中国の資源戦略

 尖閣列島領土問題で、中国は稀少金属の日本への輸出を一時制限した。しかし、このやり口は必ずしも中国を利してはいない。現在世界の97%を中国が産出している。今回希土類の輸出を中止したが、希土類はスカンジウム 21Sc、イットリウム 39Y、ランタン 57La からルテチウム 71Lu までの17元素からなるグループである(元素記号の左下は原子番号)
 今日、その中心はジスプロシウムという希少金属である。この金属は中性子吸収断面積が大きいので原子炉の制御用材料として利用される(→鉛または鉛、ガドリニウムとの合金)。また、光磁気ディスク(光メモリ)の材料や磁石、蓄光剤の添加剤としても利用される。他に伸縮合金にも使われる。

 これら希土類は中国が埋蔵量で世界シェアの30%を持っていると言われるが、今後の開発次第でシェアは変わるし、何も昔から独占的に産出していた訳ではない。アメリカではもっぱら自国で調達していたが、希土類の精製に汚染物質が出るため、規制の緩い中国に集中することになったのである。リチウムなどハイテク機器に欠かせない稀少金属を一国に依存するカントリーリスクを防ぐ為に、省資源化や供給源の多元化が推進されるだろう。この資源利益に関する中国への警戒感は、大きな損失でり、このことに気がついたからこそ、彼らは輸出を再開することになったのだ。これまでの中国一国供給源という状態は是正されるだろう。

 近年はネオジム磁石の保磁力を高めるための添加物としての利用が急増している。ちなみに、ネオジム磁石は非常に磁力が強く、一般の収束性磁石の8倍のパワーがある。数センチの大きさでも10kg以上の吸着力があるため、扱う際には指を挟まないよう手袋をするなどの注意が必要である。ハードディスクドライブやCDプレーヤー、携帯電話などの小型の製品から、果ては電車・ハイブリッドカー・エレベーター駆動用の永久磁石同期電動機の界磁にまで使用される。例えばハードディスクドライブではヘッドと呼ばれる読み書きする装置を移動させるためのアクチュエータに用いられる。また、ヘッドフォンにこれを内蔵すると高音質になるため、最近のヘッドフォンの殆どに内蔵されている。
 
 上述のジスプロシウムは稀少金属であるため、最近ではジスプロシウムを使わずにネオジム磁石の結晶粒径を小さくすることにより、熱減磁を改善する研究が行われている。今般のように、安定供給の確保に懸念が生じていることから、経済産業省の「希少金属代替材料開発プロジェクト」で2011年度までに使用量を現状から30%削減するための技術開発を目指すことになった。

 
[PR]
by katoujun2549 | 2010-10-04 10:25 | 国際政治 | Comments(0)