エドワード・ルトワック著 戦争にチャンスを与えよ 文藝春秋文庫

エドワード・ルトワック著 戦争にチャンスを与えよ 文藝春秋文庫
作者は戦争をすべきと言っているのではない。戦争を避け、平和を守るために何が必要かを述べている。大切なことは政治的なパフォーマンスとか、人道支援といったことを越えた、戦争特有の力学を述べている。中途半端な介入が問題を複雑にし、解決を遠ざけている現実を示しており、さらに、北朝鮮や中国の軍事的な動きに日本はいかに備えるべきかを助言している。歴史の教訓も必要である。戦争は戦術や戦闘より戦略によって決まる。第二次大戦の日本やドイツの敗北の理由とその結果、また、武田信玄、織田信長、徳川家康を例に比較しながら、戦闘、戦術、戦略の意味を説明し、今、日本が何をすべきかを提言している。ヨーロッパおいては1000年間帝国であり続けたビザンチン、また、今も存在感を見せるイギリスを例に戦略を語る。戦争を避け、また、勝利への道は同盟を組むことである。また、戦略というのは直線的思考の裏をかく性格があり、敵の予測不能な行動であることが条件である。戦略はパラドキシカルであるとする。以下の章だてである。
1 自己解題「戦争にチャンスを与えよ」
2 論文「戦争にチャンスを与えよ」
3 尖閣に武装人員を常駐させろ――中国論
4 対中包囲網のつくり方――東アジア論
5 平和が戦争につながる――北朝鮮論
6 パラドキシカル・ロジックとは何か――戦略論
7 「同盟」がすべてを制す――戦国武将論
8 戦争から見たヨーロッパ――「戦士の文化」の喪失と人口減少
9 もしも私が米国大統領顧問だったら――ビザンティン帝国の戦略論
10 日本が国連常任理事国になる方法


[PR]
by katoujun2549 | 2017-06-02 01:17 | 書評 | Comments(0)