ブレードランナー2049を見た

公開後4日目新宿のバルト9でブレードランナー2049を見た。163分の長編だ。海外では、前作の価値を損なわないクオリティとの評価を受けた。大体、続編は前作を凌ぐケースは稀で、二作目はオチャラカが多い。今回はしっかり引き継いでいるという評価。

e0195345_07452818.jpg

映像美が素晴らしい。荒廃したLA、変な日本趣味も引き継いでいる。リドリースコット監督の1982年の名作、ブレードランナーの続編。レプリカント狩警官のデカードはレプリカントのレイチェルと疾走したところで、前作は終わった。35年後、ララランドのライアンゴズリング演じるKがデカードの消息を追う。彼の控えめな存在感がほど良い。すっかり爺様になったリックデカード役のハリソンフォードが登場した。監督はブィルヌーブ。脚本はエイリアンコブェナントのマイケルグリーントいうので不安になった。彼の編集したエイリアン最新作は前作プロメテウスを見てないと分かりにくかった。このレプリカントというのは人間とどう違うのか?この作品はものすごく金がかかっていると思うが、そうしたところやCGの映像部は長尺のシーンが多く物語の流れが悪くなる。エイリアンもそうだった。これは実存主義や哲学者ビトゲンシュタインの問題ではなかったか?というところまで掘り下げてもらいたかった 

人間はどこから来て、どこに向かうのか?リドリースコットのテーマである。この哲学的テーマを映画で語ることは可能でしょう。しかし、読み解くにはあまりにも難題であり、映画という言語では伝えきれない。


Kは自分の出生の秘密を探る。2023.6.21という数字は生まれた時か?レイチェルは子供を産んで死ぬ。レプリカントが妊娠した。女性のレプリカントがかくまわれている。Kはその彼女と出会うが、まるでどこでもドアみたいに彼女のところに行くのだからびっくり。人間の記憶がコピーされるのか。このテクノロジーがすごすぎ。2049年にどこでもドアみたいなものが出来るとは思えない。

ウォレス社という会社はろくでもない、悪巧みの会社。レプリカントの反乱て前作のタイレル社は解体された。LAは以前核テロで大停電となりデータが消えレプリカントも次のバージョンになった。ウオレス社は次世代型の長寿命レプリカントを開発し、レプリカントによる世界支配を狙う。このあたりの経緯に関して、3つの短編映画が作られている。渡辺信一郎監督のアニメ2036。ネクサス・ドーン、ブラックアウト2022」補足の短編がこれだけ必要なのは編集の失敗だ。


記憶を可視化したり、実体と虚像が同期して、Hしちゃう。そんなテクノロジーが32年後に生まれるとは思えない。まるで麻薬の世界。女レプリカントのブレードランナーの登場も凄い。Kは何処にデカードがいるか突き止める。ミツバチの養蜂所の奥の館。デカードの所在を求めて Kは館に入る。そこにハリソンフォード演じるデカードがいるが、かなり暴力的な迎えかた。 Kがレプリカントなら弱すぎ。


ラケル の名前が登場。ラケルは旧約聖書の『創世記』に登場する女性。ヤコブの妻。父はラバン、姉はレア。 『創世記』によれば、兄エサウから逃れて伯父ラバンの元へきたヤコブはラケルを見初め、ラバンの「七年働けば結婚を許す」という言葉を信じて働く。ところが結婚式を終えて花嫁を見るとそれは姉のレアであった。

ロスに雪が降るんです。地球温暖化で海面水位が上がり巨大な堤防で街は守られている様子。人類とレプリカントは対立しているようなら作らなければいいのだが。突然レプリカントの反体制グループが登場、Kに真実を伝える。


デカードの住んでいるのは60年代の街みたいである。プレスリーがモノグラムに出てくる。3Dジュークボックスにシナトラが現れたり。未来テクノ満載でした。こんなところに金がかかっている。偽のレイチェルが登場するが、デッカードに見破られるとウオレス社の殺し屋レプリカントがアッサリ銃殺。だからR指定なのだな。レイチェルどうやって撮ったのか、昔の美しい映像そのまま。銃殺は漫画。美貌女優ショーンヤングは一時奇行でお騒がせ女優と言われたこともありましたが、最近も健在でyou-tubeのテレビインタビュウでおばちゃんぶりを披露して、美しさは相変わらずです。


[PR]
by katoujun2549 | 2017-11-01 00:18 | Comments(0)