集団的自衛権の裏側

e0195345_15383728.jpg
新発田市 自衛隊駐屯地で公開された135mm榴弾砲


集団的自衛権 right of collective selfdefense に関しては、自民、公明党による安全保障法制の協議会で議論が進んでいる。閣議決定で、憲法改正をせず、解釈によって、これまでの解釈を条件付きで変更し、集団的自衛権の行使ー武力行動が可能となる。3要件が合えば、自衛隊の自衛的措置としての武力行動が可能となる。日米安保条約では恐らく、他国の侵略があっても米軍は日本に多大の犠牲が出るまで出動してくれないだろう。そんな時、アメリカは何もしない訳ではない。何の為に、沖縄米軍があるのだろう。契約なのだから、彼らは見殺しにはしない。とはいえ、アメリカでも軍事行動には国民の理解が必要なのである。その為にも、集団的自衛権の発動も出来ない国にはアメリカは手を差し伸べないだろう。今回、マスコミを賑わせているのは、公明党が存在感を示そうと無意味な難癖をつけていることだ。マスコミも語句の付け足しにスッタモンダしてることを報道し、公明党の存在感を示そうとしている。とにかく、現政権は安倍という坊チャマと悪ガキ谷垣、バカ大将麻生のサンバカ政権だが、結構その裏で悪知恵の効いた連中が連中を操っている模様。アホノミックスを進める為にもこの憲法解釈の変更は必要なのだ。憲法第九条の抹殺作業をあきらめている訳ではない。かつて、小泉元総理にも色々参謀がいたが、その応用版で、官僚とか、電通のようなところも加わり知恵をつけている。尖閣諸島問題は、実はアメリカのローッキードF35を次期戦闘機に採用するためのCIAの謀略だったし、今回の集団的自衛権はTPP交渉妥結の為にアメリカのご機嫌取りということが背景にあるに違いない。日本はTPPにおいて岩盤規制、特に米を守りたい一心でアメリカに悪魔の契約を結ぼうと言う訳である。これは、アメリカの対中国戦略に組み込むと言う事でもある。こうした大きな政策決定は必ず裏があるのだ。このサンバカがいずれ、ヒトラー、ゲーリング、ゲッペルスという三悪に変化しない事を願うばかりである。大きな歴史の流れで言えば、アメリカの世界戦略に何とか日本を組み込み、日本を鳩山政権の時のように勝手に動かせないようにするアメリカの意思を感じなければならない。こうした地政学的、歴史観に基づく現実理解は絶対必要だ。クリミア半島のロシア化はこうした流れで簡単に読み取れるのと同じだ。

そもそも、現法の解釈で武力行使が許される場合というのは、1954年に吉田茂内閣が同年、自衛隊が発足した当時3要件を示したことによる。それは、①我が国に対する急迫不正の侵害、②他に、適当な手段が無い ③必要最小限にとどまる−場合に自衛権を行使する事が出来る。自国への攻撃が無くても他国への攻撃を実力で阻止する権利ー集団的自衛権行使は禁止されて来た。解釈による変更が正当な行為かというと、憲法65条の行政権は内閣に属すると定めてあるからである。今回、解釈変更の要点は「国民の生命や幸福追求の権利が根底から覆される恐れがある→「恐れ」を明白な危険、とし、集団的自衛権の連携先を「他国」→我が国と密接な関係にある他国、「国民の権利を守る為に他に適当な手段が無い→我が国の存立を全うし、国民を守る為に適当な手段が無いと変更した。首相は憲法解釈は最高裁判所において最終的には確定すると言っているが、これは当たり前の事だ。そもそも、こうした解釈によって、憲法の基本的な役割が軽んじられるという危険があり、何故、今、こうした解釈を必要としているのか、国民的な議論が封じられたまま、進められていることに疑念が湧いて来る。近代の戦争は国境紛争を別にすると、集団的自衛権の行使から、大きな戦争につながっている。例えば、第一次世界大戦はサラエボでオーストリア皇太子夫妻が暗殺された報復に、オーストリアハンガリー帝国がセルビアを攻撃した。それに対して、ロシア、イギリス、フランスが参戦、ドイツがオーストリアに加担し、トルコも加わったた事からロシアは後戻り出来ず、凄惨な長期戦になった。第一次大戦ではアメリカや日本は漁父の利を得たのだが、集団的自衛権行使は湾岸戦争など大きな戦争につながる。憲法解釈だけで我が国は自衛官の生命の危機もある危険な行動を行なう事ができるのである。戦争は国家が行なう殺人行為だと言う事。勿論これは、その時の政権とか、国際情勢がどうかによって行使されることであって、軽々に行なわれる事ではない。しかし、我が国の政治家、過去の歴史から、周辺国や国民の間からも疑念が起きている。今、中国の海洋進出などから、アメリカと中国の覇権のはざまに我が国がいることから、何故、今なのかが説明されていない。そして安倍政権は執拗にこれを進めようとしている理由として、背景にTPPがあることをマスコミを使って隠蔽しているところが問題なのだ。
e0195345_15380964.jpg
   このロケット砲が目に入らんか


[PR]
by katoujun2549 | 2014-06-25 12:06 | 国際政治 | Comments(1)
Commented by skuna@docomo.ne.jp at 2014-07-01 20:17 x
えっとこちらのブログすごいびっくりして…

なんだか自分のことを言い当てられてる気がするくらい、思わずブックマークしちゃいました!

共感もしたし、本当にウチの中で大切なことが書き込まれてるブログだと思ったんです。こんなにも素敵なブログを書く方ってどんなひとなんだろう?って思って

興味津々で初めて書き込みさせてもらいました!

なのでできれば直接お話ししたいと思って、名前の部分にウチの連絡を入れておいたのでよかったら連絡してくださいね。待っていますです!

※もし面倒ならこの書き込みも抹消しちゃって構わないので気にせずにお願いします。

いっぱいお話ししたいことだらけです!