習近平の長女はハーバード大卒

習近平は、妻で人民解放軍に所属する国民的歌手である彭麗媛との間に、一人娘・習明沢をもうけている。 1992年生まれの彼女は、現在25歳。杭州外国語学校を出て浙江大学外国語学院に入学し、外国語の同時通訳を専攻。 大学卒業後にアメリカに渡り、名門ハーバード大学に入学したというウワサは広まっていたものの、未確認情報のままだった。

しかし今回、ハーバード大学の名誉教授で、東アジア研究の大家であるエズラ・ヴォーゲル氏が、アメリカ合衆国政府が運営する国営放送「ボイス・オブ・アメリカ」のインタビューに答えたところによると、彼女は確かにハーバード大学を卒業し、すでに帰国したという。

習近平は訪米時に2回ハーバードの学長と会っている。最初に会った時にはまだ在学中だったのではないだろうか。鄧小平、江沢民、朱鎔基などの党最高幹部の子弟は皆アメリカの大学に留学している。習近平は、自身が党書記長に就任する1年前には娘を一時帰国させた。彼は汚職追放や腐敗幹部の取り締まりを政策の柱にしているが、批判を避けるために一時帰国させたが、やはり卒業していた。彼の娘は写真なども出ることがなく、母親似の美人ではないかといううわさがあったが、ハーバードの卒業写真から大したことがないことがわかり、日本の眞子様に比べ、習近平似の顔に中国人をがっかりさせたらしい。

 習近平は自信の財産は3鶯円程度と公表しているが、実際は彼の姉の橋橋が巨大な資産を保有し、ファミリービジネスの規模で見なければ正しい認識ではない。彼女が香港に所有している不動産だけで60億円以上の価値があり、父親以来の莫大な資産がある
彼は中国のレアアース販売のほとんどを手掛けている企業の株式の18%を保有している。これだけで時価230億円の価値があるという。
江沢民も、温家宝も同様に莫大な資産を保有している。ファミリービジネスのことは中国人も皆知っている。彼は汚職撲滅や不正摘発をスローガンにしているが、彼の権力システムを保存するために行っており、政敵を叩く手段に過ぎない。彼自身や太子党の仲間に関しては手つかずだという。こんなことでは、いつか習近平がテロに狙われる恐れもあるだろう。しかし、悪い奴ほどよく眠るというパターンもある。今彼が腐心しているのは自身の権力基盤の固定化だろう。

[PR]
by katoujun2549 | 2017-06-05 14:16 | 国際政治 | Comments(0)