3とPAC3には既に6000億円も使っている。マスコミが北の驚異をやたらわめくのはこれを買うためである。THAADも欲しいが金がない。
日本は18年国防予算でイージスアショアを検討しており、北のミサイルが驚異である以上これは適切な対応であるように思える。既にイージス艦で配備されているから、700億円くらいで配備できる。海陸の人員交換で技術は継承できる。それにしても大金だ。日本海のイージス艦配備に余裕を持たせ、南シナ海にむけることが可能になる。日本はアメリカの戦力補完の役割を担っている。このためにイージス艦は日本海に張りつているのは勿体ない。イージスアショアはイージス艦で使うミサイル防衛システムを陸上で配備するもの。イージスアショアは宇宙空間を通るミサイルを打ち落とし精度がたかい。2ヵ所の配備で日本全土をカバーできる。ロシアや中国のミサイルがアメリカに向かえばこれを打ち落とすことができる。ポーランドやルーマニアにイランのミサイル防衛のために既に配備されている。しかし、これにはロシア、北朝鮮の反発は大きく、日米の同盟関係が北朝鮮、中国、ロシアの連携強化に繋がり、北朝鮮は核やミサイルの開発を更に進めるだろう。北朝鮮はアメリカの軍事的な対抗暴力組織としての役割をロシア、中国から担っていることを忘れてはならない。

彼らの闇の繋がりを無視し、安部政権は自分の政権維持のためにアメリカに追随するという危険な姿勢を変えようとしない。政治もマスコミも表の顔に過ぎない。裏の顔は軍事情勢であり、これを見なければ、何もわからない。経済は利益のもとだか、アメリカは軍事が優先する。軍事と経済利益を必ずバランスさせるのがアメリカという国だ。損することを敢えて行うほどお人好しではない。アメリカはビジネスの国、トランプもビジネスマンではないか。トランプのお騒がせ事件ばかりを報道する日本のマスコミはレベルが低い。北朝鮮はその意味では分かりやすい国である。日本のマスコミは現実を隠すカモフラージュ機関に過ぎない。



THAADとは
[PR]
by katoujun2549 | 2017-08-31 08:34 | Comments(0)

日本と韓国の関係が修復されつつある中、2015年の日韓協定を覆そうという文在寅大統領の動きに、マスコミは敏感になっている。所詮連中はそんな姑息な手練手管を使う連中だ。惑わされない事が大切だ。不動心!

かつて、815日の終戦後「引き揚げ者」は浦賀、舞鶴、呉、下関、博多、佐世保など18の開設した引揚港から上陸した。引き揚げ事業開始から4年が経過した1949(昭和24年)末までに、軍人軍属を含む624万人が帰還した。引き揚げ開始から約30年が経過した1976(昭和51年)末には、629万人(軍人軍属311万人、一般人318万人)が帰還している。結果的には、引き揚げ開始から4年間で99パーセントを超える日本人が日本に戻ってきたことになる。この事業は極めて広範囲かつ大規模であり、人類史上最大の短期的かつ集団的な人員移動といえる。多くの引き揚げ者は南朝鮮の各地から船で日本に向かった。


日本人引き揚げは大成功のように見える。しかし、これは地域により、大きな差がある。北朝鮮では25000人が殺害され、南でも多くの日本人が殺害され、数は不明である。一般日本人の1%として、3万人が帰っていない。婦人の強姦などは頻繁だったと推定されるが、数は不明である。しかし、世界の中では小さな出来事かもしれない。ドイツの敗戦は悲惨だった。

ドイツのズデーテン地方はチェコ領内にあったドイツ人の多く住む地域で、200万人いた。ヒトラーがドイツに併合したが、戦後チェコ人は彼らを追放し、更に20万人を虐殺した。彼らは民間人で、何世紀もその地にいた人々で侵略者ではなかった。犠牲者の多くは老人婦女子であった。今はズデーテンには16万人しかいない。東プロイセン、ポーランド、ソ連領内のドイツ人も苦難の道を歩んだ。民族浄化の洗礼を受けた。ドイツに蹂躙された国民のプライドが傷つけられた事への意趣返しであった。


朝鮮人の中にはソ連兵と結託し、略奪暴行をほしいままにした連中もいた。北の抗日パルチザンというのは避難民を襲った略奪集団だから、独立戦争を戦ったなど言えたものではない。しかし、朝鮮半島は戦場にならなかったし、朝鮮人の対日本人感情は結果的には悪くなかったのではないか。38度線まではアメリカ軍の支配により、北の共産軍とは安全性も比べものにならなかったからこそ可能になったと思う。今なお韓国が慰安婦問題や徴用工問題に拘るのは日本人に支配された民族の誇りを傷つけられ、また、サンフランシスコ講話条約で、戦勝国の中に入っていなかったことへの怨みつらみである。彼らはこの事は屈辱と思う。日本だって、軍国主義から解放されたのに、東京裁判や憲法を目の敵にする人がいる。また、何か日本と韓国の交渉がある際には有利に事を進めたいための政府側の作戦である。今回、北朝鮮の核とミサイル問題で、2015年に決着した問題を蒸し返そうとするのは、朝鮮半島の問題には日本を排除するための方便がいる。徴用工問題を持ち出したのは、2015年の協定外で、慰安婦問題は持ち出し難いからだ。韓国の国民感情と政府や政治上の建て前、行動には差がある。ここを抑えて、韓国の動きに惑わされない事だ。




Wikipedia「引き揚げ者」によると厚生省(当時)が開設した引揚港から上陸した。以下の18地域において、「地方引揚援護局」あるいはその出張所がおかれた。 浦賀、舞鶴、呉、下関、博多、佐世保、鹿児島、函館、大竹、宇品、田辺、唐津、別府、名古屋、横浜、仙崎、門司、戸畑である。



[PR]
by katoujun2549 | 2017-08-22 13:07 | Comments(0)