尖閣列島 2010 年9/24

1.海上保安庁

 海上保安庁を所管する馬淵澄夫国土交通相は24日、中国漁船船長の釈放について「検察当局の判断で、口を挟む立場にない。海保は適切に対応した」と述べた。 海保の巡視船が撮影していたビデオの公開については「処分保留なので、状況を見守りたい」とし、現時点では否定的な考えを示した。 
 ここで、中国に対抗してビデオを検証したり、マスコミによる領土問題キャンペーンを張ることが、かえって事を複雑にし、中国のPRを声高にしてこれまでの関係を壊すことを恐れたのであろう。巡視船の船尾付近に体当りされた跡があり、漁船側には船首が破損し、あきらかに漁船側が体当りしたとしか思えない。問題は領海侵犯だが海には線がある訳ではないからビデオでは説明できない。こんなことがわからないニュースキャスターがコメントしている。
 突然の釈放も政府の行動としてはあまりにも能がない。しかも、政治的な効果を身過っていることだ。それなら、何故これ程長く拘束したのだ。金正男を釈放した田中眞紀子の方がまとも。今回の急な解放は中国の反応が彼ら検察の責任を越えたからではないか。官僚的判断はそれで良いかもしれない。その論理ではまたもや政府が機能していない。いや、菅の指示があったのに官僚のせいにした民主党らしい汚い手か。マスコミはこれを何も批判していないのが不思議だ。無責任男の渡辺がまた、調子に乗ってわめいている。遅くはないから、衝突の映像を公開し、きちんと国民に説明すべき時だが、国境侵犯には別のアプローチが必要。

2.領土問題は戦争につながる難問

 中国は声高に、尖閣列島の領有を主張しており、この事に関する世界に対する日本の主張は全く聞こえてこない。竹島問題もそうだが、我が国の国土に関する歴史的証拠がそれほど危ういものなのだろうか。国民に説明する必要は無いのだろうか。中国も、台湾も、自国の領土に近いというだけで主張しており、その根拠は全く示していない。彼らは国際世論に主張している。中国の領土主張が全く根拠のないものでも、長い間にはそれが通用することを狙っている。民主党政府のいい訳は聞き飽きた。連中の危機管理能力の無さを見せつけられた事件だ。玉無しの日本は舐められている。南シナ海ではとにかく中国は横暴だ。ここを国際社会に周辺諸国と連携して中国を孤立化させる手が有るのだ。過去の経緯を振りかえって見よう。

1992年: 南沙諸島問題
    中国が「領海法」制定により南沙諸島、西沙諸島の領有を宣言。
1995年: ミスチーフ環礁事件
    歴史的にフィリピンが領有してきたミスチーフ環礁を、中国が占領。
1997年: スカーボロ環礁問題
    フィリピンが歴史的に領有してきたスカーボロ環礁に、中国が領有権を主張。
 同年: 尖閣諸島問題
    日本が固有の領土として主張してきた尖閣諸島の領有を主張。

 南シナ海に位置する南沙諸島は、中国だけでなく台湾、ベトナム、フィリピン、マレーシア、ブルネイの6カ国が、その全体、または一部の領有を主張している問題の地域

3.中国の内情暴け

 菅内閣の力量が問われるというのは、まさに、温家宝が仕掛けていることだ。日本の政界の乱れを見て、威力偵察しているようなもの。これに野党が乗ってばたばたすれば又連中のほくそえむところとなるだろう。領土問題は常に戦略的な行動なのだ。船長が本当にただの漁師なのかも調査するために時間がかかったのかもしれない。今、中国は上海万博後の国家的なターゲットを狙っている。激しい貧富の差、労働者の権利意識の高揚、賃上げなど、国内の不満は高まっており、これを逸らす標的が欲しい。また、人民解放軍に関しても、その存在意義や軍備拡張の口実が欲しいところに、日本のモタモタした対応が火をつけたのだ。中国の出方に関して良く分析するとともに、対中国政策に関する議論をきちんとした対応の仕方という論点で行なう事だ。

4.ミリタリーバランス

 中国の強気の背景は、近年急速に増強され海軍兵力のパワーバランスが日本に対して優位に立った認識による。日本は、これに対して更なる増強をすることができるかどうかだ。対潜能力の向上が鍵であろう。垂直離着陸戦闘機を搭載した空母を建造するということ。ヘリコプター空母DDH24を建造中だが、さらに増艦するかだ。中国は核搭載原潜を作り、しかも、以前のように簡単にスクリュー音が判別できないタイプである。米ソ対立時代の日本の対潜能力は世界一だったが、これはアメリカのバックがあってこそ。我が国の過去を清算したいと言う鳩山や小澤の主張がいかに茶番かだ。日本だけの力で日露戦争に勝ったと国民に思わせた当時の政治家や軍部に近い愚かさだ。日本が10年間停滞している間に情勢は変わった。日本が米海軍強襲揚陸艦エセックス クラスの船と、垂直離着陸型戦闘機を保有するならば中国の出方は一変する。
e0195345_20533798.jpg


5.歴史に学ぶ
 
 尖閣問題に関して、マスコミでは何故か漁船衝突事故となる。領海侵犯し、挑戦的な公務執行妨害までした悪質な船長に衝突事故とは全くのごまかし報道。かっての大本営と口裏合わせて昔ながらの転戦と紛う表現じゃないか。領土問題というのは戦争でもしなければ解決しないのか、世界史で話合って決まった事があれば教えて欲しい。ロシアと北欧で折半したという話は有るが。中ソ紛争や中越紛争然り。中国はこの手のトラブルには慣れている。今回の仙谷の政治判断は悪くない。オバマとの会見を待ったのか?なら、盧溝橋事件はどうだ。先に発砲したのは彼らだろう。当時は中国にいた日本人が虐殺されたりして軍隊も出た。でも、外国である中国を舐めきっていた。何で、あんなところに日本軍がいたのか。殴られたからといって他人の家までメチャクチャにする奴がいるかな?日中戦争と言う代価を払う価値があったのか。軍人も官僚の一つで国全体を判断する立場には無い。政府は軍部の行動に流されたのだ。もし、今度の船長解放が検察の独断専行だとしたら、またもや政府が機能していない同じ道。

6.国際世論に訴える

 今回の菅のだんまりに何とか仙谷の判断が効いたとすれば許容の範囲だ。これをマスコミは何も批判していないのが不思議だ。無責任男の渡辺がまた、調子に乗って外交の敗北だとわめいている。この手の反応が一番愚かなのだ。 中国は声高に、領有を主張しており、この事に関する世界に対する日本の主張は全く聞こえてこない。第一ラウンドは完敗。竹島問題もそうだが、我が国の国土に関する歴史的証拠がそれほど危ういものなのだろうか。国民に説明する必要は無いのだろうか。中国も、台湾も、自国の領土に近いというだけで主張しており、その根拠は全く示していない。彼らは国際世論に主張している。中国の領土主張が全く根のないものでも、長い間にはそれが通用することを狙っている。民主党政府のいい訳は聞き飽きた。連中の危機管理能力の無さを見せつけられた事件だ。玉無しの日本は舐められている。
国際世論は日本の外交敗北を笑うかもしれない。しかし、同時に、中国の横暴な主張や経済を人質にしたような粗暴な行動は、中国の先進国の一員としての地位を下げるものだ。東南アジア諸国や、先進民主国家は以前から中国共産党独裁国家としての危険性を用心している。日本への同情は期待できないが、このまま中国は振り上げた手を下ろさないと、つまらないことにこだわる程度の低い暴力国家と見なされ、失うものも大きいのだ。

7.日本のアジア戦略

 わが国には領土問題はないという姿勢はもう今となっては危うい論理だ。根拠はなくとも彼らはむしろ、領土問題に格上げしたい。領土侵犯に対しては海上保安庁に任せるということで終わりだろうか。日米安保の防衛圏という点をオバマと確認出来たことは成功だが。中国は南沙諸島でも横暴な海賊行為を働き、台湾も我が物顔な行動に出ようとしてきた。中国の膨張に加担する経済行動は止め、日本は東南アジア、インド、アフリカで中国と勝負することが正しい戦略だと思う。かってのように中国への侵攻が日本の軍事力を疲弊させて、太平洋戦に向かわざるを得なかった教訓による地勢的戦略が必要。アフリカなどでも中国の自己本位な、蟻ンコの大群のような連中が資源を食い散らかし、賄賂をバラまいて国作りを妨害している。国連等に出てくるアフリカ諸国政府の連中は利権しか興味の無い部族の代表に過ぎない。連中が犀角を欲しがるため哀れにも絶滅の危機に瀕した犀に象徴されている。南アフリカでは連中の中華食材の鮑が乱獲されて、これも消滅の危機である。中国に工業製品の輸出は軍事技術の転用や自国産業の空洞化を招く。要は連中とはほどほどに付き合えばよいのだ。むしろ台湾との関係を強化する方が国益に叶う。中国の飢えた金持ち豚どもには日本の美味米とかホタテの干物やフカヒレを高く売りつけてやればいい。商社が膨大な市場に目が眩んで製造業を道ずれに泥沼に足を取られない事が大事だ。かって大英帝国がナポレオンの大陸封鎖にめげず、世界に羽ばたいた歴史を思い出して欲しい。目の前の中華料理には毒饅頭が混じってる。今こそ歴史に学ぶ時。

8.我々の足もとを見よう

 国の為政者のやることは、国民の財産と生命の保全、その意味で中国政府のやったことは、当然のこと。だめなのは日本の政権担当者、管にしても前原にしても戦略、戦術がない、教科書通り。野党も似たり寄ったり。まあ、大企業してもしかり、あてがいぶちのグローバルスタンダードしかない。 日本は資源もない島国、やはり町人国家しかない、前垂れつけてしぶとくやるしかない、渋沢栄一の論語と算盤の精神だ。とりあえず現実的になることである。

 この際、民主の馬鹿とか言ったりしても、各政党、自民党ならこうするという提案がなければ、あのハトポッポ並みになる。今になって「俺なら出来る」はないだろう。一方、菅首相がみんなで議論して決めるとか言って、また、国民がむかついても仕方がない。どんな方法がよいのか、頭を寄せ合う時だ。

 自民党は与党であるために人を集めてきた集団。舛添とか体制側に立って権力を味わいたいだけの連中が多く、彼らも去っていく。谷垣が新しい野党の理念を打ち出していけるか?残った連中もただのステータスとして議員やってる二世連中や行きどころの無いどうにもならない奴ら。シャドウキャビネットの顔ぶれにがっくり。民主党に反対するだけしか能の無い政党。日本はイタリアみたいなどうにもならない国になった。イタリアなら美味いワインや遺跡で食えるが、産業の拡大と空洞化が進んだ国に新しい目標設定出来るリーダーが必要。河村たかしみたいな男、もう少し賢い人材がもっと必要。中国にこんなことを日本に対して繰り返すと、あの昔の軍閥みたいなグループが頭をもたげてくるという恐怖感を抱かせるよう説得するのも手だ。日本軍は中国軍には負けていない。八路にやられたというようなことはあったが、やはり致命的な敗北はアメリカとの戦いであって、日本軍は戦闘においては中国軍には負けた訳ではない。次に、中国は企みをもって仕掛けてくるに違いない。軍事的な方向になる危険性が高い。やがては魚釣島周辺は中国の潜水艦だらけになる。次は中国ヤクザが島に百人単位で上陸してくる。連中が自分たちで衝突事故引き起こしでもすれば、また日本のせいにするだろう。繰り返すが、彼らは上海万博後のイベントで国民の目をごまかすものを探していた。ウィグル騒動は、オリンピック。チベット問題 でも悪辣な評判だから、日本には分が有る筈。 日本は北方領土問題も抱えている。尖閣列島は竹島問題でもあり、北方領土問題でもあるのだ。ロシアもこの、今、この時に乗じてくる。 

9.危険な考え

 国際世論をいかに味方につけるかだ。政府の中にはアメリカ海兵隊に頼もうとか言いかねない輩もいるだろう。実はアメリカ軍は中国と対峙していることが今のアメリカ議会に認識させる絶好の機会で、オバマ政権から予算を取り返すチャンス。今回の処理は手遅れだろうか。日本は軍事的には動きにくい国だ。ここが知恵の絞りどころ。中国は領土問題ではトラブルメーカー。日本の政治空白につけ込むような手口は破綻する。今日本に出来る事は魚釣島の要塞化、憲法改正議論と空母の建造、弾道弾撃ミサイルの大量発注だが、こんなことは中国を取り巻く味方を失うだけだ。そんな筋書きを想定したくはない。標的を明確にしたい。人民解放軍内部の右翼連中か。あるいは極貧層に迎合している2.26事件の青年将校のような連中がいるのかも。中国の領土問題に関する戦略的意図を正確に読みながら、現実的な外交努力を積み上げて行くしか手は無い。台湾は利害関係があるが、やはり、仲間にするべきだ。アメリカや、これまでの南シナ海諸国、ベトナムなどとの関係を大事にし、味方にすることだ。これまで日本が地道に築いて来た方法に自信を持っていくしかない。妙なリーダー待望論も危険だ。ろくなことにはならない。

10.日本国民が知らない中国の顔

  最後に、中国事情に詳しい友人の話だが、今の中国は共産党と人民解放軍が一体であり、支配層である。その中の極めて右翼的なグループがが利権を狙っていることだという。江沢民あたりの動きを思い出してみるとよい。彼らも健在だ。温家宝という人物が江沢民の操り人形で大した人物ではないことを暴くべきだ。中国の軍というのは、歴史的に複雑で、共産党の軍隊といっても軍閥があり、これが戦前からの伝統を引き継いでおり、必ずしも国民とは一体ではない。日清戦争で壊滅したはずの北洋艦隊も今や健在だ。中国指導部は、彼らを惹き付けておくことに腐心している。中国の裏事情もよく情報を得ながら、管政権は対応しなければならない。こうした複雑な事情をマスコミはきちんと国民に伝えるべきであろう。前述のように,中国は上海万博後、元の切り上げ問題も含め、地価の下落、労働問題(賃上げや権利意識の向上)、貧富の格差拡大、軍の極右化といった大問題が待ち構えており、こうした国内問題を逸らそうとする共産党政権に利用されないことが大切である。





[PR]
by katoujun2549 | 2010-09-24 20:36 | 国際政治 | Comments(0)