続 普天間 見えてきた鳩山腹案ー実は小澤の軍略

 鳩山首相が「腹案」を言えない理由は何だろう。民主党は海兵隊基地の県外移設にこだわらざるを得ない。しかし、この問題に小澤の構想が裏にある筈で、鳩山首相も単なる演技スタッフであって、既に案は出来ている。県外移設は形だけでも実現したい。腹案と言うのは鳩山の案ではなく、小澤案だから言えない。鳩山首相はこの問題に関しては全く指導力はない。小澤–官房長官で皆決め、鳩山さんは蚊帳の外。腹案と言うのは筋書き付きのものでこれは全て小澤が作っている。民主はとにかく今回の参議院選挙にかけている。その小澤には誰も逆らえない。自民党の分裂の醜態とは意味が違う。沖縄島民への裏切りのようなまやかし案があるのではないか。以下 小生の想像的筋書き。

 普天間基地の移転先を決定し、地元と最終合意するところには至らないであろう。辺野古に逆戻りもあり得る。これは最悪。折角まとまったのに民主が県外移転を煽ったから、普天間は金縛りで、今のままに結果的になるかも。そんなに簡単な事ではないのは誰でも分る。自民党の計画には無かった県外移設は形だけでも提示しなければならない。それが無ければ民主党は保たないから、プランとして徳之島も含めた案を提示する筈だ。この問題に時間がかかる事はアメリカも分っており、プランを示して、アメリカと交渉中ということで、参議院選挙において、最終決定の遅れは民主党が県外移設への努力をしたことを示して国民に信を問うだろう。問題はその移設の立地問題より内容である。ではプランとはどんなものか。

 徳之島は選択肢の一つだとは思う。そのためにも、今ガス抜きに言わざるを得ない。しかし、これはフェイントであり、駄目元だし、全体ではない。参議院選挙で徳之島票はそもそも充てにしていないだろう。当たり前だが、これは地元の反対もある。名護市に対しては海兵隊の航空部隊が基地にしている普天間は明け渡し、辺野古沖埋め立てをしないことで何も言わせない。そこで、徳之島飛行場をその代替として利用するが、島民を説得するためには来るのは航空部隊の一時使用か訓練時だけとする。

 彼らは航空関係者ばかりで、殆ど基地からは出てこないかもしれない。海兵は来ない。実はハリアー垂直爆撃機など騒音もあって危険度は高いが、現実的には興趣揚陸艦エセックスで充分だ。実際飛行場を使うのは訓練時だけにする。これで、県外移設は申し訳が立つ。航空部隊を県外移設のダミーにする。徳之島には空港が既にあり、海兵隊の航空機は滑走路等短いところでも活動できる部隊だから、拡張しなくても良いかもしれない。隣地の干潟が埋め立て候補だが、公有水面は地元自治体の都市計画決定だから、反対されると弱い。ここは単なる格納庫程度鹿機能しないのだ。あるいは、徳之島は県外移設のアリバイ作りにとどまり、地元の反対で出来なかったことで、やっぱり出来ませんでした。議論を高めたのは民主党の功績とばかりにわめくかもしれない。破廉恥。民主党はやはり地元の反対は尊重するというイメージ作りで参議院選挙につなげる。どうころんでも旨く行くように仕組んである筈だ。

 地元の反対を最小限にする方法は、やはり金だ。地元対策として、離島予算を、わざと本年度予算で減額してあり、これを復活、さらに上乗せする。また、徳之島は徳州会の病院があるところで、徳田虎雄の息子徳田毅が国会議員、自民党であり、病院支援で裏取引しているかもしれない。彼は亀井静香が媒酌人であり、その関係で徳之島案は最初から小澤の布石としてあったのかもしれない。最近の郵政問題にしても、亀井の強気はそのあたりにあるのか。あの反対集会は随分手回しが良かった。1万5千人の集会は準備されたもの。小澤の選挙対策として反対派市長の名護市のあるキャンプシュワブは使わないし、ホワイトビーチ埋め立ても無い。これで、マニュフェスト履行とする。今の自民党には小澤に匹敵する選挙参謀がいないし、彼の戦略を見抜く人材もない。

 しかし、徳之島は使い勝手が悪い。だから、実際はヘリコプター部隊や地上軍、演習地は既に米軍基地である沖縄のキャンプハンセンを開発し、滑走路も造りそこを拠点とすることもあり得る。海兵隊員8000人と家族は沖縄からは出ない。ここは丘陵地で森だから開発しなければ使えない。嘉手納の航路との調整は目下米軍で必死にシュミレーションを行っているはずだ。これに時間がかかるのだ。時間がかかっているのは民主党ではなく米軍なのだろう。だからアメリカからは早くしろとは言われないのだ。辺野古沖埋め立てを待っていた土木工事関係企業には普天間再開発とここの工事で協力してもらえばよい。海兵隊演習もここで行う。徳之島が失敗したら全てこける案では困る。

 沖縄県内の基地強化は暫定的のようだが実はこれが本命。中核部隊とヘリ部隊用として日本の資金で造成し、普天間から移転することで、米軍の理解を得る。普天間で以前事故を起こしたのはヘリ部隊だ。実は米軍の普天間明け渡しの不便は、沖縄内部の強化で解消する。徳之島はその目くらましにすぎない。米軍も実は今の普天間は使いづらいのだ。これをいきなり、沖縄内部で強化しようとうる場合は沖縄全体に反対運動が広がる危険性がある。これまで、日本の都合で米軍基地を統廃合したことが1度だってあるのだろうか。立川、王子とか、返還された基地はあるが、米軍の都合不要になっただけだ、というより沖縄が犠牲になったのだ。今回も裏には米軍の要請があったのかもしれない。沖縄は日米安保というより米国世界軍事戦略の要。日本は本当に独立国なのだろうか。朝鮮半島と中国の脅威に対して海兵隊こそ沖縄で必要な部隊なのだ。

 さらに、社民党の県外移設論者に対しては、かつて自民党が決めた日本負担のグアム移転を将来ビジョンで示し、今回の案はそこに至る経過措置として花を持たせる。だから、阿部知子以下、社民党ご一行様はグアム基地を見学に行っている。しかし、そうはいかない。アメリカが鍵を握っており、鳩山首相に未来が無ければ首相の考えどおりにはならず、彼の思いとは別の答えになるかもしれない。結局退陣となる。

 複雑な裏表の取引と、グアムへのロードマップ化で各方面に対して合意を得る。多分既に米軍と米政府の了承は得ているが、わざと米大使館での岡田外相との話は旨くいっていないフリをして、無意味な徳之島を実現させ、本命の沖縄内部の強化をカモフラージュする。これは自民党案よりは金がかかるが、これまで民主党の政策は金のかかるものばかりだ。小澤はそんな事を考えるずるい男。彼は献金問題が再燃すれば選挙後引退し、ヤミ将軍となるだろう。それこそ彼の狙いだ。ただでは転ばない。田中角栄が引退後に権力を膨らませたことを忘れてはならない。国家予算の債務超過による破綻は菅直人が主張しているスーパーインフレ政策で解消する。日本の未来は暗いな。年金生活者ー高齢者は遊んでいないで仕事しろと言う事だなあ。
[PR]
by katoujun2549 | 2010-04-22 23:58 | 国際政治 | Comments(0)