お馬鹿なメドベージェフ

 北方領土を訪問したメドベージェフは国内の人気取りのために、北方領土問題は無いかのような言動をするようになった。1956年に日ソ平和交渉で、平和条約締結後は歯舞、色丹返還するというところまでフルシチョフソ連と鳩山一郎との話し合いは進んだが、ソ連は日本に米軍基地がある限りは駄目と言う注文をつけ、交渉は平行線となり、今日に至っている。メドベージェフはその当時の話も無視するような暴言が続いている。これまで、鈴木宗男や佐藤 優などのロシア通が懸命に、コミュニケーション経路を何とか作ろうと努力して来た事も、マスコミや、無責任な国会議員、外務省内部の陰湿な足技いよって切り崩されてしまった。

 日本は四島返還をベースにこれまでエリツイン時代まで、困難な交渉を行って来た。もっぱら外務省官僚達の弱々しい交渉力によって、取りつく島のないソ連に対して、交渉の座に持ち込む努力は大変だったと思う。何せ武力の無い日本は相手にしてもらえない。また、経済交渉の中でもこの問題が全てのネックになっていることを分らせるだけのための交渉だ。ロシア側は、日本と経済活動を展開するには、抑留者問題と北方領土に関するソ連時代の国際条約をを無視した蛮行であることを認めなければならない。ロシアはそうした問題は経済的な交流が進む中で、不信感が相互に解けなければ、話し合いも行なわれないと言うが、日本側はロシアが、先に経済的利益を食い逃げする恐れがあるという不安感が今尚強い。メドベージェフの言動は折角和らいできた、日本側の不信感を再び頑にするもので、全く愚かな言動である。これまで、「入口論」として、「北方領土問題の存在をロシアが認めなければ、経済協力はできない」という日本の主張と、「経済交流こそ日本とソ連の諸問題の解決につながる」とするロシアの「出口論」としての主張で平行線が続いてきた。が、文化交流や経済協力の話題、首脳陣の交流など、領土問題に関わらないですむところで、平行線の距離は縮小していたのである。これが一気に引き離された感じである。これはソ連にとっても残念な事である。今のソ連は、経済興隆著しい中国と結べば、日本は相手にする必要が無いと思っている。しかし、実際は、中国の経済発展も、貧富格差や、製造業の高度化など、問題は多く、また、これは韓国も同じなのである。中国や韓国も日本との貿易がどれだけ貢献しているかをロシアは見誤っている。中国や、韓国の誤ったサインに幻惑されているのである。北方の熊は蜜の味に弱い。

 ロシアはシベリアを開発したければ、日本を味方につけなければメリットが出ないのに、日本に経済協力だけを押し付けようと言うのだ。不信感を持って凍り付いているのは日本である。被害者の心が分っていない。不正に樺太と千島を占拠したひけ目が、彼らの領土実行支配をさらに押し進めようという行動に走る。今回ロシア大使を更迭したことはまさにそれに対する日本のささやかな抵抗なのである。メドベージェフの背後にはプーチンがいる。果たしてこれがプーチンの差し金かは分らないが、ロシア大統領にしては軽卒な対応だと思う。

[PR]
by katoujun2549 | 2010-12-27 21:34 | 国際政治 | Comments(0)