2017年 06月 19日 ( 1 )

e0195345_17103479.png
 我が家の猫ちゃんの「きゃーこ」はマルクスアウレリウスアウグスチヌスキャーコという名前を今は亡き妻が命名し、長いので通称キャーコといっている。我が家に14年前、野良の子猫が屋根の上でキャーキャー言っていたのを家にいれて以来飼い続けている。自分は犬は何度も飼った経験があったが猫は初めてだった。猫というのは犬とはかなり反応が違う。犬は飼い主の動きに反応する。しかし、猫はむしろジッとうかがっているようで、何を考えているのかわからず、勝手な行動をする。相手の行動を予測する能力には驚かされる。びっくりしたのは、春になると毛が抜けるので、ブラッシングをしていると気持ちよさそうにひっくり返って仰向けになったりするのだが、突然怒ったように引っ搔かれることがある。そのときは、びっくりして額をパッチンと弾いたり対抗措置をしたが、どうもその後の反応が悪く懐かない。何故、そのような行動に出ることが分かった。同様に、体をスリ寄せて来るのはよいのだが、急に噛みついてくる。これも気分が高揚した結果だそうだ。だから、先は引っ搔かれそうになったり、興奮して来る先手を打って逃げるが勝ちということである。もし、急に噛んだり、引っ搔いたりされても、そこは耐えるしかないのだそうである。噛まれて怪我をするほどではないから耐えることができる。あくまでも、嫌われたくなければである。それでも、血が出る時もある。
 犬もそうだが、家庭で飼う動物というのは飼い主の愛情が全てである。猫は名前を呼んでも知らん顔をしている。しかし、後ろを向いても耳はしっかりこちらを向いて注意を向けているのである。最近は、引っ搔かれようと噛みつかれようと、じっと我慢しているおかげで、寝ていると顔を摺り寄せて舐めてくるようになった。自分は絶えず愛情を試されているのである。犬とは違う猫の習性に自分が飼いならされてきたのかもしれない。

[PR]
by katoujun2549 | 2017-06-19 13:21 | | Comments(0)