2017年 08月 14日 ( 1 )

中野区中央の古民家改造の喫茶店、モモガルテンで古楽器を使ったコンサートの夕べが8月13日の日曜日に行われた。バージナルというイギリスで使われた16世紀のチェンバロの小型版のような楽器とフルートの前身、フラウトトラベルソという古楽器の演奏であった。ももガルテンでは毎月講演会や演奏会、来月は落語など地域の小さなイベントホールにもなっている。この夕べはまさにホームコンサートであった。モモガルテンは最近はNHKEチャンネルでも取り上げられ、中野の名物。家から1分の所にある。
e0195345_13041704.jpg
フェルメールも描いたバージナル
e0195345_13034541.jpg
バージナルのレッスンを描いた絵
e0195345_13051932.jpg


6時半から9時近くまで古楽器の響きを堪能した。演奏者は桐朋音楽大学で古楽器を専攻されバッハコレギウムジャパンでも活躍されている朝倉未来良氏がフルートで、バージナルの演奏は木村夫美氏。終戦記念日も近く、また、東日本大震災の被災への鎮魂のトークもあり、2000円の料金と500円のワインでこれだけの内容は大満足であった。バージナルは音が小さいので、大きなホールでの演奏は向いていない。50人ほどの観客で、ももガルテンのような木造家屋にはピッタリの響きであった。

曲目は次の通り

ヘンデル のラルゴ

ウィリアムバード 作 私は川のほとりから来た少女 16世紀

ヘンデル メヌエット

バロック時代居酒屋 で演奏された民謡グリーンスリーブス

バッハ ベッツォール メヌエット

ヤンピータースメリ 緑の菩提樹の下で

バッハ ソナタ アダージョ

ルイエ 作 ソナタ

バッハ パルティータ

コレェーリ 作ジミニャーニ2長調ソナタ

バイオリンの曲マリアテレジア コンパラ

パラディス作 シチリアーノ

と豊富な内容であった。


e0195345_14093841.jpg


[PR]
by katoujun2549 | 2017-08-14 13:10 | Comments(0)