2017年 09月 16日 ( 1 )


エイリアン-コヴェナントを見た。

この作品、リドリースコット監督作品だが、何とR18指定なんです。確かにグロが多い。エイリアンはシガニーウィーパー主演で、4作品あるが、3作目以降は駄作。エイリアンVSプレデターという変な怪物映画もあった。2012年公開の映画『プロメテウス』の続編なんだそうだ。自分はこれを見ていない。どうも、デヴィッドというアンドロイドは前作にでていたようで、プロメテウスを見ていない自分には何故彼がいるのかが分からなかった。なんだか、このコヴェナント号の乗組員はアホ揃い。エイリアンに怯えて銃を撃ちまくり、自分の宇宙船を破壊してしまう。いくら環境が地球に似ているからといって、宇宙服も着ないで船外に出て、2人もエイリアンの宿主になる胞子を体内に取り込んでしまう。エイリアンを培養した挙げ句体内を食い破られ、クルーを危機に陥れていた。

コヴェナント号の船長は事故で焼け死ぬ。次の船長が何とも頼りない。見知らぬ星に誘われ、予定変更して、新しい移住先として調査を始める。これまでのことだって2000人もの移住者に責任がある。オリエガ6という本来の目的地を変えてしまうのは契約違反ではないか?乗組員がもう冬眠は嫌だと言っているからと急に変更する権限があるのか。折角、アンドロイドと製作者の意味深な問答と、宇宙船の豪華な仕掛けに酔っていたのに。最初の15分で安易な筋立てにB級映画の臭いがしてくる。

主人公となる女性ダニエルズを、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のキャサリン・ウォーターストンが演じ、「プロメテウス」でアンドロイド役を演じたマイケル・ファスベンダーが続投。しかし、このシリーズ全体の主演者はやはりエイリアンだということを再確認した。映画の世界では、宇宙に出れば何でもありという慣習があるみたいだ。時間感覚も何十年もかかる技術が、そんなに早く出来るのか、エイリアンも1日でそんなに成長するかなぁ。リドリースコットの世界は過去も未来も残酷で暗い。第一作目のデュエリスト。2作目がエイリアン、3作目はブレードランナーだが、いずれも明るい未来ではない。彼の未来のモチーフにはレプリカントとか、アンドロイドがある。10月にはブレードランナー2049がでるが、彼の描く人工生命体としてのサイボーグは極めて優秀だ。それに反し大かたの人間達は馬鹿で、弱虫でかつ、スケベだ。一番賢明でまともなのがアンドロイド。レプリカントを使って、人間の愚かさや、科学の行き着くところを見せたいのだろう。

e0195345_01175907.jpg

彼の映像美の作り方はいつも徹底していて、抜かりが無い。この作品も異星の風景や宇宙船のメカはこだわりが凄い。しかし、人間の愛情や命の素晴らしさを描くのは苦手なのかもしれない。宇宙や古代においては、そんなことは価値を持たないのだろうか。それにしても、この作品のエイリアン、女の乗組員が水浴したり、裸になると覗き見して襲ってくるスケベな野郎だ。エイリアンは

グロい映像の代表格。

内蔵が飛び散りヌルヌルした怪物が体を食い破って登場する場面が見せ場。

リドリースコットはグロさもご丁寧にみせる。アンドロイドのデイビッドが、乗組員のアンドロイド、ウォルターに乗り移ってしまい、これが、次作に繋げる組み立て。プロメテウスも相当なグロもののようだか、コヴェナントも相当なもの。3部作だそうだけど、出鱈目な理屈を抜けば結構楽しいホラー宇宙劇だった。



[PR]
by katoujun2549 | 2017-09-16 21:46 | 映画