恐ろしい原発テロ

 オサマビンラディンの殺害はCIAの勝利だろう。しかし、ナンバー2のザワヒりは健在だ。今回、日本の原発事故に触発されたテロが世界のどこかで計画されるのではないか。アルカイダの司令塔は力を失いつつあるが、そうした時こそ、制御の効かない、世界各地に分散したグループが競って報復合戦を行なう危険性が高まってきた。爆弾を抱えた小型航空機で、冷却装置を爆撃、自爆でもすればあっという間に、世界は恐怖のどん底ではないか。我が国も狙われるかもしれない。アメリカ本土なら西海岸が危ない。

 西岡議長がまるでボケたかのように菅直人を辞任させたいあまり、谷垣に代わって「辞めろ」と言い続けている。無理無理。カエルの顔にションベンだ。アメリカは、これだけ貸しを作った菅直人に退陣されては困る。アメリカから拒否反応を受けた鳩山と違った対応をしてくるだろう。日本の政治家は日本だけしか見えない。会社の中しか関心のない東電エリート社員と同様だ。普天間問題にしても見直しを迫り、グアム移転も反古にしたい。こんなチャンスを菅直人を退陣させて失うのは損だ。しかし、問題はある。日本が国際政治から見放される事態もあるということだ。特に、ロシアとの関係は最悪である。これまでの彼の大胆な発言の原因は、単なるKYというだけの話だった。これから始まる国際的な事件や危機にどう対応するのだろうか。

 菅直人が困るのは、そうした政治的な貸し借りという基本的なルールを無視する傾向があり、自分の都合の良いことしか考えないご都合主義者だということである。今後アメリカもその薄情ぶりに驚愕するはずである。こうした、彼の姿勢が、政治家としての資質と、政治家同士の信頼感を喪失する原因である。これだけ、罵倒されて、無能、無知、無神経とののしられても政権にしがみつく菅首相のメンタリティをみれば、何をしても無駄だという事だ。日本はもう諦めよう。駄目だ,こりゃ!

 今の民主党政権は、殆ど前を見ないで舵を取る、ボートの漕ぎ手みたいなもの。だから、早く進む事はできない。おそらく、テロ対策としての原発防衛は全く手が出ていないだろう。アメリカからその点を指摘されているにもかかわらずである。今度原発テロでもおきようものなら、米軍が直接乗り込んで、日本を占領しかねない。日本がこれから、一つになろうとかけ声かけても、リーダーたる政治家が全くバラバラでは空しい。今に、新たなテロ、中東での騒動、第5次中東戦争などの事態が再び菅政権を襲う。

 じゃあ、自民党ならこれが出来るかというと、やはり、対応できないだろう。震災の対応も同様である。浜岡原発停止なんぞ、気違い沙汰だが、当然、彼等には出来ない。所詮足して二で割るしか出来ない連中。ますます、自民党の陰が薄くなってきた。谷垣も全く存在感がない。菅直人攻撃、仙谷攻撃しか能がなかった彼等には困難を乗り切るという国家的な仕事を持った無能民主党にも太刀打ちできないのだ。自分達がまかされれば、どれだけうまくやれるか、国民に訴えることが出来ない。何が復興庁だ。具体的な都市計画、失われた土地の権利回復、医療と介護の再構築、産業再生など組織ができたからって出来るものではない。民主党は指揮命令がなっていない、と非難されるが、実際は細かくやりすぎるから現場と齟齬が生じる。官僚を信用していない分、先が見えない。政府は金だけ出して後は黙っておれば、民には治癒能力というものがあって、ちゃんと上手くやるのだ。
 
 ミスを恐れる官僚が二重三重にガードして、かえって身動きできなくなるのが目に見える。こんなことではテロ対策は無理だ。現場の権限を大きくして、情報収集能力を高めなければならない。ユニークな提案と思っているが全く古くさい。民主対策はおボッチャマの愚痴とか、嫉妬女の意地悪しかないんじゃねー。彼等なりの復興計画を早く出してもらいたいが、二世三世の家業的議員の多い連中は政策提言能力が無い。与党としても駄目だから政権が交代した。民主党は強力な野党だった。じゃあ、自民党は野党としてどうかというと、これも駄目ではお先が無い

[PR]
by katoujun2549 | 2011-05-19 11:54 | 国際政治 | Comments(0)