新潟の剣豪 今井常固と山田次郎吉

新潟の直心影流 今井常固(つねかた)と山田次郎吉


直心影流の山田次郎吉の流派の祖としての力量を疑い、今井を本流とする研究があるが、あまり意味があるとは思えない。流派内で優劣を競うという事が無いし、免許皆伝とか、榊原謙吉にどこまで認められたかという事については今井に関しては歴史的資料は無いのだから。今井常固は明治大正期の新発田市の剣道を支えた剣豪。新発田は堀部安兵衛を生んだ地。

幕末の剣豪、榊原謙吉から直心影流の指導を受けた最期の剣士と言われている。当時、坂本龍馬を暗殺した一員と言われた今井信郎も同じ時期に門下にいた。後に直心影流最期の免許皆伝、榊原謙吉の後を継いだ、山田次郎吉はその後輩にあたる。山田次郎吉の時代は榊原は幕府の仕事や、竹刀稽古に関心が移り、形の稽古は弟子に任せており、山田は兄弟子の今井達とは相当に稽古を重ねたと想像する。というのは、榊原の道場は竹刀稽古主体で形稽古は行わなかったからだ。山田は形の修得も志し、師の了解を得て、同じ直心影流の山田八郎に学んでいる。当時の剣術界では既に形派と竹刀派の対立が見られたが、山田は形と竹刀打ちの関係を、両者は相反するものでなく、どちらも修めるべきとの考えを抱いていた。

山田次郎吉


1894年元旦の日、榊原より目録を受け、直心影流第15代と、道場を継承する。


当時の稽古は6尺もある大木刀を1000回も毎日振ったり、1人稽古も多かった。今井は新発田藩が直心影流だったこともあり、地元に帰り、地域の剣道指導にあたり、多くの剣士を育てた。しかし、明治になると、真剣を使った刀法は廃れ、竹刀の剣道が復活し、学校教育にも取り入れられた。剣道に取り組み、又、形の稽古を熱心に行なってきた人は分かると思うが、法定や袋竹刀の鞱の形、刃引きは互いに合気となるため、気持ちが通じ合う関係にもなる。竹刀稽古も相当にやったと思うが、今井と山田は遠く離れていたが、互いに通じて、新潟から東京に剣道の修行に行くものがいれば、山田が世話をするような関係であった。

e0195345_20314403.jpeg

今井は新潟第一の剣士として、東京から招かれた強豪に対しても、むしろ一歩も引けを取らない対戦ぶりであったという。特に直心影流の特徴である呼吸の持続力を見せ、息の切れた相手を攻めきったという。中山博道もしばしば新潟を訪ねているが、推測だが、今井の存在もあったと思う。


山田は府立三中の剣道指導、一高、東京商科大学剣道師範として学生の尊敬を集めた。山田の偉大さは東京商科大学で育てた学生が実業界で活躍し、多くがトップ経営者となり、彼らが終生尊敬し続けたことでも分かる。山田は榊原謙吉から免許皆伝を受け、直心影流十五代を名乗ることを許され、剣道の流派を学問的に体系づけた日本剣道史を書いた。今井は新潟中学師範を務め、新発田という地域で剣士の育成したが、あまり記録が残っていない。しかし、新発田市から新発田中学卒業した剣士中野八十二、佐藤毅、斉藤正利、長谷川寿など、戦前派に九段範士4人を生む剣道の盛んな土地柄が彼の存在感を示している。


[PR]
by katoujun2549 | 2017-12-09 19:20 | 武道・剣道 | Comments(0)