オバマ政権の裏で暗躍するCIAの影

オバマ政権の裏で暗躍するCIAの影

 エジプトの騒乱によるムバラク政権の崩壊は1年前の出来事。北アフリカのチュニジアでの民主化デモによる政権崩壊はエジプトとリビアに飛び火した。新しい政府は必ずしも国民に取って期待通りには動いていないようだ。日本は東日本大震災でこの北アフリカで起きた大事件どころではなくなったが、1年経ってみると、その行く末が気になる。今、イランやシリアで起きていることにも関係しているからだ。今日のニュースによると、アメリカとエジプトとの緊張した状況が報道されている。

 米国務省のヌランド報道官は26日の記者会見で、エジプトで非政府組織(NGO)の米国人職員ら数人の出国が禁止されたと述べ、エジプト政府に禁止措置を撤回するよう求めていることを明らかにした。出国禁止は、昨年末にエジプト警察当局がNGOの事務所を一斉捜索したことに関連する措置で、米メディアによると、このうちの1人はラフード運輸長官の息子。ラフードはオバマ政権下唯一の共和党員である。

 エジプトは昨年の騒乱で政府が転覆されたが、その背後に、アメリカのNGOが反政府のNGO組織に資金を提供していたことを嗅ぎ付けたようだ。Facebookによって非組織グループが騒乱を起こし、これが反政府運動になって政権が崩壊したということは、あまりにも表面的な見方である。そんな形で政府が転覆される筈は無い。仕組まれた計画があったと見るのが常識であろう。これらの運動はアメリカの陰がちらついていた。CIAがその背後で暗躍する姿である。新体制での生き残りをかけた軍の抵抗がこのアメリカ人のNGO捜索と出国禁止措置である。そもそも、アメリカはムバラクの配下にあったエジプト軍に資金提供し、イスラエルの安全を確保して来た。イスラエルのモサドとCIA、ユダヤ資本とオバマ政権との裏取引が世界を動かす。アメリカの歴史で、何故か民主党が政権を取ると、CIAが暗躍するのである。CIAが生まれたのも、民主党政権下であった。

 ケネディ大統領によるキューバ侵攻の失敗、特殊部隊によるイラン人質失敗事件、アフガニスタンのアルカイダ支援、オサマビンラディン殺害など、民主党政権時代ではCIAが大活躍である。何故かは分らない。民主党政権は平等とか、社会福祉とか、社会主義的な政策を提唱する傾向がある。大きな政府を志向する。正義を前面に出すが、政治は必ずしもそれでは動かない。そこで、裏に回って暗躍する集団が必要なのであろう。我が国の、民主党も、何とも公明正大な主張に反する秘密主義、情報の隠蔽、内部抗争が激しい。裏で何をしているか分らない集団である。民主という名の影で非民主的なことが行なわれる。では共和党はどうかというと、競争原理を盾に一人勝ちの世界になってしまう。共和とは名ばかり。実際にやっているのは共和どころか、自己中心だ。少しも、名が体を表していないのが政治の世界か。

 では、民主党でアメリカの景気は回復するだろうか。ひと言でいえば、オバマ大統領—民主党政権下では「無理」である。日本にとってアメリカの景気は重要である。日本は3億6千万人の市場に大きく左右される。中国は人口14億人のパワーは凄い。生産材にせよ消費材にせよ輸出額はアメリカを逆転している。しかし、アメリカへの輸出はやはり大きく、中国がこれに取って代わるわけではない。アメリカの景気を考えると、今回の大統領選挙あるいは、後、5年以内、オバマの後は絶対に共和党政権にならなければ、韓国などにこの市場を奪われては日本は保たない。

 アメリカの社会は建前上機会均等である。しかし、成功のチャンスは少ない。オバマ政権、民主党は大きな政府と平等な社会を目指すという。が、実際はアメリカのような超格差社会では平等というのは気休めのようなもので、理念的なスローガンで終わってしまう。みんな、均等とか、総花的な施策では決して景気は良くならないし、失業率も下がらないだろう。アメリカというのは国民一人一人の自由という概念が重要である。これを損なうと、アメリカという国は元気がなくなる。その反対が北朝鮮だろう。アメリカの一部の金持ちは大部分の資産を独占している。しかし、景気というのは、皆が少しづつ豊かになるから良くなるというものではない。アップルのスティーブジョブズやマイクロソフトのビルゲイツが、どれだけの雇用を生み、世界から金をかき集めたかを見れば分る。社会主義では例えだが、10人が、100の富を生み、均等に分ける。1人が平均10生めば良いし、それ以上は不要だ。ところが、アメリカ型の市場主義では10人のうち1人が100を生み、あとは5人ぐらいが10を生み、あとは0とかマイナスで成り立つ。その方が合計すると150くらいになり、社会主義の100よりは多くの富を生み出すのだ。日本や北欧のような均一な社会では均等でもいいいが、移民の国アメリカではマイナスのグループもいるから、一人勝ち目指して激烈な競争があった方が結果は良い。オバマ政権では景気が良くならない理由だ。マイナスが消えたら大成功。だから、失業率は大きな意味を持つ。従って、民主党では国民の関心を外に向ける戦争や緊張が必要になるのである。




[PR]
by katoujun2549 | 2012-01-28 21:53 | 国際政治 | Comments(0)