3人のエマ:エマストーン、エマ・トンプソン、エマ・ワトソン

この3人の女優の出演する映画を見た。ひとつは、実写版「美女と野獣」でエマ・ワトソンは主役として野獣のお相手を見事に演じた。その中でミセスポット役がエマ・トンプソンで魔法が解けたラストに登場した。日本でも今の朝ドラひよっこの有村架純や、トト姉ちゃんの高畑充希もそうだが、意思のはっきりした頭の良さそうな女性に人気が出る時代。

1.エマ・ワトソン

は10年にわたる「ハリー・ポッター」シリーズでハリーの親友ハーマウォーニ役を演じ、その後も幾つかの映画に出演、「ノア約束の舟」でも重要な役を見事に演じた。美女と野獣では野獣に拉致された文学少女の「美女」の役で、知性的な女性をこなした。さほど美形とは言えないが役柄が本を読むことが生き甲斐の少女だからこれで良い。何と彼女はアメリカ東部の名門校ブラウン大学を俳優業もこなして卒業している才媛なのである。芦田愛菜チャンもそんな女優を目指したらいかがだろうか。
e0195345_00190431.jpg

2.エマ・トンプソン

「日の名残」でアンソニー・ホプキンスと渋い演技でアカデミー主演女優賞にノミネートされたが、彼女は2回も取っている。ケンブリッジ大学で文学を学んだ才女である。元々はケネスプラナーの劇団で演技も磨き、また、ケネスプラナと結婚もしたが、離婚、2度目の結婚生活。今作品で美女と野獣のMisesPott役で見ることができた。最後のシーンでポットの姿から元の貴婦人の姿になった彼女の笑顔と存在感は流石であった。ハワーズエンド92年でアカデミー主演女優賞、脚本・主演を兼ねた「いつか晴れた日95年ではアカデミー脚色賞、主演女優賞にノミネートを果たした。
e0195345_00194718.jpg

e0195345_00304104.jpg
演女優賞を受賞。脚本・主演を兼ねた「いつか晴れた日」(95)ではアカデミー脚色賞を受賞、主演女優賞にノミネート

3,エマストーン

2012年1月辺りから頭角をあらわしてきた彼女はアメリカンドリームの体現者である。今最も輝いている女優である。意思の強さと強烈な花のある女優である。ミランダカーのようなベビーフェイスでもある。LALALANDではエマ・ワトソンも主演候補だったが見事に主演女優を勝ち取った。
『アメイジング・スパイダーマン』から引き続いてグウェン・ステイシー役を務める『アメイジング・スパイダーマン2』は2014年4月に公開された。
e0195345_00264325.jpg

2013年5月、ウディ・アレン監督、コリン・ファース出演の新作コメディ映画のキャストに加わったことが発表された。2014年公開の『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』で第72回ゴールデングローブ賞や第87回アカデミー賞助演女優賞などにノミネートされる。
2016年公開のデミアン・チャゼル監督作『ラ・ラ・ランド』では、第73回ヴェネツィア国際映画祭女優賞での受賞を皮切りに、ゴールデングローブ賞主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)や英国アカデミー賞主演女優賞などを獲得し、賞レースを席巻。 そして、第89回アカデミー賞では、自身2度目のノミネートにして初の主演女優賞に輝いた。先に書いた2人と違い、彼女は学歴が無い。若いころから、映画のタレントだったため、在宅学習で高校まで過ごした強者だ。見事に職業で花開いたのだから、これで良いのだ。


[PR]
by katoujun2549 | 2017-07-28 15:04 | Comments(0)