歴史と国際政治の逆説

 日本のマスコミは、世界の政治がどんな力学で動いているのかを分析出来ない。先日、太平洋戦争最後の証言三部作を書かれた、門田隆将さんと食事をする機会を得た。朝日新聞を象徴とする日本の平和原理主義者というのは憲法第九条固持、核廃絶、沖縄の米軍基地縮小、県外移転などにこだわる。しかし、この10年間、世界は軍事的な緊張が厳しくなり、その最前線が中国と北朝鮮であることを全く無視しているかのようだ。だからといって、日本が軍事費を拡大しろと言っているのではない。核兵器が平和に貢献しているという逆説を説明するのは結構大変だ。歴史は逆説に満ちている。

 国際政治の中で、核兵器がどんな意味を持ち、北朝鮮がこれをどう使おうとしているのかの見解はいつも出てこない。マスコミも、政治家も議論しようとしない。門田氏は、太平洋戦争の日本人の戦死者は無駄ではなかったと主張している。東南アジア諸国の独立、アメリカの公民権運動、イギリスやアフリカの白人支配の終焉はまさに世界史的には日本が敢然と欧米世界に反抗したという現実を、これまで支配されてきた植民地諸国が見て、一斉に立ち上がった事に大きな影響と貢献があった。この事実をひた隠しにし、多くの同胞の死を無駄扱いしてきた、菅直人に象徴される、歴史観の貧しさである。

 梅屋庄吉氏(日活の創始者)のことを書いた本『革命をプロデュースした日本人』(小坂文乃)が辛亥革命100周年の今年話題となっています。 昨年の上海万博の日本館でこの歴史エピソードが展示紹介されていて日中友好の絆を結んだ貴重な人物ということが分かっている。
 現在のお金でいえば1兆円を孫文の革命に資金援助した。梅屋庄吉が金銭だけでなく、思想的にも孫文の励ましになっていたともいわれています。また、頭山満、犬養毅、山田純三郎、宮崎滔天らアジア主義者らと集い、フィリピンの独立運動にも関与した。
 いわゆる東京裁判史観がどうのというのではない。歴史を歪曲してきたのが、戦前も戦後も日本の教育会であり、マスコミである。彼等は歴史を判断する能力は無いんだから仕方が無い。何も、軍部がアジアの解放を唱えた事を言ってるのではない。結果そうなったというのだ。

 歴史というのは皮肉なもので、常に意図した通りには進まない。日本が満州に進出したのは、中国がロシアに対する緩衝勢力として日本が出ることを容認していた。孫文は満州に関心が無かった。このこともひた隠しにしている。その代り、日本は中国の辛亥革命を金銭的にもバックアップしたのだ。だから、中国人は、あの学生服のような人民服を愛用した。これは孫文が日本に留学していた時に来ていた学生服をデザインしたものだ。
 我が国は、既に原発で大量のプルトニウムを保管しており、核爆弾を製造する能力がある。このことを一番警戒しているのがアメリカである。日本の原発開発が核兵器へ保有に結びつく事を承知で、スタートした事は中曽根元首相の証言であきらかです。
 アメリカは日本に2発もの原爆を投下し、人体実験と市民への無差別攻撃を行なった加害者である。このことを忘れるように仕向けているアメリカと政府は、今後の日米関係の障壁となると判断しているが、日本人は決して忘れてはならない。アメリカは自国が原爆を使った最初のえげつない国であることを忘れさせたい。だから、原爆記念式典には要人を送らない。核軍縮はアメリカが協力しなければなし得ない。核兵器の惨禍を体験した日本が核をもつことによって、彼等の核軍縮は意味を失うだけではない。彼等は日本から万一攻撃された場合、加害者であるが故の恐怖感をもっている。彼等は日本人が核兵器をもつどころか、議論する事すら恐怖なのである。核を撃ち合う核戦争は人類の破滅であり、無意味なことは誰でも分る。では何のために北朝鮮やパキスタンは核を持つのか。イランは核兵器を製造する準備をするのか。それは実際に実現することも意味があるが、これから作るぞ、というのが一番効果がある。このことを北朝鮮は一番よく知っている。天下の宝刀は抜かずに持っていることが一番意味がある。

 我が国においても、核の有効活用を忌避するだけではなく、きちんと議論し、原理主義的対応によって国の国防を危機に曝すような事を避けるべきだと思う。核兵器を作る能力を保持し、これを世界に知らしめる事が有効な外交手段である。

[PR]
by katoujun2549 | 2012-06-02 11:18 | 国際政治 | Comments(1)
Commented at 2012-12-09 05:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。