2017年 12月 14日 ( 1 )

(形を学ぶ)
日本剣道形は全日本剣道連盟の段審査の課題となっているが、その為に形は審査のために稽古されることが多い。これは残念なことである。古流の形を原点としているが、七本と小太刀の3本は江戸時代の武士の生き残りの剣道指導者が丁寧に剣道の本質を残すために各流派の極意として残すべき技を基盤に作った様式である。目的として流派の壁を越え日本刀を使う剣道の本質を伝える意図を持った文化財である。

(形から竹刀剣道を考える)
竹刀剣道との関連を直接的に求めるものではない。竹刀剣道は相手を打ち、隙を狙い、技をかける、そして、試合や日頃の稽古の基本である。しかし、礼から始まる剣道の様式は形をベースとして形成されている。形こそ日本の剣道の原点である。竹刀は刀より軽い。そして、最大の利点は安全であることだ。日本刀は一旦降り下ろせば怪我をしたり致命傷になる。やり直しがきかない。竹刀は無駄打ちが可能。竹刀剣道は安全と引き換えに本当の切り合いではないからこそスポーツの一つにもなっている。竹刀剣道は日本刀の刀法とも違う。あくまでも、身体の運用と平常心の鍛錬である。日本刀では飛び込んで面を打てるだろうか。形では全てが打太刀に応じているではないか。
日本刀は左右の手を詰めて柄を握る方が使いやすい。手の内だけで振ることが出来る。重量と空気抵抗の無い刀身から、振る時の剣先の速度は竹刀より早い。
竹刀剣道には独自の発展性がある。打突部位が限定されている。正面からの面、小手、突きが基本である。かわす技は4本目くらいだ。この事が、かつての武士の時代の戦いとは違いをもたらす。例えば刀の斬り合いは袈裟切りが早く、正面の面を打つのは難しい。竹刀の稽古を意識した形である。しかし、剣道の原点を学ぶ意義は大きい。

(形の効用)
また、効用として、形の稽古は相手を尊重し、相手と合気になり、気持ちをひとつにする意義がある。そこで、相手を尊重する関係性が生まれる。竹刀剣道はどうしても攻撃性の衝突であり、相手を尊重する目的には叶わない。剣道仲間同士は互いに相手の剣道を批判する。竹刀剣道では相手の弱点をつくから当然だ。また、理合というものは地稽古では身につけることが難しい。むしろややゆっくりとした責め合いの稽古から発展させる必要がある。例えば5本目の上段に対する攻め方はこの擦り上げが基本である。六本目の小手すりあげ小手は竹刀でも難しい。しない稽古では何故か膝をつく胴打ちは稽古しない。しかし、七本目の胴も胴打ちの理合が込められている。

(剣道学習と形)
高段の剣士が真剣に形を学ぶ理由がここにある。もちろん、直心影流、小野派一刀流などの古流も良いが、教える場所や指導者に限りがある。剣道の様式や精神性は形から生まれる。日本剣道形に限らない。形の奥行きは深く、日々の稽古が行われなければ意味がない。ただ形や順序だけを教える県連の講習会などでは到底伝えられない。機、目線、足の運び、気勢、足の引き付けなど、竹刀剣道では忘れがちな基本が身に付く。区の剣連などの講習会でこれらを丁寧に教えることが無いのは残念である。今のように、集団指導だけでは発展段階の異なる人にその剣道形の矯正は難しい。指導者のレベルもバラバラだ。必ずしも段が反映されない。欠陥のある指導体制で良いわけがない。木刀を使った10本の形が級審査に使われている。しかし、これは竹刀での稽古の基本であって日本刀とは関係がない。審査だけのための形稽古は審査が終われば忘れてしまう。さりとて、形の試合というのも基準が分からない分前向きに取り組む気にならない。形の稽古の楽しさを全面に出して竹刀稽古の基本であることをよく説明すべきではないか。

[PR]