ヘリテックのエール

ヘレティック・ブルーイングは、北カリフォルニア・フェアフィールドから。ジャミール氏はもともとホームブルワー出身で数々のアメリカのホームブルワービアコンフィデンスで長年受賞経験し ついに Heretic Brewing を設立。


Heretic とは、カトリック宗教の教義に対立する信仰を持つ人のこと。その意はビールに精通しビールを飲む人の 90%以上が、大量市場のライトラガーこそビールの世界と信じています。つまり、クラフトビール好きはヘレティック!いろいろなキャラクターのあるビールを楽しみたいという強い思いを持ち、いつでもどこでも自分たちが飲みたいビールが飲めるビアシーンを築きたいという願いを持った人。ヘレティックブルーイングは、世界中が大量に造るようなビールではなく 自分たちにしか造れないおもしろいクラフトビールを目指している。

友人のご長男がホームブルーワリーの趣味で、自分でエールを作っていたが、結局、難しいことが分かり、止めた。そこで、エールの良さに目覚め、丁度フェアフィールドのヘリティックのブルーワリーとパブに出会い、自分にも紹介してくれた。50種類のエールを選べる。


[PR]
by katoujun2549 | 2017-07-15 09:13 | グルメ | Comments(0)