ウクライナ歴史の復元を模索する (社会科学の冒険) ‘94年早坂真理著

1994年はまだソビエトが崩壊して間もない時代だ。ソビエト共産党が活動を停止し、共産党の一党独裁が崩壊したのが1991年。この本が書かれる前に早坂氏はウクライナを旅したことになる。このころのウクライナの旅行記ということはそれだけで貴重だ。
著者の早坂氏はポーランドに留学し、東欧の歴史に関する第一人者である。ウクライナというのは当時の強国ポーランドリトアニアとロシアに挟まれ、コサックを軸に歴史を駆け抜けた。早坂氏のポーランドからみたウクライナという側面はぬぐえないが、それは時代のせいでもあろう。ソビエト崩壊後とはいえ、スターリンやナチスに翻弄され、世界史的にも稀なホロコーストの受難を持ったウクライナの歴史は資料の公開もままならない時代で難しかったはずだ。今や、ウクライナはNATO諸国とロシアの狭間で紛争地帯も包含した世界に注目される地域となった。そうした視点が欠けているのはやむを得ない。しかし、当時のウクライナ知識人の様子は伝わってくる。今や、クリミア半島のロシア併合でロシアが経済制裁を受けている状況や、北朝鮮の問題にロシアが微妙な影を投げかけ、トランプ政権の誕生など予想もつかなかった時代に書かれたことを念頭に読んだが、早坂氏のポーランドとウクライナの歴史的関係に関する膨大な知識に感服した。
普段なじみのないウクライナの歴史であるが、この本を機に自分なりに理解した内容を下に記した。

1.ポーランドとウクライナ

2014年ロシアのクリミア併合は西世界の批判と経済制裁が続いている。さらに、ロシアとの国境周辺では紛争が戦闘の形で繰り返されている。ハリコフ周辺は危険といわれている。しかし、キエフやオデッサ辺りは観光客も多く安全らしい。ポーランド映画の「火と剣」はシェンキービッチの大河小説を映画化したスペクタクル作品で、you-tubeでかなり見ることができる。英語字幕がついているものもあり、筋書きは理解できる。しかし、このドラマはポーランドとコサックの戦いが舞台となっており、コサック側にはイスラム教徒の将軍や、モンゴル人のような衣装の兵も見られ、どのような民族背景があったのか分からなかった。そこでポーランドの歴史を多少読むと、西欧中心の歴史とは別の世界を垣間見る。ポーランドにとって15世紀のポーランドーリトアニア連合国家であった時代が絶頂で、これをヴォスポスポリータといって彼らの郷愁をそそる時代のようだ。ポーランドとリトアニアの連合軍は1410年タンネンベルグでドイツ騎士団に勝利し、後にヨーロッパが30年戦争で疲弊している間、ヨーロッパ最強国であった。華やかな貴族文化も生まれた。ポーランドは貴族の天国で、農民の地獄とも言われ、自国民やウクライナを搾取した。北のロシアは農奴制が始まり、ウクライナのコサックは先はポーランドに反旗を翻すことになった。これがザボロージェコサックのヘトマン(首領)フリメニツキの反乱であった。彼はロシアと組むことでヤレウスラヴ条約にこぎつけ、ポーランドにコサックの土地所有を認めさせ、コサックの国家を作ったが、ロシアに吸収され、第二次世界大戦終結後のフルシチョフ政権まで苦難の歴史を歩んだ。ポーランドやリトアニアもそうだが、大国の間に挟まれた小国が、武力を巨大化させると、結果的には悲惨な物語になっている。これは今日のシリアの内戦や北朝鮮の事情にも繋がる。歴史は繰り返される。ポーランドやリトアニアは日本からも遠く、ウクライナも含め、無縁の世界のように見える。しかし、日本はロシアには近く、軍事上も関係があり、ロシアの国家統治の要である周辺民族国家との関係が、ロシアという国の謎を読み解く鍵でもある。今の政治状況や歴史を読み解くにあたり、ポーランドから見たウクライナ、ロシアから見たウクライナの情報はあっても、ウクライナから見たポーランドやロシアは語られることが少ない。その意味から、東京工業大学の早坂真里教授のウクライナ旅行記は貴重な視点である。

2.ウクライナ旅行記

キエフ公国が成立し、ビザンチン帝国との関係がオスマン帝国によってコンスタンチノーブルが陥落するまで、ロシアはウクライナを中心としていた。ロシアの起源はウクライナでもある。1954年フルシチョフによってクリミアがウクライナに併合された。ウクライナはそもそも共和制であったが東西冷戦下であり、ソビエト共産党の独裁下にあったし、ソ連の支配下にあった。ソ連の崩壊がウクライナをNATOに接近することはロシアには耐え難いことであろう。ヨーロッパでは、ロシアを弱体化させるにはウクライナをロシアから切り離すことが効果的であるとビスマルクは提唱していたという。ウクライナの大平原はヨーロッパの穀倉だった。ポーランドにとってもウクライナを支配した歴史がある。ソ連はウクライナを利用しつくした。帝政ロシアの騎兵はコサックであり、強力な軍事組織として露土戦争で活躍した。ところが、ロシア革命後はソ連の穀倉地帯として共産党ソビエト政権が軍備のために収穫した穀物を簒奪した。このためにウクライナの農民5の20%500万人が餓死、50万人ものクリミアタタールも餓死した。ホロムドールといわれ、世界では人道に対する犯罪行為とされている。サボロージェコサックとタタールは反革命のかどでシベリアに追放され、また、トルコに逃れた。他のドンコサックも同様な仕打ちを受けた。近年復権し、故郷に戻っている。彼らが故郷に帰れたのはソ連の崩壊後であったが、あまりにも大きな犠牲であった。

早坂氏の旅行記ではクリミヤタタールの帰還者との交流がかかれているがコサックにはあまりふれていない。ポーランドからの宗教者、農民問題研究者ヴァレリアン・カリンカの研究論文もあり、旅の目的のひとつであったようだが、何故かホロムドールには触れていない。チャイコフスキーのこと、名前が、我々には馴染みがないと思っていたが、あの大作曲家チャイコフスキーがウクライナコサックの家に生まれた人物とは知らなかった。彼女の思考はポーランド留学の経験からどうしてもヴォスポスポリータ風になるのだろう。ウクライナの歴史は彼ら自身の手によって復元するしかない。

3.コサック

コサック兵は、何百年もロシア皇帝の軍隊として兵役に就いたが、その形態は傭兵的であり、比較的解散が容易で、国庫の負担が軽い、為政者にとってはまことに便利な存在になっていった。そしてコサックの成敗に、コサックを指し向けるということが行われた。最終的には1917年の革命の際、ペトログラードのコサック兵はロシア皇帝を見限った。その後、ロシアの革命政府はコサックに独立の空約束を繰り返すとともに徹底的な弾圧と殺戮を繰り返した結果、コサックは根絶され、今日のコサックはノスタルジアの世界だけに主に存在し、軍事的な重要性はない。

ただ、「コサックをやっつけるのにコサックを使う」式の、グループ間での対立を煽る「戦争マネージメント」のスタイルは、こんにちのウクライナを巡る紛争にもハッキリと見て取れる、常套手段的なロシアの手口は変わらない。

[PR]
by katoujun2549 | 2017-05-20 18:15 | 書評 | Comments(0)