2017年 08月 17日 ( 1 )

アメリカ合衆国の苦悩ー人種差別
自分はトランプを支持してはいない。しかし、現実を冷静に見ながら評価しなければならない。アメリカのマスコミは正義ではない。気を付けた方が良い。トランプは日本人の目からは変な人物であるが、アメリカという国は常人が通用しない。とゆうより、成功が正義。トランプ政権を見るとき、バイアスには注意した方が良い。特にマスコミのバイアスだ。
バージニア州の人種差別反対の集会に白人至上主義者の車が突っ込み1人の女性が亡くなった。 トランプ大統領のコメントが再び物議を醸している。トランプ大統領のニューヨーク帰還時も1000人を越えるデモ隊がトランプタワーを囲んだという。支持率も35%と低いが、こうした報道をどう捉えたら良いのだろうか。今日、日米のシナリオはトランプ大統領のご機嫌次第という状況である。ニューヨークもバージニア州も反トランプの多いところである。アメリカは州によって国が違う。クリントン支持州はこれほど少ない。アメリカのマスコミは選挙で負けた。この恨みを人種問題に結びつけてトランプに復讐しようというのだろうか。人種問題はアメリカ社会のアキレス腱だ。黒人は全米に散らばっている。カリフォルニアやテキサスではメキシコ人が多い。フロリダではキューバ人、インデアンもいる。さらに、2世3世になれば、世界中の人種の坩堝である。だから、人種では問題が複雑だ。肌の色でいえば、マジョリテイは今も白人である。この、マジョリテイの権利が侵害されているという意識がトランプを生んでいる。
e0195345_14174198.jpg
この地図を眺めながらトランプ大統領のマスコミ批判を考える。この地図の赤い部分がトランプ支持だ。白人が多い州である。人種問題については、アメリカ人は建前と本音が違い、トランプの発言に内心喜んでいるアメリカ人は多い。マスコミはこれを報道できない。選挙時以来、マスコミは国民感情を理解できず、今も上から目線でトランプを批判する。
トランプはこの現実を読んでいる。

「大統領が就任して半年、先週は白人至上主義者のデモに反対するグループとの衝突で死者が出たことや、北朝鮮の金正恩とのミサイル実験に関する応酬などで、世界に衝撃を与えている。アメリカは州によって風土、社会、経済、さらに歴史や道徳も異なる。民族構成も様々で、これらは昔からのことで、トランプ政権への反応も州によって違うのである。
6月末にはサンフランシスコ郊外のフェアフィールド市に住む友人を訪問したが、彼はトランプ大統領をアメリカの恥と言って、いつか弾劾され、4年は続かないと言っていた。西海岸はハイテクやバイオで海外との交流も盛ん。東海岸のニューヨークやマサチューセッツなどは金融や学術などで国際化が進んでいる。ところが、中西部やメキシコ国境の諸州は国内問題に悩んでおり、トランプ支持の地盤である。これらとサンフランシスコとは全く雰囲気が違うのであろう。人種平等とか、アメリカンドリームの現実も実態と理想とは異なり、格差がある。今に始まったことではない。それでも、アメリカには自由とか、合理的な生活、個人の尊重といった、アジアやヨーロッパには無い価値観が独特の暮らしやすさ、また、進取の気性を生んでいる。これが国家発展の原動力である。ところが、こうした公平、公正、自由が時に濫用や、不利益の元になっている。トランプ支持の背景にはそうしたアメリカの国家理念の恩恵を受けていない人々も多くいる。

彼を支持する35%というのは何となくの35%ではない。かなり強固な基盤であると見た方が良い。政治の世界で、35%の強固な支持者がいるとすると、更に、30%の人がなびく。その結果が大統領選挙での結果である。カリフォルニアや、ニューヨークなど、3州を除くとトランプの獲得票はクリントンより多い。民主党ではトランプに共鳴しない議員が殆どであるのは当然だ。共和党内部では議員の70%がトランプの発言に共感しているという現実もある。日本のマスコミはアメリカのマスコミに同調するから、これもバイアスがかかっている。テレビ報道も真に受けない方が良い。一体何を便りにアメリカの報道を受け入れるべきなのだろうか。
オバマ氏は確かに初めての黒人大統領で、われわれ、日本人にはヒューマンで受け入れやすい言動だが、当初から黒人のオバマでは成果は乏しいと言われていた。その揺り戻しがいまおきている。アメリカという国は大きな流れのなかで見た方が良い。トランプという個性の強い大統領の毎回の過激な発言に騒ぎ立てるアメリカのマスコミにむしろ日本の報道は振り回されている。反トランプのキャンぺーンを行ったマスコミとトランプが対立するのは当然だ。アメリカ人はマスコミを信用していない。民主党もマスコミもマイノリティを取り込むことで成り立ってきた。ところが、その構造が変化し、マイノリティから離反されてしまった。離反した人々が引き付けられたのがアメリカファーストというコンセプトである。見事なトランプの作戦勝ち。

何故だろうか。自分は各州の日本人の人口からも見て取れる。アメリカの州で一番日本人の多い州はハワイ、次がカリフォルニア、3番目がニューヨークである。皆反トランプの地盤である。日本人が1万人以上いる州は10州程度だが、そのうちトランプ支持州はテキサスとミシガン位なのである。日本おのマスコミはアメリカの日本人の空気を拾っているにすぎない。

日本のマスコミははもっと信用できないのではないか。北朝鮮のミサイルを騒ぎ立てるが、彼らの資金源が国際統計でみる額では無いことは分かりきっている。中国やロシアの闇経済で成り立っていることを一切報道しないのは何故だろうか。北朝鮮の貿易は表面の数字の10倍の闇経済なのだ。この辺りから疑問を持って新聞も読んだ方が良い。


[PR]